FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
ありこのおつかい


ありこのおつかい
いしい ももこ さく  なかがわ そうや え
福音館書店

『はじめてのおつかい』に続く、おつかいシリーズ。ただ、今回のおつかいは、ちょっと普通のおつかいとは違います。とっても不思議、でもドキドキする冒険の世界が広がる1968年初版の読み継がれているお話。

ありのありこは、お母さんが拾ってきたおいしい草の実をおばあさんのところへ届けるおつかいをすることになりました。ありこよりも大きい怖いものがたくさんいる森の中を通っていくおばあさんの家、道草をしないことをお母さんと約束したありこ。赤い帽子をかぶり、草の実の入ったかごを下げて、おつかいに出発です。
歩き始めたありこですが、森に入るとお母さんとの約束をすっかり忘れて、あっちの花を摘んだり、こっちの草をちぎったり…。そして、木の根元に巻きついていた青いつる草をギュッと引っ張ると、「いたい!」の声が。つる草だと思って引っ張ったのは、かまきりのきりおの足だったのです。
足をちぎられると思ったきりおは、ちいさなありこが自分にかかってきたと勘違いし、怒り出します。そして、あっという間にペロリとありこを飲み込んでしまいます。
「ごめんなさい」と謝ったのに食べられてしまったありこは、きりおのお腹の中で泣きながら「ばかあ!」と叫び続けます。そしてきりおは、そんなありことけんかをしながら歩いていきました。
そこにやってきたのがムクドリのむくすけ。きりおのお腹の中から聞こえてくる「ばかあ!」の声が自分に向けられているものと勘違いして…。あっという間にきりおもむくすけのお腹の中へ。
そして、むくすけのお腹の中からは、ありこの「ばかあ!」ときりおの「とんちきめ!」という声が…。次にその声を聞いたのは一体誰だったのでしょう。そして、ありこは無事おつかいをすることができるのでしょうか。

おつかいに出かけたありこがすぐにきりおに食べられてしまって、お腹の中へ…というお話の展開にビックリ、目をまん丸にしていたとんきち。お腹の中から聞こえてくる声とのけんか、そしてそれを聞いて勘違いしてパクリ、というお話に始めは?がいっぱいだったようですが、次々と食べられていくうちに「あ~あ」と、少しずつこの不思議なおつかいにひきつけられていったみたい。
食べられて、お腹の中の声とのけんかの場面で描かれているイラストに「な~に?」と興味津々の様子。私は、食べられた順番にお腹の中に入っているところ、という説明をしたのですが、「なんだろうね~」ととんきちのイメージに任せてもよかったかな?と。
『たべられる』という怖さをテーマにしたお話でありながら、こんなにも楽しいものになるなんてと、お話している私は、長い間読み継がれているお話の力を実感。少し難しい繰り返しのお話ですが、大きな子ならではの空想を広げられるお話もなかなか楽しめていいな~と。
スポンサーサイト





季節外れの・・・
芦屋浜・・・

「寒い週末になるでしょう」と予報されていたこの土日。
今日土曜日は、関東のように雪が降る、ということはなかったのですが、やっぱり風が冷たく寒い一日でした。

なぜかそんな日に我が家は海へ行きました。
もちろん、水遊びに行ったわけではありません。寒くても、土日くらいは、とんきちに体を動かして欲しいと思っている私。お買い物に出かけても運動できるわけではなく、こうなったら思い切ってしまおう!ということで季節外れの波打ち際遊びを楽しんできました。

ここは、新しく造成された埋立地で、近くにはたくさんの家が建ち並んできている住宅地。子どもたちが遊ぶのにピッタリな波打ち際・砂浜もあり、夏には小さな子どもを遊ばせることができる小川や親水公園なんかもあるところです。

さすがにこの寒い1月では、遊びに来ている親子連れなんていうのはいませんでしたが、とんきちは久しぶりに見る砂浜、そしてたくさんの貝殻に大興奮。
水際ということで風はかなり冷たかったのですが、そんなことを全く気にも留めないとんきち、真っ赤な手で石を拾い上げては海に向かってポチャン。なぜだか、水に向かって石を投げることが大好きなとんきちは、飽きることなく何度も何度も投げ続けていました。

訪れた時間が遅かったので、ゆっくりとすることはできなかったのですが(私としてはちょうどよかった~)、暗くなると遠くに見える港に明かりが灯り、航行する船もライトを点灯。
ブルブルと震え上がる私のそばでとんきち、パパきちは大満足でした。
今度来るときは、お陽さまの明るい、暖かな日を選んで来たいものです。
芦屋浜・・・





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.