FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
しんかんせん のぞみ700だいさくせん・・・


しんかんせん のぞみ700だいさくせん
横溝 英一 文・絵
小峰書店


今年の夏も乗ることができた新幹線のぞみ。
私から見たら『700系? それとも500系?』なんて、違いが分からないのですが、とんきちは一目でバッチリ!
そう、のぞみ700というのは、新幹線のぞみの系統です。

ぼくは小学4年生。そして、いとこのたかしは小学2年生。
鉄道好きのぼくたちは、おじいさんがくれた旅行券を使って、のぞみ700の乗車券を手に入れた。
でも、少し足りなくって、名古屋までの乗車券しか買えなかったんだ。
帰りは各駅停車に乗って帰ってこないといけないけれど・・・。
出発は小田原駅。まずは東京駅まで行かなくてはならない。
『とうきょうえきのなか、わかるの?』なんてたかしのやつに聞かれたぼく、『まかせとけよ』とはいったものの、あまり詳しくないんだ。
たかしが心配するからちょっと強がってみたけど、大丈夫。旅行会社のお姉さんにもしっかり教わったし・・・。
たくさんの新幹線が並ぶホーム、乗ってみたいものばかりだけれども、今日はのぞみ700に乗るんだ。
さあ、ぼくとたかしの大冒険。たくさんの電車に乗って、楽しい思い出を作ろう!

兄弟でのふたり旅だとトラブルが起こりそうですが、いとこ同士という一歩はなれた関係での冒険はなんだかいい感じ?!
同じ目的を持ったふたりが初めてのことに挑戦するのってワクワクドキドキ、興奮と期待でいっぱいになるんでしょうね。
もちろん、とんきちは次々に出てくる電車の姿に釘付けで『すご~い! のってみたいな~』なんていっていましたが、私はこのふたりの姿に釘付けでした(笑)。
電車好きの孫たちに『新幹線に乗っておいで』と旅行券をくれるおじいちゃんも素敵だし、子どもふたりに対して丁寧に説明してくれる旅行会社のお姉さんも素敵。
とんきちが大冒険してみたい!といったときには誰が相棒になってくれるかな~。のんたん?! あっ、もしかしたらこの上なく頼れる存在になっているかも…(笑)。






うみのでんしゃ ぼくらの江ノ電
中島 章作 文・絵
小峰書店


『江ノ電』。
私にとってこの名前はなんだかとっても素敵な響き(笑)。
いったことのない場所だけれども、その沿線には行ってみたい場所がたくさん!
とんきちにとってはなじみのうす~い電車。このお話を通して、私と一緒に『のってみたい!』な思いが生まれるんだろうな~。

江ノ電に乗って海に向かって出発したぼくたち。
家と家の間を走る江ノ電は、狭い線路をどんどん進む。
踏切だって小さいし、線路伝いに郵便やさんが歩いている姿も見える。
山を越えると、広い海が見えてきた。ここからは海岸線を車と並んで走るんだ。
潮風を受けながらスピードを上げて走る電車。遠くに江ノ島が見えてきた。
途中でお祭り見物。『てんてん てれつく ピー ドンドン』山の神社のお祭りはとってもにぎやか。お店もいっぱい、山車も引かれて楽しそう。
沿線の景色を楽しみ、途中下車をして参加したり、ちょっとハプニングもあったり・・・。
江ノ電に乗った楽しい一日。

『江ノ島~♪』なんて、なんだかうれしくなっちゃう私。
反対に詳細に描かれた街の絵にじっと目を凝らして見入るとんきち。
なんだかこのお話は、私たちふたりで感じ方が大きく違ったみたい(笑)。
私たちが住む街、そしてよく出かけるところにも、この江ノ電のような街に密着した線路というのがないので、歩く人とすれすれに駆け抜ける電車にビックリのとんきち。
電車と街の人たちの関係もなくてはならない、切っても切れない関係なんでしょうね。
いつの日か、このお話を片手に江ノ電に乗って江ノ島へ~なんていう旅、できるかな? 
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


男の子は電車が好きですよね~。
とくに新幹線。
私も500系だか700系だかよくわからない派ですが、子供達はテレビやビデオで見るたびに大喜びしていますよ。
とくに、イオくんはユメくんが小さかった頃よりも乗り物によく反応します。
個性が出てますよね。
たまには本物に乗せてあげたいです。
ユカチャン | URL | 2007/09/17/Mon 16:28 [EDIT]
江ノ電♪私もコチラへ来てから二度乗りました(笑)。
この絵本、読んでみたくなっちゃったな。
そうそう、街中の軒先をすり抜けるように進む電車。
そうかと思うと、目の前に海が現れたり。
小さな区間だと思うのですが、ぐっと凝縮された沿線だと思います。
ママきちさん、近いうちに遊びに来ませんか~(^^)!
slo-mo | URL | 2007/09/17/Mon 21:54 [EDIT]
ユカチャンさん
ユカチャンさん、そうですよね~。
あの、尖った鼻先で風を切って走る姿がかっこいいのかな?
きっと、なかなか乗ることができないから憧れみたいなものもあるんでしょうね。
同じように育ってきた兄弟でも、電車にどっぷり派とほどほど派、分かれるもんなんですね(笑)。
ユカチャンさんのお住まいの場所からだと、新幹線ってちょっと乗りにくいですね(苦笑)。
ママきち | URL | 2007/09/19/Wed 21:19 [EDIT]
KOKOさん
KOKOさん、またまたいいな~♪
そうなんですよね~。私が行きたいな♪と思うところには必ずKOKOさんがいる!な状況、なんだか『これはもう会いに行くしかない!』なんて思っちゃいます(笑)。
私が普段乗る電車は江ノ電のように地元密着という感じではないので、路地裏のようなところを駆け抜ける姿にあこがれちゃいます。
なんだか気の合いそうなNaoちゃんとのんたん、遊びに行ったら仲良くできるかしら、それとも・・・(苦笑)。
ママきち | URL | 2007/09/19/Wed 21:28 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.