FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バムとケロのにちようび・・・




バムとケロのにちようび
島田 ゆか 作/絵
文溪堂

とってもコミカルなイラストがかわいらしいバムとケロシリーズ。
とんきちが今まで楽しんできたお話の中には、あまり見ることのなかったようなタイプのお話。
犬のバムとカエルのケロはとっても仲良し。一緒に住んでいて、しっかりもののバムがマイペースのケロのことを優しくお世話してあげている。そんな二人が雨の日に本を見て過ごそうとするのですが、そう簡単には読書の時間はやってきません。
まず、ケロが汚した部屋の中を片付けるバム。そこにやってくる泥だらけのケロ。
愛嬌があって憎めない、そんな二人のお話にとんきちは大喜び。なんだか奇妙な虫がいっぱい出てくる場面は、怖いんだけれど、気になる~といった感じで、終わってからも恐る恐る眺めていました。










バムとケロのそらのたび
島田 ゆか 作/絵
文溪堂

バムとケロの仲良しコンビが、バムのおじいちゃんのところへ飛行機で遊びに行くお話。でも、飛行機はバラバラのパーツが送られてきただけ・・・。早速力をあわせて飛行機を作ります。
物づくりに興味のあるとんきちは、ページをめくる私の手が少し早いみたいで、片手でぎゅっと抑えながら、画面の端から端まで見ていました。
完成した飛行機に乗って進むバムとケロ。そのいく先々にはとってもおかしなものが待ち受けています。
鮮やかな色で描かれた面白おかしい不思議な世界。子どもでなくても、じっくり、ゆっくり見たいな~と思わせる楽しいお話でした。

スポンサーサイト


スポーツの秋

バッターとんきち


秋晴れの日曜日、どこへお出かけしようか・・・と思ったのですが、なんだかパパきちが先週から頭が痛い・・・と倒れているので、今日はおとなしくおうちでの休日。

そうはいってもせっかくの日曜日、お家に監禁してはとんきちが可哀想かな~ということで、少し具合のよくなった夕方、家族そろって近くの公園へ散歩に行きました。

日ごろ、公園へ行ってもお砂場遊びやお友だちとのごっこ遊び(枝を溝に垂らして魚釣り・・・)、三輪車での暴走といった遊びをするとんきち。せっかくお父さんも一緒なのだから野球でもしようということで、バット・ボールを持っていざ・・・

ついこの間まで、ボールを見ることもなく適当にバットを振り回し、『できない~!!』とすぐあきらめていたとんきちがなんだか今日はちょっと違う。
バットを持って構える姿まできまってる?! 
そして、ボールが飛んでくると・・・ 

当たった~!!



もちろんホームランとまではいきませんでしたが、しっかりボールを見てタイミングを合わせているその姿は、この前までのとんきちとは全く違いました。
とんきちもボールがバットに当たる感触が心地よいのか、『もう一回!!』ととてもいい調子。

ピッチャーとんきち


最後には、ピッチャーにも挑戦。しっかりバットに向かって投げることが出来ました。

いつの間にこんなことができるようになったんだろうね~とパパきち・私は大喜び。
もちろん!! 同じ3歳児の近所のお友だちはもっと上手です。
でも、すぐあきらめていたとんきちが何度も挑戦していたことが嬉しいな~と。

野球を堪能したあとは、公園で遊んでいた小学1年生のお兄ちゃんに遊んでもらい大喜び。お兄ちゃんたちは、キャッチボールをするときもとんきちがうまく出来るように知恵をしぼって相手をしてくれました。

年上の子どもと遊ぶことがないとんきち、今日の姿を見て、異年齢とのかかわりの大切さを改めて実感。
『スポーツの秋』、おにいちゃんたちが走り回る姿を見て、刺激を受けたとんきちもスポーツへの熱い思いが目覚めてくれるといいな~。






Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。