FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
また!ねずみくんとホットケーキ・・・




また! ねずみくんと
ホットケーキ

なかえ よしを 作  上野 紀子 絵
ポプラ社

ねずみくんシリーズ18弾。「なぞなぞ」「しりとり」はとんきちには少し難しいのでお気に入りだったホットケーキの続編を。
またねみちゃんがホットケーキを作ってくれることに・・・ 3時になるまで遊んでいてねといわれたみんな。でも、待ちきれないみんなは時計の針をちょっとだけ・・・ そんなことを知らないねずみくんだけは本当の3時にやってくる。実は全部お見通しのねみちゃん、ホットケーキはどうなるかな?
最近、時計や数字に興味を持ち始めたとんきち。3時といわれてもピンとはこないみたいだけれど、みんながズルをしているということだけは分かったみたい。みんなの口にホットケーキが入ったときは「よかったね~」と・・・。










14ひきのあさごはん
いわむら かずお さく
童心社

「ひっこし」を呼んで14ひきシリーズがお気に入りになったとんきち。おもちゃで遊んでいても、時々思い出したように絵本を手にとって「いっくん・にっくん・・・」と。
朝おはようから豪華な朝ごはんをいただきますまでを描いたお話。朝ごはんといっても、朝からみんなで森の中へ行き、兄弟で協力してステキなものをたくさん集めてきます。そんな森の中も虫や植物たちが細かく描かれていてとっても楽しめる。大人がいなくても子どもたちで協力している姿も描かれていて、私も大好きなお話。
これから、どんどん続く14ひきシリーズ。今は図書館から借りているけれど、そろそろ全巻そろえようかな~ととんきちの顔を見ていると思うのです。










みんなのかお
さとう あきら 写真  とだ きょうこ 文
福音館書店

24種類の動物たちの顔がそれぞれ21枚の写真で紹介されている。同じ動物なのに表情がぜんぜん違ったり、同じような表情をしているのに微妙に違う顔顔顔・・・。保育所の子どもたちもお気に入りで喜んでみていたものなので、期待大でとんきちの本棚に並べてみると自分から選んでじ~っと眺めていました。
この絵本をじっくり楽しんだあとに動物園に行くと、今までよりもじっくりと動物たちの顔を見ることが出来るだろうな~と。
おまけで・・・ 全部の動物たちの名前は分からなかったとんきち。その中で自信満々に答えていたのは「レッサーパンダ」。そうです。あのタッチの「風太君」の影響でもうバッチリ!

スポンサーサイト





なんで? どうして?

成長していくとんきち・・・



幼児語のたどたどしいことばが少しずつ、人間の大人びたことばになってきたとんきち。
2人で会話していても時々思いも寄らない面白いことをいう時がある。

先日も・・・
種や小石がスキなとんきちは、散歩の途中におしろい花の種を集めてきた。それをおもちゃの電車に乗せたり、ままごとの具材にしたりして楽しんでいたが、とうとうしぼんできてしまった。
私が「種を捨てなさいね」というと、とんきちは「しゅわしゅわなってるから?」と。しわしわのことなんだろうけど、とんきちなりの表現をしたあとに出たことばは、「バブみたいに?」と・・・。
バブとは、ご存知のとおり入浴剤のこと。我が家では使ってはいないけれども、パパきちの実家で使っており、とんきちはじいじとお風呂に入るたびに握り締めて「バブする~」というほどの気に入りよう。
ひどいときは、家にお土産にする~といって持ち帰ろうとする。ダメ!ととめると大泣き・・・。そんなバブ好きのとんきちだから、自分で発したしゅわしゅわという音からすぐバブのことが連想されたみたい。

他にも・・・

つづきを表示




Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.