おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


レディーのくびれ
くびれ・・・のんたんが立派な足(足だけではありませんが・・・笑)をしているということを以前お伝えしましたが、最近ちょっとした変化が・・・。

ビックベビーだったとんきち同様、腕・足の色々なところにくびれのあるのんたん。大人の身体で考えるとありえないところ(ふくらはぎや二の腕などなど・・・)がキュッとなっている様子はこの年齢ならではのかわいらしさ。

2ヶ月の検診のときに保健士さんに『飲みすぎ(飲ませ過ぎ?!)』を指摘されたのんたん。それから約1ヶ月の間、以前よりも少しおっぱいタイムを短くしたことで体重の伸びが穏やかになりました。
今までは平均の倍以上のスピードで大きくなっていたのんたんですが、この1ヶ月間の伸びは平均並み。体重もいわゆる発達曲線の真ん中くらいです。

くびれ兄弟!とんきちは曲線をはみ出るかはみ出ないかのところを進み続けていたので、普通ののんたんがちょっと嬉しい私ママきちです。

体重の伸びが落ち着いたということで、のんたんのくびれもちょっとスッキリしてきました。それも片足だけ・・・。
確か1ヶ月前は両足とも立派なくびれがあったはずなのに、今は片足だけになってしまいました。左右のバランスが悪いとなんだか具合が悪そうなのですが・・・。
もうしばらくしたら、左足のくびれも消えるのかな? それはそれで寂しくもある私は勝手ですよね(笑)!
スポンサーサイト


とんきち待望~かき氷~
とんきち待望~かき氷~とんきちに毎日のように催促されていたかき氷。

かき氷機と氷はいつでもOKな状態で待機していたのですが、どうしてもお買い物に行ってもシロップを買うのを忘れてしまっていた私。『たべたい~』とリクエストするわりには、一緒に買い物に行ってもかき氷と一言もいわないとんきち。
お互いに抜けていてなかなかたどり着けなかったかき氷への道。

とんきち待望~かき氷~とんきちはお友だちのおウチで食べた青いシロップ(多分、ブルーハワイだと思うのですが・・・)がよかったのですが、近くのスーパーには並んでおらず、第2希望のイチゴシロップとなりました。
あんなに熱望していたかき氷なのに、『つめたすぎ~!!』なんていってばかりでなかなかスプーンが口に入らないとんきち。フワフワシャリシャリの氷はあっという間に溶けてしまい、器にはイチゴジュースだけが残っていました。

大満足のとんきち、次の願いは『こんどはおまつりでたべようね~!』ですって。
いよいよ始まった暑い夏。秋の風が吹くまでの間、我が家のかき氷機はフル回転するのかな~(笑)!




これなら大丈夫?!
タオルをがっちりと止めてくれました。
おにいちゃんになったことが嬉しくて、『おにいちゃんになったからやってあげるよ~』が口癖のとんきち。

得意のお手伝いは洗濯物干し。
ベランダのラティスにタオル掛けをかけてあるので、とんきちの背丈でもラクラク洗濯物が干せます。ハンドタオルやのんたんのガーゼ・エプロンなど小ぶりのものは自分の仕事、と決めているとんきちは洗濯かごの中から担当の洗濯物を掘り起こします。
そして、一つずつパンパンと広げて(思いっきりパンパンッとするのが私の癖なんです)、丁寧にタオル掛けへ・・・。ちょっと神経質気味なとんきちは、ピシッとタオルたちをきれいに並べて干したあとは洗濯バサミでがっちり止めておきます。

タオルをがっちりと止めてくれました。洗濯物を取り込んだあと、一枚だけ湿っていたタオルをもう一度干してきてほしいと頼んだところ、こんな姿になっていました。
いつもは一枚に一つだけの洗濯バサミ。でも、他に干すものがなく、風も強かったことから総動員でタオルをがっちりと止めてくれました。
『みてみて~! これならだいじょうぶでしょ(笑)!』と自信満々のとんきち。
ありがとう・・・。でも、乾いたあとの洗濯バサミのハサミあとだらけのタオルを思い浮かべ苦笑した母でした。


大きな一歩
もうすぐ3ヶ月になるのんたん。

すこしずつ授乳の間隔もあき、しっかり目も見えるようになって周りのことをとっても楽しそうに眺めたり、相手の顔を見てニコ~ッと笑ったり・・・と生まれてたった3ヶ月で大きく成長しています。
このくらいの月齢の子どもって、毎日毎日が大きな一歩。昨日と同じようにゴロン~と寝ていると思っていたのに、確実に一歩ずつ新しいことを吸収し、成長しています。

のんたんも自分に対して笑顔を投げかけてくれる人にはスペシャルスマイルをプレゼントしたり、とんきちにたいして一生懸命『あ~う~』とおしゃべりをして何かを伝えようとしています。
二番目ちゃんなので自己アピールも強いようで、周りの人が自分そっちのけでワイワイ楽しそうにしていたり、しばらく相手をしてもらえないと、泣くよりも『ぐぁ~』とビックリするくらい大きな声でみんなを呼びます(笑)。

そんなのんたん、どうやらもうそろそろ首が座ってきているようです。
今までは、うつ伏せにするとあごの下で組ませた両手にしゃぶりついているだけで、いくら声をかけても顔を上げることは出来なかったのですが、今日初めて自分の力で首を持ち上げ、前に座るとんきちのことをじっと見ていました。
そして、疲れてきたかな~と私が優しさから(笑)仰向けに戻してあげると『うわ~』とかなり不服そうに声を上げました。仰向けの状態から自分で腰をひねり、うつ伏せになろうとしているのですが、横を向いた身体が動かず怒り出すことも・・・。

寝返りを打つ日はまだまだ先ですが、どうやら首のほうはずいぶんしっかりしてきているようです。
これからどんどん世界が広がり、たくさんのものを見ていくんだろうな~!
『静』ののんたんから『動』ののんたんへ日々進化中。これはカメラが手放せなくなりそうです(笑)!


夏 到来
梅雨も明け、夏空が広がり暑い日。お友だちと一緒に近くの公園へお弁当を持って出かけました。

お友だちと一緒に近くの公園へ・・・

この公園、市の防災公園ということでとっても広い芝生広場に遊具・噴水・人口の川(せせらぎ)が設けてあるので、親子連れにとっても人気。
今日の私たちの目的は、せせらぎでの水遊び。公園に着いたのは10時過ぎ。それから約1時間半水遊びを楽しんだあとは、早めのお弁当タイム。
そして、休憩もそこそこに遊具へ繰り出し・・・と、本当に元気いっぱいの子どもたちでした。

同じように水遊びをしようと出かけてきた人たちが多く、とっても賑やかな公園。
せせらぎの中に水が噴き出す場所があるのですが、とんきちは絶対に近づこうとしません。顔にはかからないから・・・といってもダメ! 一度、抱いておろしたのですが、大号泣。あまりの泣きに近くにいた子どもたちが『どうしたの~』と集まってくる始末。
そんなとんきち、せせらぎで何をしていたかというと、手にペットボトルをいくつか持ち、落ちている葉っぱを集めながら歩く、端まで行ってはUターンして歩く。本当にひたすら歩いていました。

暑くても楽しい思いのほうが強く、なかなか帰りたがらない子どもたちを連れて帰るのは大変でした。
家に帰ってからは、シャワーを浴びてスッキリとして、ちょっと休憩。すると、あっという間にお昼寝タイムとなりました。
久しぶりにお陽さまの下で思う存分身体を動かしたので、心地よい疲れなんだろうな。やっぱりお友だちと一緒に過ごす時間っていいですね。


赤くて、甘くて、おいしくて・・・
果物大好きな私。なかでも夏のスイカ・秋のブドウはいくらでも食べられちゃう『別腹』な果物です。

例年、夏は信州に旅行に行っている我が家。今年は、のんたんも小さいことだし、少し時期を外そうということで信州の地へと足を踏み入れる予定はないのですが、夏の信州といえば『スイカ』『ブドウ』なんです。

ブドウは松本市から少し山手にある『入山辺』という地域のブドウがおいしくて、本当に甘くて粒が大きくておいしくて・・・(とにかくおいしいんです!)。初めて食べたとき、あまりのおいしさに感動して『プリプリブドウ』なんて間抜けなネーミングをしたくらいです。
そして、スイカは松本市から上高地へと続く道沿いに広がる『サラダ街道』の『波田(下原)』のスイカがお気に入り。

こういった特産のおいしいものを買うときは必ず地元の方がしている道路脇のお店で買います。
以前お土産に買って帰った波田スイカもそうでした。店員さん=スイカ農家のおじさんに波田スイカの説明をしてもらい、どれがおいしいか時間をかけて選んでもらいました。なかなか一玉丸ごとのスイカを買う機会はないので(普通、三人家族では食べられないですよね~)、それはそれは念入りにおじさんに大切な子どもたちを吟味してもらいました。
予想以上にスイカ選びに時間をかけてしまったのですが、その間、売り物のスイカに並んで試食用に切り分けてあったスイカを食べつくしたのはとんきちです(笑)!

お気に入り!波田(下原)のスイカと、とんきちとっても大きいスイカ、包丁を入れるのはドキドキでした。でも、おじさんがしっかり選んでくれたので甘さは抜群! 今までの中で一番おいしかったな~。

気に入り!波田(下原)のスイカをがむしゃらにかぶりつくとんきちとんきちと二人、口の回りを真っ赤にして堪能しました(実はパパきちはあまり・・・なんです)。

スイカをガブリ!!今年もスイカの季節。おいしいかな?という賭けで一玉買う勇気はないので、買うのは切り身です。味はかなり落ちるのですが、それでもこんなに幸せそうなとんきちの顔!


おっきい~!! ~ピーマン~
大きなピーマン・・・
頂きもののピーマンを『スタッフドピーマン』にしてみました。

実はこのピーマン、かなりの大物です。携帯電話、そしてのんたんの手を並べてみたのですが、このビッグさ伝わるかな~。
大きなピーマン・・・こんな大きなピーマンの器にお肉をこんもりと詰め込んでしまってはかなりカロリーオーバーの危険があるので、あっさりと豆腐ハンバーグをつめてみました。
お肉オンリーよりも淡白なお味でしたが、旬のピーマンの旨さが豆腐ハンバーグにもギュッとしみ込んでなかなかいけました。本当は、もう少し濃い目の味にしたほうがよかったな~なんていう気もしたのですが、食べ終えて満腹になってみると、薄味大正解だったと・・・。

ピーマンそのものはなかなか食べられないとんきちですが、このスタッフドピーマンは『ピーマンのおさらのハンバーグ』と言ってかなりのお気に入り。ただ・・・、今回のものはあまりの大きさ、鮮やかな野菜色(グリーン)に圧倒されて、中身だけしか食べてくれませんでした。
でも、そこは私も頭を使って、豆腐ハンバーグの中にもしっかりみじん切りピーマンを忍ばせておいたので、栄養はバッチリかな? あとは、しいたけ・ひじきなんかも入ってるし、夏バテ解消メニューにイチオシです!
なんていってますが、とんきちも私も元気いっぱいなので、夏バテ知らず。パパきちはどうかな~。




わが子(?!)の成長記録
とってもおいしい夏野菜。

プチトマト・・・

プチトマト・・・

例年なら、我が家の小さなベランダでプチトマト・ナス・ピーマンなどの夏野菜たちが鮮やかな色と味で、目も舌も楽しませてくれているのですが、今年は寂しくプチトマトだけ。
プチトマト好きの私はお店で買うととってもおいしい『アイコ』を植えてみました。

そして、かわいい娘・息子たちがようやく私の口に飛び込んできてくれる時期がやってきました!
極力、水を少なくして乾燥気味に育て、『甘くな~れ!』の呪文をかけ続けたので、例年よりも甘みの強いアイコちゃんが誕生しました。ただ、家庭菜園なので皮はプリッと厚め。でも、皮付きトマト大好きの私は大満足です。

がんばって育てても(育っても)、食べるのは私だけ。とんきちもパパきちも生トマトNGなので見向きもしません。まあ、私の口にたくさん入るのでいいんだけれども・・・。
もちろん、お味見にパスタなどの加熱料理にしてごちそうするつもりです。
花が咲いて、実の赤ちゃんがなり、身が膨らんで、赤くなって・・・と成長の様子を見ていたのに、摘むだけ摘んで食べようとしないとんきち。『おいしいよ~』のアピールもむなしく、とんきちは首を横に振り続けてます。


地団駄を踏む
もうすぐ3ヶ月ののんたん。この月齢のレディーにしては、驚くほど立派な足をしています。

足を一生懸命に曲げ伸ばしを繰り返し・・・発育がよく、すくすく育ってくれるので、顔・身体はどんどん大きくなっています。もちろん、寝てばかりののんたんですが、歩くときに備えて脚力強化にも余念がありません。

『地団駄を踏む』という慣用句がありますが、実際に足を踏み鳴らして悔しがる人というのを見ることは稀ですよね。
でも、ベビーと生活をしていると、この地団駄を踏む光景は日常的に目にします。というのも、おなかが空いた・抱っこして欲しい・眠りたいなどの欲求があるとき、泣いて訴えるベビーちゃんは、ただ声を出してなくだけでは物足りず、必ず足を上げ下げしてジタバタ・・・。
まさにこの姿が『地団駄を踏む』なんでしょうね。

のんたんも短い(失礼ですよね~)足を一生懸命に曲げ伸ばしを繰り返して、不満を訴えています。
そんなとき、すぐに抱っこでもしてあげればいいのでしょうが、あまりにもそのジタバタがかわいいので泣き顔を前にして吹き出しながら眺めてしまいます。
こんなことをしているから余計にジタバタとするんでしょうね。でも、分かってはいるのですが、あのムチムチの足を懸命に動かす仕草がたまらなくかわいらしいんです!


感受性
とんきちがかなりの怖がりやさんだということは今までに何度もお話してきましたが、このとんきちクンただ単に怖がりなだけではないようです。
泣き顔・・・動物好きなとんきち、お気に入りのDVD『星になった少年』を見ていました。たぶん、ストーリーはほとんど理解していないのでしょうが、象と少年が触れ合う様子を見るのが大好き。
初めてゆっくりと一緒に見た私、少しストーリーの説明をしてみました。

その中で母象と小象が別れるシーンや慣れ親しんだ象と別れて帰国するシーンなど、決別の場面になると決まって眉をひそめるとんきち。
少年が寂しそうな表情をするのを不思議そうに、でもちょっと悲しそうな様子でみていたので、その場面を私ととんきちに置き換えて説明してみたんです。
すると、鼻を膨らませて目を潤ませたとんきち。うるうるして泣き出しそうな顔をしました。
すぐに『こわい~』と逃げ腰になるとんきちですが、感受性が豊かだからこその反応なんですね。

最近、新聞やTVで目にするニュースは残酷なもの・身勝手なものが本当に多く、自分以外の人のことを思いやる気持ちが薄れているために犠牲になる人があとを立ちません。
とんきちのこの感受性、今だけのものではなく、『思いやり』という気持ちに成長させていって欲しいな~と・・・。

本日の写真は、涙つながりでまだまだ幼さが残るとんきちの泣き顔です。




夏着~甚平~
夏といえば『お祭り』。そして、お祭りといえば『浴衣』『甚平』。

甚平姿の1歳のとんきち・・・とんきちにと、1歳の夏にがんばって手作りした甚平。大きめに作ったので去年の夏まで3年間も着ることができました。夏だけではなく、旅行にも持って行き、お風呂上りにも愛用したくらい。
でも、さすがに身長が100cmを超えたとんきちが着ることはできなくなったので、今年は新調しなければいけません。
おまけにのんたんが誕生したので、できればのんたん用も・・・なんて考えているのですが、万年寝不足の私にそんな大仕事ができるのかどうかが問題(笑)!

買い物に出かけたときに既製品を見て回ってはいるのですが、気に入った柄のものにめぐり合わないし、いいな~と思ったものは結構なお値段。
そして、気持ちを奮わせるために出かけた手芸屋さんでかわいらしい生地を見つけました。とんきちとのんたん、色違いのおそろいができそうな柄。お買い物のついでに立ち寄ったので、用尺が分からず買えず仕舞いでしたが、近くのお店なので、しっかり計画を立ててからお買い物に行く予定です。

私のやる気が出て、とんきち・のんたんの協力がもらえれば、おそろいの甚平をお披露目できる日が来ると思うのですが・・・。
兄妹のおそろい、ちょっと憧れていたので上手くいけばいいのですが・・・(笑)!


創造力
ミニ積み木を並べて・・・どちらかというと、身体を動かして遊ぶことよりも手先を使って何かを創り出す遊びのほうが好き(だと思うのですが・・・)なとんきち。

子どもって大人がゴミとして捨ててしまうような廃材も『ちょうだい~!』と大切に取っておき、あるとき思いもよらないような素敵なものに姿を変えさせてしまうことがよくありますよね。
とんきちも包装の箱・止め紐やトイレットペーパーの芯なんかを使って、一人でゴソゴソと創作活動に没頭していることがあります。

先日は、木製の線路をつなげてトーマス列車を走らせていたのですが、ふと手を止めて目に付いたミニ積み木を並べ始めました。
このミニ積み木、何種類かあるうちの『ぼくの村 家』というもの。緑の棒は本当は柵に使うものなのですが、じっと見ているうちに並べると面白いかも・・・というアイデアが浮かんできたんでしょうね。
『みてみて~!』と呼ばれて見に行くと、とってもかわいらしい人間の形になっていました。目や口といった表情を構成するパーツは一切ないのですが、なんだかニコニコする感じが伝わってきました。
私だったら並べ方を変えてはみるものの、やっぱり『柵』という枠は抜けられないだろうな~。

想像することも大切ですが、何もないゼロの状態から試行錯誤を繰り返して創造する力は養えるものではないので、今の自由な発想ができる年齢のうちにたくさん創り上げていって欲しいものです。


新 夏の定番?!
肉味噌巻き
暑い毎日、とんきちと二人で過ごす昼間。毎日頭を悩ませるのがお昼ゴハン。

『今日のお昼は何食べる~?』ととんきちに尋ねると、返ってくるのは決まって『おなかすいてないからいらない~』ということば。
めずらしく何か食べたいな~という気持ちのときでも『しろいごはんだけ。おかずはいらない!』というとんきち。
こう言ってもらえるとラクチンはラクチンなのですが、毎日白ゴハンだけでは育ち盛りのとんきちにはよくないだろうな~と。かと言って、私も何も食べる気がしない(作る気がしない?!)ので、どうしても夏の定番『そうめん』の登場が多くなります。

そんなワンパターンな我が家のお昼に新しい顔が定番として登場しそうです。
それは『巻き寿司』。納豆大好きのとんきちのリクエストでお昼に納豆巻きを作ることはよくあったのですが、ちょっとアレンジしたものを作ってみました。
味を濃いめにした肉味噌をゴハンと和えて、海苔・レタスと一緒に巻いて出来上がり! 肉味噌にお野菜をいっぱい入れておけば、栄養もバッチリな気がしませんか(笑)。
食べる人、とんきちは『なっとうのほうがいい!』と言っていますが、納豆巻きと同じようにこの肉味噌巻きも気に入ってもらえるといいんだけれど・・・。

今年の夏は巻き巻きゴハンと具だくさんそうめんで決まり?!


ごっこあそび
いつもは電車・ブロックで遊ぶとんきちがめずらしく積み木で遊んでいました。

でも、なにやらブツブツ言いながら・・・。
よくよく聞いてみると『ごっこあそび』をしているみたいなんです。でも、その積み木というのは何の変哲もない四角や三角のもの。ごっこ遊びに使われるとは思っていなかったので、ちょっと気になった私は静かにとんきちに近づき、様子を伺っていました。

どうやら、積み木を人に見立てているようで動かしながら数個の積み木同士で会話をさせていました。『ちょっとすわってください』『こっちがあいてますよ』・・・なんていいながら積み木で遊ぶとんきちの姿はかなり笑えました。
それも、とっても高い声で会話しているんです。ごっこあそびってどうしても声色を変えますよね。あれと同じで、積み木をカチカチ動かしながら裏声でブツブツ言うとんきち。表情はとってもまじめで、それがまた面白すぎてなかなか目が離せませんでした。

今までおままごとや電車を使ってのごっこ遊びは見たことがあったのですが、積み木は初でした。積み木はこうして遊ぶものという決まった概念のない子ども、楽しい遊びを自分で作り出す能力ってすごいですね。
でも、どうしてごっこあそびってあんなに声が高くなるんでしょうね(笑)~!


振り振り・・・ ポップコーン
ポップコーン最近TVで見かけるポップコーンのCM。

普段の生活でポップコーンを食べることがほとんどないとんきちは、初めて見たときから『こんな風にコックコーンってできるんだ~』と興味津々。
このCMは電子レンジで作るポップコーンですが、私が子どもの頃家族で楽しんだコンロで作るタイプのポップコーンを家で作ってみました。

このおかしなフライパンからどうやってポップコーンができるんだろう~とパパきちが振り続ける手元をじっと見つめるとんきち。『パチパチ・・・』という音が『ポンポン・・・』と弾ける音になり、見る見る間に平らだったアルミのふたが膨らんで・・・。
目の前で起こることにビックリ! まるで理科の化学実験を見ているようなとんきちの表情がとっても面白くて、私はポップコーンよりもそちらに釘付け(笑)!

ポップコーン今にもパンッと破裂しそうなほどに膨らんだふたにハサミを入れるとふんわり塩気のいい香り。

ポップコーン出来立てホカホカを親子3人でパクパクいただきました。まだまだお食事デビューの遠いのんたんは、ベビーシッターに揺られてニコニコと私たちの様子を見ていました。今は見ているだけののんたんもいつかこの輪の中に入り、家族4人で食べるんだろうな~!







海遊館
海遊館

交通科学博物館を堪能した昨日、実はもう一ヶ所遊びに行った場所があります。

大阪南港にある水族館『海遊館』へ行ってきました。
驚いたことにとんきちにとっての初水族館となったのですが、期待大で出かけたとんきちの気持ちを裏切らない場所となってくれたようです。
交通科学博物館を堪能したあとに行ったのでかなりお疲れだったとんきち。遅い昼食をとったあと、そのままソファでお昼寝・・・。ファーストフードのショップが集まるフードテリアだったので、周りを気にすることなく途中のんたんのおっぱいタイムをはさんで約1時間のお昼寝をしました。

海遊館
今回のお出かけ、思い立ったのが急だったので出かけたのはちょっと遅めの時間でした。海遊館に行くなら早めに出かけないとかなりの混雑が予想されたのですが、今回は思い切って閉館間近に入館することにしました。

予定通り入館したのが18時前。昼間に訪れると入館待ちの人がたくさん並んでいる広場もチケットブースも閑散としていて少し寂しいくらいの静けさでした。
でも、館内を観て回るにはこの上なくいい環境で、どの水槽もガラスにベタッと張り付いて飽きるまで魚たちの姿を観察することができ、とんきちはもちろん私も大満足!

海遊館初水族館というだけあって、目の前に広がる大きな水の世界に釘づけのとんきち。中でも、あしか・あざらしの水槽では、ガラス越しに私たち見学者の姿を見に集まってくるあしか・あざらしを間近で観られたことがとっても嬉しかったみたい。ちょうどとんきちの元へ泳いで集まってきたので驚きと嬉しさでかなりはしゃいでいました。

海遊館他にも、海遊館のマスコット(というには大きすぎますが・・・笑)であるジンベエザメの大きさに驚いたり、映画『ファインディング・ニモ』でおなじみの大きなエイを見ては『ニモのせんせいだ~!』と、人通りが少なくなっていた館内にとんきちの声が響き渡るほど!

海遊館入館直後はグッスリおやすみ中だったのんたんも途中で目を覚まし、ライトの光を受けてキラキラと反射する魚たちの泳ぐ姿を一生懸命目で追っていました。
のんたんにとってのかなり早い初水族館は記憶に残らないことでしょうが、とんきちにいちゃんが繰り返しお話してくれるんだろうな~(笑)!

海遊館これから夏休み本番。どこへいっても子ども連れのお出かけグループがと一緒になるんだろうな~。少しでも混雑を避けて家族で楽しめるよう色々工夫しないといけませんね。

海遊館おまけに来年の夏はとんきちも幼稚園に通っていることでしょうから、今年は最後の気ままな夏。のんたんを抱えてのお出かけはちょっと大変ですが、暑さに負けないよう涼を求めて思い出に残る夏を送りたいものですね。

海遊館



交通科学博物館
交通科学博物館・・・乗り物好きのとんきちがいながら今まで一度も行ったことがなかった場所、『交通科学博物館』に行ってきました。


交通科学博物館乗り物好きのとんきちは、たくさんの電車が展示される館内に大興奮で、どこから見ていいのか分からずかなり浮き足立っていました。その興奮する姿はちょっと挙動不審でもあり、そこまで喜んでくれるならもっと早く連れてきてあげたらよかったな~というほど。

交通科学博物館歴代の新幹線が並んでいたり、運転体験できたり、色々なパーツが展示されていたり・・・。電車マニアにはたまらない場所なんでしょうね~。
ほどほどに電車好きな私ですが、あまりの『乗り物ワールド』にどうしていいか分からず、眠り続けるのんたんと一緒に展示されている新幹線のシートで休憩していました。


それでは、とんきちが堪能してきた『交通科学博物館』をどうぞ・・・(笑)!
交通科学博物館

交通科学博物館

交通科学博物館

交通科学博物館


いつの日か来るであろう旅立ちの日を思わせるとんきちの後ろ姿、ちょっぴり切なくなってしまう私は親バカですね(笑)!
交通科学博物館



スコール
夕立・・・

『真夏日』ということばがピッタリだった今日一日。

汗っかきなとんきちは、10時頃にはもう汗まみれになり1回目のシャワーを浴びて、スッキリ。その後もちょっと外へ出ただけで汗びっしょりになり、2回目のシャワー。
そんなときにお友だちから『お庭でプールをしよう』とお誘いがかかり、昼食後遊びに行くことになりました。用事のあった私は遅れてお邪魔することに・・・。

家から水着をはいていき、大喜びで出かけるとんきちを見送った直後から空の色がなんだか怪しくなり遠くでゴロゴロと雷の音が・・・。『これは一雨くるかな~』と洗濯物の取り込み・窓閉めをした途端、予想通りバケツを返したような強い雨が降ってきました。
今までおひさまが照りつけて明るかったのが嘘のようにどんより暗くなる様子を見ていると、『夏なんだ~』と改めて夏の訪れを実感。
ザーッと激しく降ったあとは、何もなかったように明るくなった空。
こういうのをスコールっていうんですよね。

梅雨・・・、今年は梅雨の雨に悩まされた気がしないのですが、皆さんのお住まいのところはどうでしょうか。九州など一部の地域では、長雨のせいで大変なところも多いようですが、これから迎える暑い夏、関西は水不足の危険アリかな?
今日はこのスコールのおかげでそれまでの蒸し蒸しとした暑さが少し和らいだような気がします。強い日差しで少しグッタリしていたウチの緑たちも思いがけない雨を受け、葉に大きな雨粒をためてなんだか嬉しそう♪

そうそう、とんきちたちのプール遊びですが、雨の気配を察知したお友だちがとんきちがお邪魔するとすぐにプール遊びを始めてくれたので、子どもたちは大満足だったみたい。
今日もまたお友だちのご好意に甘えて、のんたんとのゆっくりした時間が少し持てました。静かな我が家、過ごしやすくもあり、なんだか物足りなくもあり・・・(笑)!


達人への道
最近は大型ショッピングモールなどにもゲームセンター(コーナー)は欠かせないものになっていますね。

私は子どものころからゲームセンターで遊ぶ習慣というものがなかったので、あの賑やかな落ち着かない場所がとっても苦手です。
唯一『行こう!』という気持ちになるのは家族でプリクラを撮ろうというときだけ・・・。
そんな私ですが、パパきち・とんきちのお供でゲーム観戦をする機会が増えました。

『太鼓の達人』に挑戦!!というのも、以前お出かけしたところで何と言うこと無しに『太鼓の達人』に挑戦するパパきちを見たとんきちがはまってしまったのです。
和太鼓にバチという、子どもなら惹かれずにはいられない組み合わせのこのゲーム。パパきちが奮闘する脇でとんきちもドンドンバタバタ・・・と見様見真似で挑戦。
それ以来、太鼓を見かけると『やりた~い!!』と猛烈アピール(笑)!
とんきち一人のためにお金を入れるのはもったいない!ということで、パパきちが楽しみ、その隣でとんきちは自分もやっているつもり・・・。
自分がメインではないことに気がついているようですが、それでも思いっきりバチを振り上げて叩きつける快感がたまらないみたい。

実は中学生から出産するまで吹奏楽で打楽器を続けていた私。
パパきちがバタバタと慌てふためく様子を見てかなりウズウズ。練習をつんでとんきちもリズムを刻む楽しさに目覚めるのかな~。
まだまだ達人への道は遠いとんきちの腕前。でも、子どもって伸びるのは早いから、パパきちが負かされる日は近い?!


のんたん 特訓中2
首あげ練習中ののんたん。もう一つ、のんたんが自主練習を積んでいることがあります。

それは『指しゃぶり』。
のんたん 特訓中2眠たいのに寝られないときはおしゃぶりをチュパチュパしているのんたんですが、最近はおしゃぶりが口にやってくるのを待てず自分の手を口に持っていくことがよくあります。
少しずつ自分の身体に興味を持ってきて、手を口に入れられることに気がついたのんたんですが、指しゃぶり初心者のため、狙った指が口に入ることはありません。それどころか、口に持っていくのは握りこぶし。
親指の付け根や口に触れたところを懸命にチュパチュパ。
もちろんそれでも上手く吸えないのでイライラするのんたん。口の周りをよだれでベタベタにしながらもだえるその姿はかなり笑えます。

とんきちも同じ事をしていたな~なんて少しずつ成長していくのんたんを見ています。
一本の指を器用にチュパチュパできるようになるのはいつのことやら・・・。それまでは怪しく響きわたる『チュパチュパ・・・』の音を楽しむことにします。


のんたん 特訓中
標準サイズで生まれたのんたんですが、その後の成長は標準以上で今はかなり大きめちゃんです。

うつ伏せの練習を・・・大きめベビーは同じ月齢のベビーに比べて身体がしっかりするのが早く、のんたんもかなり首がしっかりしてきました。
横抱きよりも立て抱きが好きだし、脇を支えてあげると喜んで屈伸運動をして立ちたがります。
でも、まず最初にできるようになるのは寝返り。そこで、最近はご機嫌な時間を狙ってうつ伏せの練習をしています。

うつ伏せに寝かせて、あごの下で両腕を組んでしばらくそのままに・・・。始めは『ふぎゃ~』とすぐつぶれてしまっていたのですが、何度も繰り返すうちに少しずつ首を動かせるようになってきました。ときどきは顔を上げようと頑張ってみたり・・・。
しっかり顔を上げられるようになるにはまだまだ時間がかかりそうですが、上を向いて寝てばかりだったのが少し違う視界が楽しめるので嬉しそう。でも! 短い間だけですけれどもね。気をつけないとお口からタラタラと・・・。


あらしのよるに
遅ればせながら、ようやく『あらしのよるに』を観ました。

絵本は少し怖い雰囲気が強く、とんきちは『みない!』の一点張りだったので、映画のほうをDVDを借りてきて楽しみました。
ちょうど、このお話が前々からとっても気になっていたママばあばと一緒に、昼下がりのひとときをとっておきのお話で楽しもうということに・・・。

絵本のイラストと比べると拍子抜けするくらい愛らしい表情の動物たち。でも、このお話はこれくらいかわいらしいイラストでないと小さな子どもたちは楽しめないでしょうね。
怖がりのとんきちは、楽しみにしていたお話ということだけあって、冒頭のお母さんヤギが襲われるシーンもグッと我慢して観ていたのですが、オオカミのガブとヤギのメイに危険が迫ってくると、少しずつソワソワ。そして、怖いオオカミ集団の描写が増えてくるともう観ていられないといった様子。
ちょっとジワッと涙があふれてきちゃいそうな・・・、そんな表情での鑑賞となりました。

私と母は、最初のメイとガブの背負っているリュックが気になって・・・。『どうやって結んだの?』『おにぎりと玉子焼きが入っていたらどうする?』に始まり、雪山の場面では『寒くても火はおこせないよね~』なんてバカみたいなことを言ってばかり・・・。
もちろん、種族を超えた動物愛の素晴らしさというものを実感して『いい話だったよね~』と感動したのですが、どうしてもこういうところが気になってしまうダメな奴です(笑)!

今日DVDを家で観てみて「やっぱりこのお話は映画館に行かなくてよかった!」ということが分かりました。暗い映画館・リアルな音響ではとんきちの気持ちがもたなかっただろうな~と。
映画デビューは『カーズ』で大成功でした! そうそう、あの映画以来とんきちは毎晩カーズの主人公『マックィーン』のトミカを握って寝ています。硬い車、夜中ゴチンと叩かれそうで怖いのですが、隣に寝るのはパパきち。今のところ被害はなさそうです(笑)!



パパきち力作 
パパきち力作

『あじさいまつり』で大野山で取れた木の実たちを使って作る工作コーナーがありました。

どんぐり・まつぼっくりなどのなじみのある木の実のほかにあけび・なんきんはぜなどのちょっと珍しいものもたくさん並んでいました。
100円を備え付けの竹筒に入れれば、どの木の実を使ってもよく、おまけに何作品作ってもいいというとっても楽しいもの。

町おこしのイベントなどでよく見かける光景なのですが、こんなにたくさんの木の実が並んでいるのを見たのは初めて。どんぐり・まつぼっくりなどが大好きなとんきちも目をキラキラさせていました。
もちろん工作にも挑戦しました。本当は私も楽しみたかったのですが、のんたんを抱っこしていたため断念。代わりに(?!)パパきちが頑張りました。

工作コーナーで・・・電動ドリル・のこぎり・ボンド・・・などの工具一式はすべて用意してあって、私たちは思い思いに作るだけ。
そして、パパきちはとんきちリクエストの『汽車』に挑戦。
試行錯誤を繰り返して出来上がったものは、コーナーの地元の方が『見本に置いて帰ってくれませんか?』とパパきちにお願いするほどの力作。
とんきちのリクエストで作ったものなのでお断りして、思い出として持ち帰りました。

暑い中約一時間かけての作業。楽しみで仕方のないとんきちは文句を言うことなく、待ち続けました。もちろん、とんきちも木の実をボンドでくっつけてなにやら製作していたのですが、持ち帰ることなくどこかへ置いてきちゃいましたけれども・・・。
大変だったのはのんたんと私。スリングに入れられたのんたんは山の上の涼しい風を受けて、眠ったり、ぐずったり・・・。首を長くして完成を待っていたのでした。


あじさい
あじさい・・・

雨が似合う花といえば『あじさい』。

子どもの頃、雨に濡れた大きな葉の上をゆっくりとお散歩するかたつむりを観察するのが大好きでした。
最近は、そんなのんびりした光景を見ることが少なくなった気がします。とは言っても、虫嫌いのとんきちと一緒ではなかなか楽しむことはできないのでしょうけれどもね(笑)!

阪神間で一番高い山『大野山』で行われている『あじさいまつり』へ家族でお出かけしてきました。
一番高い山といっても、車でかなり上まで上がるので山頂まで歩く距離はわずか。でも、そのわずかな山の斜面一面に咲き乱れるあじさいたちの姿は見事。
ちょうど、水色のあじさいたちが満開の時期でなんとも涼やかな風景。ところどころに見られるピンク・白・紫のあじさいは、水色の絵の具にポタッと違う色を落としたようでした。

あじさいまつり・・・

とんきちと一緒にあじさい一かたまりにはいくつの花があるのか数えてみたのですが、20までいったところで断念。二人で、たくさんの小さな花が集まっているんだね~とじっくり観察して楽しみました。
山頂からの眺めを楽しもうということで、斜面を上った私たち。距離はわずかでしたが、かなりの急斜面。水筒の入ったリュックを背負ったとんきちもふ~ふ~言いながら頑張り、一言。

『このやまはちょっときびしいわ~』

同じ年齢の子どもよりも少しだけ登山経験の豊富なとんきちならでは!ですね。でも、あまりの距離の短さにビックリ。『もっとのぼってみようよ』なんていってました。
あじさいを愛でるために出かけたのですが、とんきちは山登りがメインになったみたい。『花より・・・』ですね(笑)!


星に願いを・・・
星に願いを・・・


七夕の今日、やっぱり今年も・・・という声が聞こえてきそうな空模様。

一年に一度だけ大切な人に出会うことができるなんて、とっても素敵な日なのになかなかお天気に恵まれないですよね。
今までとんきちに七夕のお話しをしたことはなかったのですが、今年は絵本も読み、少しだけお星さまのお話をしました。まあ、どういう風に理解したかは?なのですが、お散歩などでもよく見かける笹飾りには興味津々。
ということで、恒例の行事もの工作をがんばりました。

今回はとんきちのお友だちと一緒に笹飾り作り。
でも、大好きなお友だちが家に来てくれているのにのんびり工作なんてしてられない!といった様子でチャチャッと済ませると再び電車遊びに戻ってしまいました。
あまり工作をしないというお友だちに合わせて、今回は私があらかじめ切っておいた折り紙をのりで貼り合せることを中心にしました。
色紙つなぎにたこ、そして星や天の川なんかをプラスしてとっても賑やかな笹飾りが完成しました。
手ごろなサイズの笹は、お友だちが庭先から持ってきてくれたもの。
こうやって色とりどりの飾りをつけるととっても雰囲気が出ていいものですね。

今夜はとんきち・のんたんと夜空を眺めようかな~と思ったのですが、遊び疲れたとんきちはお友だちと別れたあとから爆睡! 
夢の中でお星さまたちと楽しい時間をすごしてくれたかな。


あっという間・・・? まだ・・・? 2ヶ月
のんたん満2ヶ月

今月でのんたんは満2ヶ月になりました。

1歳までの12ヶ月って、毎月毎月めぐってくるお誕生した日が記念日ですよね。
とんきちもそうでしたが、のんたんも毎月の記念日には写真を撮ってお祝いしていこうと思います。毎月同じ日に写真を撮ると、1ヵ月の成長がよく分かって面白いのでおすすめ。プラスして、記念日なのでウチでは冠なんか頭にのせちゃいます。

のんたん満2ヶ月それから、市の新生児訪問(通常1ヶ月で保健士にきてもらうもの)をしていなかったので、満2ヶ月で来ていただきました。というのも、1ヶ月検診は出産した産院でしてもらえるので、あえて検診の合い間の今の時期にお願いしたんです。
検診の結果は、『健康で何も問題がありません。ただ一つ挙げるとすれば、おっぱいの飲みすぎかな~。』と。のんたんの顔を見た保健士さんはまず一言『おっきいな~』と。そして、裸にして『やっぱり!』と。
でも、私とのんたんの関係(おっぱいの需要と供給のバランスが上手くいかないこと)を伝えると『2人目だし大丈夫ね。ただ、かなり吐くわよ~。』と言われました。
言われたとおり、うつ伏せにしようと抱えられたら『ゲプッ!』と大きな音。そしてタラ~リ・・・と保健士さんのスカートへのんたんのお口からでたものが垂れちゃいました。本当にすみません!!っていう感じでしたよ(笑)!

何はともあれ、大きめ赤ちゃんは健康でとっても扱いやすいので母親としては安心です。ただ、レディーなのでとんきちと同じ道をたどるのはどうかと・・・。
今日から少しずつ授乳時間を減らしていこうと思います。もう十分大きいからちょっとくらい少なくしたって大丈夫だしね(笑)!


男の子だってピンクが好き!
男の子だってピンクが好き!

同じ年齢の男の子に比べると少し色が白く、顔立ちが中性的なとんきち。

生まれたときから女の子っぽい顔立ちだったことと、私たち両親が暖色系等(特に赤!)が好きだったので、ベビー服も女の子仕様の物が多くありました。
さすがにやんちゃ盛りになってくると、『あおがいい!』というとんきちの意見も出だしたので、少し路線変更してみたり・・・。

でも、基本的には赤色系統が好きなとんきち。先日楽しんだ映画『カーズ』の主人公マックイーンも赤だったことからますます赤への思いが強くなりつつあります。
そして、赤と同じくらい好きなのがピンク色。さすがにベビーの頃は親の意向で着せるのはダメなのかな~と思い、避けてきた色だったのですが、ここへきてとんきち自らセレクトすることが増えてきました。
なので、今年の夏はピンク色のトップスが3枚も仲間入りしました。本人もかなりのお気に入りで活躍度は高し!です。

男の子だから、女の子だから・・・という決まりきった思いを持つのは私自身好きではないので、このとんきちの好み、結構気に入っています。
おまけに、のんたんが大きくなったときに活躍してくれるの間違いなしだしね(笑)! でも、女顔のとんきちにたいして、クールビューティー路線をたどっているのんたん、どんなレディーになるのでしょう。『あおがいい!』なんていうのかな? ま、それも個性ですけれどもね~。


魚釣り Part2
魚釣り!?

以前、牛乳パックで作った魚釣り遊び。とんきちの再リクエストでまたまた作ってみました。

今回はトイレットペーパーの芯を使った工作。
まだカニ・ザリガニ・サカナ・タコの4種類だけなのでこれからもう少し仲間を増やそうかな~と。
とんきちが芯に色紙を巻きつけて身体を作り、私がその後の工程を担当。サンタクロース作りと同じ作業なのでとんきちは慣れたもの。

魚釣り!?  釣れた!!こうして、同じ作業を繰り返しするとどんどん器用になっていくのが分かって楽しいですね。とんきちも始めは指全部をのりだらけにしていたのが、今では指先だけちょっとベタッとする程度。とっても上手になったみたい。

完成した魚たちを青い袋に並べて魚釣りのスタート。
釣竿はパパきちのものをちょっと拝借してしまいました。やっぱりお箸で作った簡易釣竿よりもグッと雰囲気が出ますね。
釣り師とんきちも海へ繰り出す日を夢見て、鍛錬に余念がありません(笑)!


大興奮の一日
私の高校時代からの友人が3人の子どもたちを連れて遊びに来てくれました。

5歳の女の子・3歳の男の子・5ヶ月の女の子のママとなった友人、私も2児の母となったのですが、学生時代からよく知っている友人が母となり、お互いの子どもを一緒に遊ばせるのってなんだか不思議。
自分たちが他愛もない話をして盛り上がっているときは学生時代のノリ。でも、振り返ると狂ったようにおもちゃを散らかして大きな声で叫びながら遊んでいる子どもの姿。『私たちも歳をとったね~』なんてことばがでてしまいます。

当のとんきちは、久しぶりに会うお友だちに大喜びの大興奮。3歳の男の子はとんきちと同級生なのですが、とんきちよりも半年小さいので、とんきちはどうしてもお姉ちゃんと遊ぶことのほうが楽しいみたい。
年上のお友だちと遊ぶと、自分のやりたいこと・伝えたいことをしっかり分かってくれるので楽しいんでしょうね。同級生と遊ぶときとは違う満足感が得られたみたい。
ウチはマンションなので、あまりドタバタすると騒音が気になるので、何度も『もうちょっとゆっくり遊びなさ~い!!』なんていいましたが、ノリに乗っている子どもたちにそんなことばが通用するはずもなく、本当に申し訳ない状態でした。
外でエネルギーを発散させようと、公園行きを決めて片づけを頑張ったのに、突然の雷雨。そこでまたボルテージが上がり・・・。

本当に子どもたちのエネルギーって底をつくことがないですね。見ている私たちが思わずフ~ッとため息をついてしまうほど。
とっても濃い一日を過ごしたとんきちは、お友だちが帰った後、気がついたら夢の中。途中、『んふっ』なんて口元を緩めて笑っていました。きっと、お友だちと大ハッスルしている夢を見ていたんだろうな~。
私も仲良しのお友だちと久しぶりのゆっくりおしゃべりで楽しかった~! いい夢が見られそうだわ♪

そうそう、のんたんは大騒ぎの大盛り上がりの中、何もないかのようにグッスリおやすみでした。おまけに15時に授乳をした後、お風呂上りの22時まで欲しがらなかったんです。なんて親孝行な(笑)!


プリクラ
久しぶりにプリクラ体験してきました。

短大生の頃にはやりだしたプリクラ。何度か友だちと一緒に撮ったり、とんきちが生まれてから2~3回家族で撮ったのですが、どんどん進化していく機械についていけずすっかりご無沙汰していました。
のんたんが誕生して4人家族となったことだし、久しぶりに挑戦してみよう~と始めたのですが、やっぱり難しかったです!

もちろん、写真を撮ることは簡単に出来ました。とはいっても、背景も色々なものがあり、選択するのに一苦労。とんきちの意見を聞きながらタッチパネルを操作。画面右上でカウントダウンがすすんでいるのを見てしまい、一人あたふた・・・。
何パターンか撮影した後、脇のスペースで落書き。
これがまた難しいんですよね。楽しそうにワイワイ騒ぎながら落書きを楽しむ女の子たちを横目にあたふたする私たち。どれをどうしたらいいのかが分からないんです。
ダメですね。もっと最新のものに触れて、何でも楽しめるようにしなくては!

そうそう、物心ついて初めてのプリクラ体験をしたとんきちは、大喜びでした。シールが出てくるところにしゃがみこんでまだかまだかと覗き込み、出来上がったシールを見て『すご~い! こんなんできた!』と。たまにはこういった遊びもいいものですね。さあ、どこに貼ろうかな~(笑)!




Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。