FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
夏の旅行 ~Part.2 大山~
キャンプ場から・・・ 

キャンプ場 のんたん蒜山2日目。キャンプ場の早い朝、お陽さまが昇ると同時に活動開始の健康的な生活。朝食も夕べの残りのカレー・ゴハンを一緒に鍋でグツグツ・・・。即席カレーリゾット(?!)の出来上がり。


大山
バタバタと身の回りを片付けて、行動開始!
蒜山大山スカイラインを爽快に駆け抜けて、目指すは大山。途中、展望台で雄雄しい雄姿を眺めながら『すごいね~』と大喜びの山好きなとんきち。大きなザックを背負った人たちの姿を見て、『ぼくものぼりたいな~』なんて思っていたのかな?
山への思いを引きずりながら(?!)ドライブは続きます・・・。

濃厚なミルクソフトクリームを堪能。。。とんきち大山まきば みるくの里』では、とんきちご希望の牛の乳絞りを体験する予定だったのですが、搾乳は午後のみ・・・とのことで時間的に難しいので断念。しっかり下調べをしていたらよかったのですが、ここへきて突然『うしさんのおっぱいしぼりたいな~』なんてとんきちが言い出したので・・・。
きっと、蒜山で見たかわいらしいジャージー牛の姿を見て、『触れ合いたい!』の思いが湧いてきたんでしょうね。
代わりというわけではないのですが、ここでは濃厚なミルクソフトクリームを堪能。かなりの気温だったので、溶け出すソフトクリームを口に運ぶのが大変! とんきちと同じくらいの男の子は口の周りに立派な白ひげを作っていましたもの。
そして、少しだけ広場でパパきちと走り回って遊び、搾乳できずの残念な気持ちをやわらげることができたかな~。

搾乳は。。。残念! うしたち・・・

枡水高原』では、夏山の観光リフトに乗って山の中腹へ。
滅多に乗ることのないリフトに大喜びのとんきち。パパきちと並んで座る後ろ姿は心なしか大きく見えました。山好きなのでリフトに乗るだけ、という登山(?!)に少々物足りなさそうでしたが、下界よりも心地よい風を受けてしっかりリフレッシュできました。
私に抱かれたままののんたんは、景色を眺めるのに大忙し。小さな目を一生懸命見開いて周りを見回していました。何を思っているのかな~なんてキョロキョロするのんたんを眺める私、これはこれで幸せな時間ですね。

さあ、このあとは何をしようか~なんて思ったのですが、車に戻り走り出すとすぐに眠ってしまったとんきち。もちろんのんたんも・・・。
つづきを表示
スポンサーサイト







Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.