FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
先天性代謝異常
実は、先日産院から連絡があり、『先天性代謝異常の検査で再検査の通知が届いたので採血に来てください』といわれました。
パパきちが休みの日曜日にそろって来院し、採血。新生児室の奥から響くのんたんの泣き声を聞きながら、「だいじょうぶかな~」「だいじょうぶよ!」なんてパパきちとかなりドキドキ。

いくつかの症状のうち、『甲状腺機能低下』という検査にだけひっかかってしまったのんたん。といっても、『擬陽性』ということなので数値が±0だったのでは?と看護士さんにいわれました。
聞きなれない病名、なんでも体重増加不良・黄疸などに始まり、症状が重くなると知能障害も引き起こすということだけが分かりました。

そんなドキドキの採血から1週間、産院から連絡がありました。
結果は『正常でした。ご安心ください。』とのこと。
でも、子どもを育てていく上ではこういった突然の宣告を受けることもあるんだな~と改めて命を育てることについて考えさせられました。

スポンサーサイト







Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.