FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
街はきらめき、私は・・・
きれいなツリーの前で・・・とんきち


パパきちの用事で大阪へ出かけた私たち。
お買い物に付き合って、すっかり遅くなってしまったけれども、街中の至るところでとってもきれいなイルミネーションが点灯していてとっても楽しい気分。
ちょっとした雑貨屋さんに入ると、お店のレイアウトもクリスマス風になっていたり、かわいいオーナメントがあったりでクリスマス好きの私はフワフワ浮き足立っていました。

そんな時悲劇が・・・。

パパきちが来年のスケジュール帳のリフィルがいるというので、立ち寄ったLOFT。
そこでの買い物を無事終え、ようやく家路に・・・という時、パパきちが選びに選んだ数種類のリフィル・私が選んだカレンダー・とんきちお気に入りの車のシールが入ったショッピングバックを手にしていないことに気づいたのです。それも、帰りの電車の中で・・・。

持っていたのは私。慌てて途中下車して思い当たるところへ行き、お店にも問い合わせてみたけれど見つかりませんでした。
8,000円弱のお買い物。けっして安い金額ではなかったこともショックだし、すぐに手にしているものを放り出してしまう自分にも腹が立ち・・・。

私だったら届けるのにな~なんて思ってもみたけれども、人通りの多い場所、そんなことに期待するだけ無駄だったのかしら・・・。
いっぱい歩いてお付き合いしてくれたとんきち、唯一のお土産を失くされたことも知らずに探しつかれた私を迎えてくれました。

クリスマスムードで浮かれてたのかな~。
皆さんもお忘れ物にはくれぐれもご注意ください。


スポンサーサイト







Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.