FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
おばけのてんぷら


おばけのてんぷら
せな けいこ 作・絵
ポプラ社

夏になるとよく耳にする歌『♪おばけなんてないさ♪』を聞いてからとってもお化けに興味のあるとんきち、そんなとんきち待望のおばけのお話。

うさこは食べることが大好きなめがねをかけたうさぎ。山へ草摘みに出かけたうさこですが、お弁当を食べるこねこくんに出会います。とってもおいしそうなお弁当、おかずはてんぷら。ちょっとお味見をさせてもらったうさこは、とってもおいしいてんぷらに大喜び。そこで、こねこは家へ帰ってお母さんのお料理の本を取ってきます。
てんぷら作りをすることに決めたうさこは、帰り道にお小遣いをはたいててんぷらの材料を買って帰ります。にんじんにおいも、さやえんどうにかぼちゃ、それからたまねぎ。そして、小麦粉と油と卵も買って準備万端。ひとりでがんばって作るうさこ、そして、うさこの作るてんぷらのにおいをかぎつけてやってきたおばけは、てんぷらを食べることができるのかな~。

『おばけ』ということばに「おっ!」と嬉しい気持ちを隠しきれないとんきち、ちょっと怖い気もするけれども、おばけというのがどんなものか気になるみたいで興味津々でした。そして、それと同じくお料理にも興味があるのでうさこが一人でてんぷらを作る様子を真剣に見つめていました。
『おばけ』というと、どうしても恐ろしいものを想像しがちですが、せなけいこさんや松谷みよ子さんが描くようなおばけなら、小さな子どもでも楽しんで見られるのでしょうね。私的には、せなけいこさんのほうがかわいらしくて好きかな~?
スポンサーサイト





今年の新作
今年の新作


やっとできました~!!

何が…かといいますと、1週間ほど前から編み物をしていたのです。
予想以上に寒い今年の冬、用心していてもすぐに喉・鼻の調子が悪くなるとんきちにせめて胸の辺りだけでも暖かくしていてもらおうということで、ベストを編むことにしました。

以前パパきちに作ったセーター、少しサイズを小さくという希望があって、解きかけていた毛糸があったのです。でも、この際パパきちの物を編み上げるよりも、とんきちの物を編んだほうが簡単に編める!!ということで予定変更して解きながら編むというなんとも適当な編み方をしました。

毎日編むことも出来ず、とっても小さなものなのに思った以上に時間がかかってしまいました。
でも、胸元にはとんきち希望の羊さんの編みこみをがんばりました。小さいサイズの本を見ながらの作業だったので、なんだか不格好な形になりましたが、とんきちは自分のものを作ってくれているということが嬉しかったみたいで楽しみにしていました。
完成したのは、とんきちのおやすみ後。明日起きたらどんな顔をするかな~? ちゃんと着てくれるのでしょうか…。



参考にした…というか、見ながら作ったのはこの本です。これぞベビーといった感じのかわいらしいニットがたくさん。時間と気持ちに余裕があればもっともっと挑戦したいのですが…。
『動物さんのベビーニット』 川路 ゆみこ 主婦の友社




Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.