おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


片恋

夕陽に向かって踏み込むペダル

爽快…悲哀…憤懣…

背中で語る5歳の乙女


とんきちの友だちが遊びにきてくれたけど彼らのお目当てはWii。おまけにみんなで4人。
いつもは仲間に入れてもらうのんたんだけどリモコンがなければ話は別。そもそもWiiは定員4人なのかどうかも分からない私(苦笑)。

少し早めに切り上げて公園に繰り出すことになったと知って『行きたい!!』とせがむのんたん。
渋々引き受けたとんきち他3ボーイ。『必ず一緒に行って一緒に帰って!!』と約束。頼りになりま…



わずか10秒。のんたんが靴を履いている間にダッシュ。追いかけるのんたん。

まさかね…頼れる9歳の兄を信じてみました。きっとすぐそこで待ってるはず。


『ピンポ~ン』
グッと歯を食いしばるのんたん。走って追いかけても姿が見えなくって失意のUターン。今にも涙が…(泣)。

もう少し頼れる兄だと思ってたのに。
このまま放り出すのもかわいそうなのでサイクリングで我慢してもらうことに。置いてきぼりなのに、それなのに…


『とんきち(実際は○○くん…おにいちゃんじゃありません)のところにいきたいな…』
スポンサーサイト


お手製

午前保育ウィークの楽しみ

お昼ごはんに頭を悩ませることのない毎日だけど、たまにこうして早帰りが続くと困ってしまう。だってお相手がいろいろ細かくリクエストするのんたんだから…。

昨日はパンケーキ(リクエストは刻んだチョコとレーズン)、今日はお弁当。お弁当はちょっと…(大したことしないのに何だか手間…苦笑)と楽チンなお子さまランチに変更願(笑)。

不服そうな顔…のち…まぁいっかぁな顔。交渉成立。

交渉は『のんたん、作ってね~ガンバレ~』のクッキング作戦。
何でも手伝いたい年頃にこのことばが一番効くかも(笑)。自分で作るとなると楽しみも美味しさもアップ!!

まだまだお手伝い願いたいほどの落ち着きはないけれども、いつの日か『作っておいて~』と預けられる日のために経験値をあげておかなくっちゃ(笑)。


芽吹き

外は木枯らし
豪雪に頭を悩ませている場所があるというのに我が家は陽だまりで春のよう。

家の中は何もしなくてもぽかぽか。気密がいいってすごいことなんだを日々実感してます。
…とはいっても外はかなりの寒さ。山の上だから風も半端なしにぴゅうぴゅう(文字にするとかわいい♪)吹き荒れてるので庭の草花たちも必死に耐え踏ん張ってくれてます。

本当はこの時期が土作りに一番だとはいうけれどもなかなか…苦笑。
今年はひたすら多肉にセダムなんぞを増殖させて楽しんでます。水を必要としないこの子たち、ついついそこにいることを忘れちゃう…なんてことにならないようにせっせと芽吹いてくれてます。

窓の外の木枯らしを眺めながら春の息吹を…贅沢な毎日だわ(笑)。


新…

我が家のニューフェース


途切れ途切れながらも続けていたのにぱったりと音沙汰ないまま放り出してしまってから9ヶ月。
年が明けたら…と決めたはずなのにもう半月経過。私の決意は緩いものです。


ニューフェースはギリシャリクガメのアポロ。1歳らしいけれども性別は大人になるまで不明のグレイな子。
冬眠はしてないけど寝てばかり、ゴハンもあっという間に乾燥してかぴかぴ…。


龍のように上を目指して…な勢いはないけれど、アポロのようにマイペースに前を向いて歩いていこう…なんて、久しぶりだというのに早くも言い訳スタート(笑)。


大きな一歩
旬のおいしさを届けてくれたり長期の休みになるたびに遊びに行く私たちを迎えてくれた、そんな大好きな場所が全く別の姿で画面に映し出されている毎日、当たり前だと思っていた変化のない生活のありがたさを実感しています。

地震の直接的な被害は少なく安心していたのに思いがけないことが起こり自宅を出なければいけなくなった祖母。ひとりにしておくのは心配、助け合って過ごせていてもやっぱり近くにいてほしい。

離れた地からではなかなか方法が見つからず静観が必要と思ったこともありましたが、少しでも前進できるのであれば諦めるべきではないです。道はあります。
被災地からの要請は難しくなっています。自治体レベルでももどかしいのですから個人が自分の力でできることにはたくさんの壁があります。

自らも被災していて困難な毎日の中にありながら変わらずに業務をこなされている方に感謝します。遠い地からの声に丁寧に答えて下さり希望を叶えるために力を貸してくださった方々、本当にありがとうございます。

私のそばでの小さな一歩。たくさんの小さな一歩が集まって大きな歩みになるよう祈ります。


病VS食

さすがに今回は…と観念したけれども、のんたん強し、菌を吹き飛ばしました。

ひどい頭痛と高熱で泣いていた夜だったけど、目覚めると熱は下がりだるさだけが居残り。
とはいっても時期が時期なのでインフルエンザ検査は欠かせないので受診(こんなときいつも空いてる超レトロな小児科に感謝…笑)。念入りに粘膜を取りかなり長めに時間をおいて…



陰性判定。
チラッとも陽性にかかることなく、先生も疑いは捨てきれないけど、熱はないし喉の赤みもないしというないない尽くしで打つ手ナシ(笑)。
何の薬ももらわずそのまま帰宅。

でも受診して大きく変わったことがひとつ。

それは…

のんたんの様子(笑)。
何でもなかったという安心感で今までのだるさが吹き飛んだみたい。ホント病は気からです。
帰ってからリンゴをひと玉完食して至福のDVD見放題(病気のおかげ…苦笑)でますます元気に。

1日経った今日もやっぱり元気!
お昼には手作りおにぎりをパクリ。手抜きじゃありません、自主的にです。

病は気から そして 食は病を制す…かな(笑)


乙女な気持ち

一年ぶりの再会を思いの外喜んだオトメ4歳

例年なら節分が終わるとすぐに出していた雛飾りだけれども、今年はようやく…ギリギリセーフかな。
遅くなったのは飾る場所がなかったから…。引っ越しをして初めてのお雛様、マンションよりも広くなったはずなのに、家具という家具がないワンフロアなリビングではお雛様の居場所が見つけられず。

苦肉の策でピアノの上。よくある光景なんだけどなるべくなら何も置きたくないのが本音。

…だったけど、思っていた以上にしっくり。きっとピアノもお雛様もしっかり握手してくれているはず(笑)。

『なんかうれしくってふわふわしちゃう~』なんて喜んでいたのんたんだけれども、夕方から発熱。喉の赤みナシ。仲良し兄妹が週末からインフル発症。

どうなる?
明日の検査までドキドキヒヤヒヤ(涙)。




Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。