おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ビューラーでクルンッと♪
とんきちの目元この目元、誰だと思いますか~?

そう、もうお分かりですよね。とんきちです。
すごいまつげの量・長さだと思いませんか?
赤ちゃんのときからまつげが濃く、長かったのですが、4歳になる今、さらに密集度と長さがパワーアップしてきたような気が・・・。
こんなに濃いと視界が狭くなるのでは?と余計な心配までしている私ですが、やっぱり本音は『うらやましい~!!』です(笑)。

ウチの家族、まつげの長さランキング1位はもちろんとんきち。そして2位はパパきち。3位はのんたん・・・なんです。
もちろん、量はのんたんよりも私のほうがフサフサ(笑)ですけれども、長さは少しのんたんに負けているような気がするな~。
決して短いわけではないと思うのですが、ウチの男性陣は『男のくせに!』って感じなんです。悔しいけれども・・・。

とんきちのまつげを見ていると一度ビューラーで持ち上げてみたいな~と思うのですが、パパきち大反対!! 当のとんきちは、昔は『やる~』なんていっていましたが、お年頃の今では完全拒否!
対抗する私は、いつからかビューラーを握ることがなくなって、いつでもスッピン勝負! だって、一生懸命しても、一緒にいる2人のほうが決まっているんだもん(涙)。

のんたんが大きくなって、自分の目元と兄の目元を比べて『おにいちゃんばっかり!』なんていわなければいいのですが、なにせ、ウチの兄妹はなんだか逆転しているみたいなんですもの・・・。
そうはいっても、もちろんのんたんもかわいいですよ♪ どうぞ、親バカな私を笑ってください(笑)!
スポンサーサイト


食いしん坊 
食いしん坊・・・のんたんもうすぐ5ヶ月ののんたん。そろそろ離乳食を始めてもいい時期なのですが、作るとなると何かと大変なのでもう少し先に・・・とのんびり考えていました。

そんな私ですが、母からさつまいもをもらったのでお味噌汁を作るついでに、のんたんにも・・・と思い、煮干だしでたまねぎと一緒に軟らかく煮てみました。
やっぱりはじめは旬の味!という意気込みだけはあったので、ちょうどいいタイミングでもらったさつまいも。これを逃すのはもったいない!と・・・。
それに、初めて食べる味は甘いもののほうが抵抗なく食べられるかな~なんて、もうすでにぶどう・梨を味わっているのんたんにはピッタリですよね。

スプーンを近づけると『ん?!』といぶかしげな表情。そして、お得意の舌ベロベロでチェック(笑)!
ほんのちょっと舌先にペースト状のおいもが触れた途端、ビクッと体中を震わせて眉間にしわ・・・。
その後、恐る恐る舌をスプーンにチョンチョン当てるので、口にスプーンを入れ、舌の上においもをのせてみると、『なんだ! いけるじゃない!』というような表情。
それからがもう大変! おいもの甘さにはまったようで私が持つスプーンを握って自分の口に運ぼうとするし、自分から口を開けるし・・・。
とんきちが初めて食べたものはかぼちゃ。でも、のんたんのような食いつきの良さはなく、顔をしわくちゃにして、舌で押し出している量とどうにか口の中に入った量が同じくらいだったような気がするのですが、のんたんは強かった!! 全部食べたらもっと欲しい!と大泣きでちょっぴりお代わりまでしてしまいました。

それからは私が何かを口に入れているのを見たら、ジッとにらみつけ、スプーンを口元に持っていくと迷うことなく開けてくれます(笑)。
最近、食べる姿にかなり興味を持っていたし、よだれの量がグンと増えていたので、そろそろかな~と重い腰をヨイショッ!とがんばろうと思っていた私。
これはもう始めなければなりませんね。今までとんきち・パパきちに適当なものばかりを食べてもらっていたのですが、離乳食となるとやっぱりいろいろなものを取り入れないといけなくなるので、メニューを考えるのが一仕事。
何でもおいしくいただける秋。旬の味を上手に使って、好き嫌いのない何でもおいしく食べられる子になってもらわなければ!


萩の花
萩の花
秋になるとちょっとしたお散歩に出かけるだけで季節を感じさせる花たちに出会います。

鼻をくすぐるような甘い香りのきんもくせいに、枝をしならせてたくさんの小さなピンクの花をつけた萩にも出会います。
花好きな私の母、庭にどこからか摘んできた萩を植えつけて、立派な花を咲かせました。その花を嬉しそうに見せる母、『ん?!』どこかで見たことがある姿かたち・・・、そう思っていた私でしたが、そっくりさんの正体が分かりました。

『ひっつきむし』
ひっつきむしこのことば、聞いたことありませんか? 何も甘えん坊の子どものことを言っているのではなくって、野に咲く厄介な植物『ひっつきむし』です。
ひっつきむしにも色々な種類があって、この萩そっくりのひっつきむしの姿はまるでぺちゃんこのお豆さん。でも、ぺちゃんこだからこそ服に引っ付くとなかなか取れず、もう!!とイライラすることも・・・(笑)。

お散歩の出かけたときにこのひっつきむしがたくさん咲いていたので取って遊んでいた私。とんきち・のんたんにつけて大笑い! だって、とんきちは本当の虫だと思って半ベソで逃げ回るし、のんたんはさあ来い!といった感じでビクともしないし・・・。
今までひっつきむしにばかり目がいっていましたが、このお花、とっても萩に似ているんですよね。母に言ったら『やめてよ!』なんて言っていましたが・・・(笑)。

調べてみたら、やっぱり萩の仲間でした。
それも『盗人萩』なんていうネーミング。もう一方の大切にされることの多いは『秋の風情を感じさせる』『庭に一本はほしい』なんていわれていました。
盗人の由来を見て納得したのですが、なんとも古風なネーミングに吹き出してしまった私。
これからのお散歩でこのひっつきむしに出会ったときには『ひっつきむし見つけた!』とは言わず、『盗人萩見つけた!』なんて言おうかしら・・・(笑)!


重すぎたのね・・・
我が家のトイレが壊れました・・・。

といっても、通常の使用には全く問題がないので、日常生活で困ったことが起きた!ということではないのですが、かなり不便な毎日です。

壊れた箇所はふた。
オムツが外れて以来、しっかりおトイレのお世話になっているとんきち。
用を足すと、手を洗うためにふたの上に乗って便器と一体型の水道で手を洗っていました。オムツが外れてからだから、もう2年以上になります。
途中何度かやめさせて脇に台を置いていたのですが、癖になっていたのか、ふたの上に上ることがたびたび。

ウチのトイレは一般の家庭にあるのと同じタイプのウォシュレット型。
ふたはもちろん、便座にも立ち上がらない!ということは鉄則なのでしょうが、やってしまっていたために迎えた結末。
少し前から、ゆっくり閉まるはずの便座・ふたがオープン・クローズのみになっていました。そのため、トイレ掃除中に便器を磨く私のおでこやこめかみめがけて落下してくることも・・・。きれいに拭いた後だからいいものの、かなり痛いし、なんだか悲しくなっちゃいます。

そんな不便な日が続いていたのですが、いよいよ致命的なダメージが・・・。
それは、便器本体とふたをつないでいたちょうつがいの部分(プラスチック)がボキッと折れてしまったのです。ということは、ふたが外れちゃったということですね(笑)!
今では原因が自分だということを理解しているとんきちは、身長が伸びて床からでも洗えますが、『おもくなっちゃったからね・・・』と壊れたふたを眺めてつぶやいています。
笑ってしまいますが、これから我が家にやってきた友人には『ふた壊れてるから!』と言い続けなければいけないのかな~と思うとなんだか恥ずかしい! 
あっ、でも・・・、何もいわずにビックリさせるのも面白いかも!なんて、バカなことを考える前に早く修理しなさい!ですね(笑)。


食べ納め ~ぶどう~
2回目のぶどう狩り・・・今シーズン2回目のぶどう狩りに行ってきました。

前回はシーズン到来とともに行ってきたので、ぶどうの完熟度がイマイチ。甘いんだけれども、まだもうちょっと早いのかな~なんて感じでしたが、今回はジュワ~ッと甘いぶどうの果汁が口中に広がりましたよ!

土日に行けそうもなかったので、私の母を誘ってとんきち・のんたんと4人でのぶどう狩り。
のんたんを母に任せて、とんきちと競争するように食べてきました。
幼稚園に勤めていた頃から何度も出かけているぶどう狩りなので、目利きはなかなかのものですよ(笑)。
お隣に居合わせた家族連れ、3兄弟にご両親という家族だったのですが、そちらのお父さんに『おっ、あんなに大きなものもあるんやな~。どうやって選ぶんや?!』なんていわせちゃいました。


2回目のぶどう狩り・・・前回のぶどう狩りでぶどうデビューしたのんたん。ぶどうがかなりお気に入りのようで、すさまじい吸引力でぶどうの実に吸い付いていました。
『チュポン!』という音と同時に『キャッ!』という母の叫び声。
あまりの吸い付きに実が口の中に消えること数回。最後は退場となりました。ぶどうに未練たっぷりで泣き声をあげながら、連れられていくのんたんの姿はちょっと笑えました(笑)。
とんきちはそんなのんたんの姿をチラッと見ただけで黙々と食べ続けるし、私は次なる獲物を見定めているし・・・。
本当に母様さまでした。ありがとう!

まだまだ店頭にはおいしそうなぶどうの姿がたっくさん。
でも、もうおなかいっぱい!というくらい満喫した私たち。これで今年のあま~いぶどうはおしまいかな? ・・・そうはいかないでしょうね(笑)!


気をつけてね・・・
のんたんの痛い一日・・・のんたんの顔、唇の上が赤くなっているのが分かりますか?

実は今朝、のんたんをベビーシッターに寝かせたパパきちが、角度調節のため少しだけ傾けたところ、のんたんが上体を起こしてしまいそのまま床にダイブ!
もちろん手を出すことなんてできないので、そのまま顔で着地。
運良く(悪く)着地した場所はラグの上。ただ、そのラグがまだ夏物だったのでボコボコと凹凸があり、そこで擦りつけたので少しだけ擦過傷に・・・。
ジワッと血がにじみ、火のついたように泣きじゃくるのんたん。
すぐに保冷材を濡れタオルで包んで冷やしたのですが、痛さと驚きで動き回る上に冷やす場所がとっても狭いのでなかなかうまく冷えず、こんな風に赤くなってしまいました。

私よりもかなり慎重派のパパきち。まさか自分が大切なのんたんを飛ばしてしまうとは!と、かなり衝撃を受けていましたが、後ろ髪を引かれつつ出勤。出掛けに『ごめんね』とのんたんに声をかけていったのですが、またそれがまずかった!
私に抱かれて泣き止みかけていたのに、パパきちの顔を見た途端痛みを思い出したのかまた絶叫!
いつもはパパきちを見ると口を大きく開けて笑うのんたんですが、今回ばかりはそうはいかなかったみたい(笑)。

そのあと、お買い物に行くために家中をバタバタと走り回って用意する私を見ながら、『だっこして~』『ねむたいの~』と大泣き。
見かねたとんきちが起こして座らせてくれたのですが、支えが足りなかったようでそのまま後ろにゴロン!
今度は後頭部を床に打ち付けてしまったみたい。
最近、のんたんのことを抱っこする喜びに目覚めたとんきち。私が見ていないところでも挑戦しようとするので、心配していたときにやってしまいました。
高いところから落としてしまったのかと焦りましたが、座らせようと思ったら後ろにひっくり返った・・・というのでまずはホッと一安心。
とはいえ、2度も痛い目にあったのんたんの恐怖は相当なものだったみたい。ひきつけたみたいに泣き続けていました・・・。

全身を相手にゆだねて、信じきっているのんたん。
ついつい手を抜いて・・・なんてことをしていると大怪我をさせてしまいそうです。
とんきちはもちろん、私もパパきちもしっかり気をつけておかないと!
最近ののんたんは、『まるで水中?』と思うほど手足をばたつかせる元気っ子なので、思いもよらない怪我をさせてしまいそう。
慣れてきたときが一番心配。きっと、のんたんは声を大にして言いたいだろうな。

『きをつけてね!!!』



誕生日バトン
こんにちは! とんきちです。
きょうはおかあさんからバトンをぶつけられたので、うけとってみました。よんでみてね!
(読みにくいのでひらがな限定終了・・・)


【誕生日バトン】

①あなたの誕生日はいつですか?

5月2日
予定日から1週間遅れで、出されたみたいです。もう少し、のんびりしていたかったけれど、あれ以上大きくなっていたらおなかをジョキッとしていたかな?


②自分の誕生日、その日でよかったと思う?

よくないよ~!
5月5日はこどもの日。お友だちはこどもの日にもおもちゃ買ってもらえるのに、ぼくは誕生日とこどもの日が合体しているモン!


③理想の誕生日プレゼントは?

いっぱいいっぱいのプラレールとかっこいいNゲージとトーマスの電車とお料理とかできるものと・・・ 強制終了(byママきち)


④現実は?

ぼくのほしいものがちょっとで、あとはお母さんが選んだ服とか靴とか・・・(涙)


⑤今まで貰った誕生日プレゼントで思い出に残ってるものはありますか?

自転車! 大好きな赤色でヘルメットも赤なんだ! まだコマは付いているけれどもかっこいいよ~。


⑦人の誕生日は覚えている方?

知らない!
ぼくの誕生日も忘れちゃうし、お祝いはしてもらうものだよ!


⑧いつか誕生日プレゼントに恋人から歳の数だけの薔薇が欲しいですか?

いらないな~。
歳の数だけのお菓子ならいいかな~。でも、5個とか6個じゃ足りないよ!

 
⑨自分の誕生月の数だけ回してください(笑)

お母さんからぶつけられたバトン、おもちゃ箱に入れていたら、のんたんがお口に入れてベタベタにしちゃったの。
いっぱいよだれが付いて汚いからってお母さんが捨てちゃったからこれでおしまいです。
ごめんなさい!


次にぼくが登場するのはいつかな~。
あまりお母さんに好き勝手書かれると恥ずかしいので、ときどきチェックするかもしれないよ~。
おにいちゃんになったぼくとかわいいのんたんをこれからもよろしくお願いします♪


誕生日バトン
日常的の大の字さんからバトンをいただいたので、今回は私のことを・・・。


【誕生日バトン】

�あなたの誕生日はいつですか?

1月17日
阪神大震災にロサンゼルス大地震が起こった日。おまけに湾岸戦争のきっかけとなることが起こったのもこの日。ちょっと(かなり・・・)不吉な日なのでは・・・。
ちなみに予定日は1月2日でした。かなりの難産の末にお生まれになりました(笑)。


�自分の誕生日、その日でよかったと思う?

考えたことはないですね~。
クリスマス・お正月・誕生日と楽しいことが続いているので、嬉しかったのですが、反対に夏場はイベント無しでつまらない~なんて思ったことも・・・。


�理想の誕生日プレゼントは?

物としてもらわなくても、お祝いしようと思って!なんてサプライズのイベントがあるといいな~。
玄関の扉を開けるとクラッカーがパンッなんてね(笑)!


�現実は?

母となってからはな~んにも!
台所を預かる身としては、自分でサプライズを企画するわけにもいかず、一人でごちそうを作るのもイヤだし・・・。


�今まで貰った誕生日プレゼントで思い出に残ってるものはありますか?

阪神大震災の後、登校できる人だけが集まった高校の教室で、小学校時代からの仲良しの友人が『おめでとう!』とプレゼントを贈ってくれたこと。
被害のひどかった地域に住んでいるのに、忘れずに祝ってくれたことがとってもとっても嬉しかった~♪


�人の誕生日は覚えている方?

大体覚えているかな~。
数学や化学なんかは嫌いなんですが、丸暗記する歴史ものは好きなんです。語呂合わせで覚えちゃうタイプ。
誕生日に限らず、私が記念日を覚えていてもパパきちは忘れていそうなので、口にはしません(怒)!


�いつか誕生日プレゼントに恋人から歳の数だけの薔薇が欲しいですか?

憧れます!!!!!!!
でも、現実的に答えさせてもらうと・・・
切花だとすぐに枯れちゃうので、鉢植えのほうが嬉しいかな~。

 
�自分の誕生月の数だけ回してください(笑)

1人なんですよね~。
とっても選ぶのが難しいので、ここはとんきちくんにバトンを投げてみることにします。ちゃんと受け取ってくれるかな~(笑)。



子どものときはあんなに楽しみだった誕生日。
いつからか、祝ってもらうことがなくなっていたことに改めて気付かされて、悲しくなっちゃいましたよ~。
これからは、私が親にしてもらっていたように、今度はとんきち・のんたんに素敵な誕生日をおくってあげよう!
出産してから気付かされたこと。それは、誕生日は自分のお祝い以上に苦しい思いをして産んでくれた母に感謝しなければ!ということ。
気が付いてはいるんですが、なかなか誕生日に『ありがとう♪』とはいえないですよね~。



子どもの世界
短大時代の友人が子どもを連れて遊びに来てくれました。

今回やってきたのは2歳と7ヶ月の姉弟、6ヶ月の女の子。
とんきちは2歳の女の子と意気投合して大騒ぎ。前回遊んだときは人見知りでママにベッタリだったのですが、今日はとんきちのことを覚えていたのか初めから仲良し。何度かおもちゃの取り合いがあったみたいですが、もめることなく絶えずケラケラ笑い声をたてていました。
のんたんはベビーグループの中では一番のおチビさん。でも、一番どっしりと構えていたような・・・。
お座りができる男の子、ハイハイができる女の子、寝返りのできるのんたんと三者三様でしたが、三人集めると何かを感じるのかちょっとした関わりが持てて、見ているのがとっても楽しかったです。気を抜くと指があらぬほうへ飛んでいくので要注意なのですが・・・(笑)!

10月から6ヶ月ベビーのママは復職するので、こんな風にのんびり集まることができるのも当分先になるかな~。
かわいい盛りのベビーちゃんを保育所に預けて働きに出るのはとっても大変! 友人本人も『やめればよかった~』なんて言っています。
友人の勤務先は病院内の保育所。看護士さんたちのお子さんを預かるところです。

世間では働くお母さん方を助けるための保育所のサービスについて色々といわれていますが、お子さんを預かる側の保育士たちもそれぞれ子どもを持っているわけで、他人の子どもを見るために自分の子どもを他人に託す、というなんとも寂しい思いをしています。
実は、私が仕事をやめて主婦をしているのもそういったことがあったからです。

わが子が熱を出しても保育所の保育士に余裕がなければ休めないし、勤務先に連絡があってもなかなかお迎えにいけなかったり・・・。
何よりも大切なわが子を自分の手で守ることができず、他人のお子さんを我が子のようにかわいがることができるかな・・・ということを考えたときに?の気持ちがあったんです。
でも、友人の中にはしっかり割り切ってたくさんの子どもたちの母として毎日がんばっている人もいます。
『どう?』と聞くと、『寂しいけれども、その分休日に命いっぱい触れ合うよ~』と少しの間離れることによって愛おしさが倍増するみたい(笑)!

でも、保育所に通う子どもたちがかわいそうだなんて思ったことはありませんよ。
保育所という社会にでて、たくさんのお友だちと触れ合い、たくさんの保育士というお母さん(お父さん)に愛される子どもたちは、家に閉じ込められて『待って!』と私に言われ続けているとんきちよりも幸せでしょうね~。
そう思うと、日々の生活を反省するのですが、『のんたんがいるから・・・』とベビーのいる生活は忙しいという暗示にかかって、ついつい楽をしている私です・・・。反省!



~の秋   『読書』
先日、ジグソーパズルが好き・・・なんてお話しましたが、もう一つ最近ご無沙汰しているのが『読書』。

子どもの頃から本が好きで、そのせいで目が悪くなってしまったほど(それだけが原因ではありませんが・・・)、毎日の生活に欠かせないものだった本。
出産前は時間があると手にとって本の中へ飛んでいってしまっていた私ですが、とんきちが生まれてからは本当に遠い存在。
忙しい!なんていうのは言い訳で、読みたい気持ちよりも眠たい気持ちのほうが強かったんですけれどもね(笑)!

そんな私、久しぶりに一冊読みきれました。
浅田次郎の『天国までの100マイル』
以前、何かで紹介されていたのを目にしていた私。図書館でビビッときてしまい、借りてきました。
はじめはバタバタしてなかなか話の世界に入り込めなかったのですが、読み進めるうちにどんどんと・・・。
2児の母になってから読んだのがよかったみたい。なんともいえない優しい気持ちが心の中にほわ~んと残りました。

一冊読み終えるともう何でも読めちゃいそうな気がする単純な私。
次はSlo-Mo Life StyleのKOKOさんおすすめの平岩弓枝の『かわせみ』シリーズに挑戦してみたいな~。
読みました!の報告は、忘れた頃にやってきます・・・(笑)。


4ヶ月検診
タイトルどおり、今日はのんたんの4ヶ月検診でした。

何の問題もなく健やかに成長している我が家の姫君のんたん。
とんきちは4ヶ月のとき、9kgもの体重があったのですが、のんたんは7kgをきりました!
2ヶ月のときに保健士さんに『おっぱい飲ませすぎ!』を指摘されて以来、授乳時間を短くしてプチダイエットをしてきたので、『がんばって8kg前半かな~』と予想されていた体重よりもかなりスリムちゃんでした。

整形・内科と検査されても何も問題になることはなく、いつもどおりどっしりとした姿で先生たちの診察を受けているのんたんには少し頼もしさを感じました(笑)! 内科の先生には『脚が強いな~』と褒められ(?!)、上機嫌で脚を突っ張らせていましたもの・・・。

付き添いのとんきちは、のんたんがいろいろな検査をされるのをじっと観察。
大切な妹に何かあっては大変!と保健士さんたちの一挙手一投足を見つめるといった感じかな~。

こういった検診は待ち時間が長くて大変なのですが、今日は受付時間よりもかなり早く行ったため、受付番号は2番! おかげで待つことなく、次々スムーズにすすむことができてよかった~。
次回は1歳半検診。それまで何も公の検診がないので、毎月、市の乳児相談に行き、身体測定だけはしてもらうつもりです。


いつになったら・・・
4000ピースのパズルの前にとんきち趣味というようなほどでもないのですが、私はジクソーパズルが好きです。

結婚した当時は、仕事から帰りバタバタと家事を済ませた後、ホッと一息をつきながらパパきちと楽しんだ時期がありました。
妊娠中もやりだすと止まらず、ついつい夜更かししてしまうこともたびたび。

今まで挑戦した中で最大は4000ピース。
ちょっと思い違いでビックリするような大きさのものを買ってしまったのですが、買った以上やるしかない!と一念発起(?!)してがんばりました。
昼間は幼稚園で駆け回り、夜中はパズルに没頭・・・という毎日を経てようやく完成したのがこのパズル『ディズニー オールキャラクター ミュージアム』です。
あまりにも大きくてなかなか合わず、途中何度も挫折しかけたパパきち。ちょこちょこはまるので楽しくって病みつきになった私。
それ以来パズルをする余裕がなく、かなりご無沙汰です。今度、夜更かししてまでも!とがんばれるのはいつかな~。


バムとケロ
とんきちのお気に入りはケロちゃんが大活躍するこの『おかいもの』。バムとケロのおかいもの

これはとんきちの愛読書です。
初めて手にとったときからバムとケロの2人(2匹)のことが気に入り、『きょうはこれよんで~』と毎日のようにリクエストされてきました。
シリーズででているのですが、とんきちのお気に入りはケロちゃんが大活躍するこの『おかいもの』。

最近は1人で絵本を広げていることが多いのですが、ぶつぶつ言うとんきちのことばをじっくり聞いてみると、お話を暗記して1人朗読していました。
同じ絵本を繰り返し読むことが多いので、いつか1人で絵本を読んで楽しめたらな~と期待していただけにその姿を見たときには思わず『ヤッタ~!』とガッツポーズの私(笑)。

途中わからなくなり、脚色することも多いですが、お話をしっかり理解しているので無理のない程度。
『すごいね~』と大げさに驚くと、大喜びのとんきちは『よんだげる!』と私やパパきちに読み聞かせしてくれます。
初めてとんきちに絵本を読んでもらったパパきちは『すごいな~。ちゃんとわかってるんだ』なんて感動していましたもの。

小学生になると本読みの宿題なんていうものが出て、とんきちだけでなく聞く私もげっそりすることがあるのかな~なんて、ただ楽しむだけの絵本読みを満喫しながら先のことを思い描いた私です。


スクイッシュ
スクイッシュを食べる? のんたん興味のあるものに手を伸ばし、口に入れて・・・と赤ちゃんらしい行動をすることができるようになってきたのんたん。

おしゃぶりは敢え無く失敗に終わり、下唇吸いに夢中ですが、お気に入りのおもちゃもできました。
それがボーネルンドの『スクイッシュ』。
とんきちがベビーのときに友人に勧められて買ったものなのですが、とんきちに渡す時期が少し遅かったので、今ひとつ遊びきれなかったな~という思いがあります。

少しずつおもちゃに手を伸ばすのんたんの姿を見て、気の効く男とんきちが出してきてくれました。
リビングに飾ってあり、毎日のように目にしていたのに、その存在を意識していなかったので、危うくのんたんにも出しそびれるところでした。

今ではグズグズ言い始めたのんたんの視界にスクイッシュを差し出し、カラカラ・・・と音をさせると手を伸ばし、丸いボールの部分を懸命にチュパチュパ。
大人目線だとついついうっかり・・・ということがあるのですが、我が家には頼れるとんきちくんがいるので安心かな~(笑)。



鶏レバー
苦手な人の多い食材『レバー』。

私にとっても長い間苦手な食べ物トップ3に入るくらいの存在でした。
のんたんを妊娠中、ちょっと貧血気味ということを言われたと母に言ったところ、『レバーを食べなさい!』と半強制的に口に入れられ・・・。
するとアラ不思議、あんなに苦手だった食感が『いけるじゃない』という程度に。
おまけにとんきちは『もっとちょうだい!』と箸が止まらないほどの気に入りようでした。

レバーが苦手な理由は、焼いたときのあのパサパサとした食感がどうも口に合わなかったんです。
でも、母が作ってくれたのはしょうが・酒・しょうゆで甘辛く煮たもの。
思っていたような食感がなく、ギュッと味のしみたレバーがおいしく感じられたほど。

そんな鶏レバー。最近の大ヒットレシピは、平日の朝放送している『はなまるマーケット』で紹介されていた『鶏レバーニラ炒め』。
ニラやもやしをたくさん入れて野菜ももりもり! 紹介されていた方法でレバーを焼くとなんだかふっくらするみたいで、箸が止まりません。

昨日の夕食は『鶏レバーニラ炒め』と『ニラもやし炒め』の2本立て。
そうです、パパきちはレバーが苦手。だから今まで我が家ではレバーはNG食材だったんです。
でもね、あまりにもとんきちと私がおいしそうに食べるので、一口挑戦していました。レバーはちょっと難しそうなので、口に入れたのはハートの部分。
『あ、普通のお肉・・・』という感想だったのですが、それ以上は挑戦せず。
パパきちはまだまだ修行が必要ね・・・(笑)!

とってもおいしかった炒め物。おいしい写真・・・、と思っていたのですが、気が付いたときにはもうすでに私のおなかの中に・・・。


迷カメラマン
迷カメラマン・・・とんきち写真撮影が大好きなとんきち。

今までは撮られることが好きだったのですが、最近はカメラマン志望。
先日も紹介しましたが、私のデジカメをこっそり使ってあらぬものを被写体にパチリ!と繰り返しています。

今日もお昼寝起きののんたんがグルリと寝返りを打ち、首をキュッと持
ち上げていたのを見て、
『おかあさん、のんたんがおきてすぐなのにがんばってひっくりかえったよ。それで、キュッとくびがあがってるの。はやくしゃしんとらなきゃ!』
と、大慌てでやってきました。
ちょうどカメラを使っていたので、とんきち専用のパパきちお古携帯を渡し、
『これでとったらいいよ!』
と勧めると
『アッ! これもつかったらいいわ~』
と、私の携帯まで握って駆け出しました。


迷カメラマン・・・とんきちこれはおもしろい!と様子を見に行くとこんなに面白い光景が・・・。
愛しい妹を懸命に撮る兄。苦しくて苦しくて助けてほしい哀れな妹。ついでに、クククッと笑いをこらえてのぞき見する母。
仕事をがんばっているパパきちには悪いのですが、とんきち・のんたんとの昼間、こんな時間をすごしています(笑)!


泣き姫
涼しくなってきたな~と思ったら、我が家では例のあの育児グッズが大活躍です。

それは『スリング』。
夏の暑い間は抱くほうも抱かれるほうも密着して布にくるまれるのでかなり汗まみれ。お父さんも使える!なんていうのが売りですが、暑い日差しの下、汗かきのパパきちが使うともう大変なことになってしまい、スリング=私が夏のお決まりでした。
お出かけには必ず持参していましたが、何とかベビーカーで過ごしてくれたので活躍することはほとんどなかったのですが、ここ数日は・・・。

お昼寝(まだまだ一日中寝ていますが・・・)の儀式は、横抱きで♪あめふりくまのこ♪が定番だったのんたん。ちょっとぐずることはあっても5分あれば寝かせられたのに、最近は違います。
絶対に寝ないんです。身をよじって号泣、絶叫の嵐。眠いはずなのに横抱きがイヤで縦抱きにしてほしいみたいですごい声と大粒の涙で抵抗します。
気分転換にちょっと立たせてあげるとニマ~と満面笑み。ちょっといい気分?!とベッドに寝かすとまたまた悶絶・・・。

結局ここで登場するのがスリングです。
スリングのピンクの布を見るとなんだかホッとするようで、泣き止みじっと私が用意するのを見ることもあるほど。
そして、密着抱っこで背中トントン、軽くユラユラ・・・。5分、いや3分でオヤスミです。
簡単に寝てくれるからすぐに出せばいいのですが、できれば抱っこですんなり寝てほしいなと思うんです。
スリングはラクチンなのでついついやり続けてしまい、外した後は肩から背中にかけての筋が・・・。

本当に子育てって体力勝負ですよね~。
体力自慢の私でもちょっとグッタリしてしまう、今日この頃です(涙)!


ラクチンしちゃった~
実は私、月・火と二日間実家でお泊りしてきていました。

実家近くに友人がいるので、遊びに行きがてら実家にお泊りしようかな~なんて甘い考えのあった私。
そんな私に『いいよ。いっておいで~』と送り出してくれたパパきちに甘えてラクチンな二日間を過ごしてきました。

久しぶりに味わうおふくろの味。私も料理は嫌いじゃないのですが、なんでもマメにこなす母親、『しっかり野菜も食べないと!』なんていいながら色々と作ってくれました。
のんたんを妊娠中に食べられるようになったレバーをレバニラ炒めにしたり、旬の秋刀魚をお刺身にしたり、母と私の大好物『いかの塩辛』なんていうものもありました。

火曜日には友人宅にお邪魔して、私は久しぶりにおしゃべりを楽しみ、とんきちは2学年上のお姉ちゃんと大はしゃぎ、のんたんは3ヶ月お姉ちゃんのベビーちゃんと交信?!
3人のママの友人は高校時代からの友だち。肩肘張らない・・・というのはこういう仲なのかな~。気を使わず、日ごろの愚痴を聞いたり、ぶつけたり・・・。よく笑ってホッペが痛くなっちゃいました。

夜にはお気に入りの温泉に出かけ、とんきち・のんたんとも広い湯船を満喫。
いっぱい遊んでグッタリ気持ちいい疲れのとんきちは、食事が終わるとすぐにオヤスミ・・・。の予定が、タイミング悪く?!帰ってきた父とひと遊び。
かなり疲れたようで、今朝はゆっくり遅くまで夢の中でした。
のんたんは・・・。朝早くから『ヴ~ガ~』となにやらうなりだして、私の安眠を妨げてくれました(笑)。
でもね、のんたんはかなり成長したんです! 目の前のおもちゃに自分から手を出すようになったし、自分で思いのままに寝返りが打てるようになったんです。ただ、元に戻れず絶叫しますけれども・・・。

羽を伸ばしすぎた2泊3日。いただいたコメントにお返事することができず、かなりほったらかしになってしまったり、遊びに行くこともできていません。ごめんなさい・・・。
明日からはまたがんばって主婦しますね~! 
皆さんのところへもお邪魔します♪ 楽しみだな~。

そうそう、最後にとんきちの泣かせる一言を・・・。
『もう、おうちにかえりたくなってきちゃったな~。おとうさんのいるおうちに・・・。おとうさんにあいたくなってきちゃった~』


女の子の醍醐味
即席髪留めを・・・ のんたんみなさんご存知のとおり、のんたんは女の子です。

そう、のんたんは女の子なのですが、男の子でありながら中性的な顔立ちで生まれてきたとんきちのベビーの頃に比べるとちょっと涼やかな顔立ち。
おまけに誰に似たのか、少し癖のある髪の毛のため、前髪がクリクリっとなってしまうと・・・。
もちろん、親の私から見たらとってもかわいいんです。モシャモシャの髪の毛もクリクリに見えてしまうほどね(笑)。

そんなのんたんを一目で女の子に見えるように!ということで、髪の毛を留めることにしました。
まだまだ薄毛ちゃんなので、ゴムやパッチンピンを使うことは無理。
ベビー用品のお店で見かけたマジックテープの髪留めを真似て、作ってみました。
マジックテープの表面にビーズを縫い付けて、即席髪留めの出来上がり。

髪をキュッと止めるとアラ不思議!
いつもののんたんがとっても女の子に見えちゃいます。
これなら、道で声をかけられても『女の子かしら~?』と言われることはないかな。
これぞ、女の子育児の醍醐味ですね。早くもっともっと髪の毛が生えてこないかな~♪


バンボベビーソファ
バンボベビーソファに座って・・・4ヶ月になったのんたんとんきちのお古を大活躍させている毎日ですが、のんたん用に新たに購入したものもチラホラ・・・。

もうすでに大活躍のスリングに続き、先日悩んだ末に購入したものがこの『バンボベビーソファ』。

我が家は食事はテーブルでするので、みんな椅子に座っています。そうなると困ってしまうのが腰の座っていないのんたんの居場所。
テーブルの上にベビーシッターを乗せてユラユラさせたり、はたまた床において足でユラユラさせたりしていたのですが、テーブル上ではペンダント型のライトが暑いし、床置きだとみんなの顔が見えないのですぐにグズグズ・・・。

何かいい方法はないものかと考えていたときに、ベビーグッズの店で見かけたのがこのソファ。
高さがないのでテーブル上においても照明まで距離があって暑くないし、椅子の上に置いたらみんなの顔が見えるし・・・。
そして何よりも気に入ったのが、お風呂に持って入れるということ。
これなら、私ととんきちが体を洗う間、1人で座って待てるかなと。
まだ、お風呂では使っていませんが、とんきちがプラレールで遊ぶ様子をソファに座って興味深そうに眺めるのんたんを見ていると、ちょっと期待大です(笑)。


この写真は、4ヶ月になったのんたんのお祝い写真です。
『おうさまのんたん』と呼ぶとんきち。のんたんは女の子なのでお姫様にしてほしいんだけれどな~。


大阪の味 ~いか焼き~
大阪の味 ~いか焼き~関西=粉もん

こういわれてまず思いつくのが、たこ焼き・お好み焼きでしょうね。
でも、もっと手軽に楽しめる子どものおやつにピッタリの粉もんがあります。

それは『いか焼き』。
なかでも、大阪梅田にある阪神百貨店のいか焼きは行列ができることで有名です。いつ訪れても長い列ができていて、買うのをちょっと考えてしまうほど。

昨日、みんなでお食事に行く前に開店直後の阪神百貨店に行くことができたので、朝食抜きできた私たち(とんきち別行動!)は久しぶりに懐かしい味を堪能しました。
いか焼きには、『いか焼き』『デラバン』『和風デラ』の3種類があります。シンプルないか焼きに卵を加えたデラバン、さらにネギ入りのしょうゆ味の和風デラ。パパきちと2人で3種類とも味わいました。

パクつく私たちをじっと見つめるのんたん。そんな視線を感じつつ、知らん顔をして食べる私たち。
いつもはとんきちが一緒なので、立ち食いのスナックパークはちょっと敬遠するのですが、今日だけは特別に!

こういったお手軽フードの多い関西グルメ。
B級グルメなんていわれるものもあるのでしょうが、パクッとかぶりつけるホッとする味っていいですよね~。
おまけに値段も200円前後。これなら子どものお小遣いでも(パパきちでもOK!)楽しめますよね~!


懐かしい顔
九州からパパばあばの兄・妹夫婦ががやってきました。

今回の来阪は、関西に住むパパきちのいとこの結婚式に列席するため。
夕方からの式、私たちは列席しなかったのですが、のんたんのお披露目を兼ねて、お昼の食事を一緒にいただいてきました。

私たち両親とは別行動で、じいじ・ばあばと一緒に飛行場まで迎えに行ったとんきち。
初めて会うおじちゃま・おばちゃまにもしっかりご挨拶をしてすっかり馴染んだようで、『きゅうしゅうからひこうきにのってきたおともだち』と、合流した私たちに紹介してくれました。

夕方からの式でごちそうをいただく皆さんでしたが、パパばあばのおもてなしでお昼からおなかいっぱい!
もちろん、私たちもしっかり便乗していただいちゃいました。
のんたんもたくさんの人に抱っこしてもらって、ご機嫌。途中お昼寝もしっかりして、グズグズするところも見せず・・・。
とんきちは、大好きなにいに(パパ弟)がいたことで大興奮。奇声を上げてはしゃいでいました。

食事のあと、お別れしてお買い物をした私たち。
夕食を済ませて自宅に着いたのは21時過ぎだったのですが、パパばあばからお呼び出しがかかり、花嫁の実家に顔を出すことに。
九州からやってきた皆さんは今晩こちらにお泊りするということで、皆さん大集合。
仲良しのパパきちファミリーは深夜に懐かしい話で盛り上がり、楽しいひととき。
とんきち・のんたんは2階の部屋を借りてオヤスミ・・・。
さようならをして、自宅に帰りついたのは2時前でした・・・。
長い長い一日、楽しかったのですが、やっぱり疲れた~。


甘えたいな・・・
兄になって4ヶ月がたち、『お兄ちゃんだね~』という周りの人のことばに慣れてきたとんきち。

家で過ごしていても、泣いているのんたんを見てベビーシッターをさりげなく揺らしたり、上半身を起こしてあげてゲップを出させてあげる、なんていうお兄ちゃんらしい姿を目にします。

そんなとんきちですが、やっぱり、まだまだ甘えたい、何かをやってほしいという気持ちを隠しているみたい。
お風呂上りの着替えで、下着のシャツをパジャマのズボンにしっかり入れることができるとんきちが、めずらしく『シャツいれて~』とやってきました。
『ハイハイ・・・』と返事をしながら振り返ると、私のほうへ歩きながら一度自分で上手に入れたシャツを引っ張り出しているとんきちの姿が!
思わず、『えっ?!』ととんきちの顔を見つめてしまいました。
『上手に入っているじゃない~』という私に『だって、いれてほしいもん・・・』と答えるとんきち。

ときどき、のんたんよりも自分を優先して!というオーラを発するとんきちですが、こんな風に頭を使って私の手をとろうとするとは・・・(笑)!
あからさまに『あまえたい』ということを言うわけではないので、ついつい兄という役を演じさせてばかりですが、まだまだ4歳の子ども、これからはもう少しとんきちの甘えを受け止めてあげないと・・・。
いつもこう思うのですが、なかなか聞き分けのいいとんきち。ついつい、後回しになっちゃうんですよね。ごめんね~と思うのはいつもとんきちが寝てから・・・。反省ですね。


切れ味は・・・?
マイ包丁で・・・カレーライスマイ包丁を手に入れたとんきち。

『なにか、きりたい!』というちょっと危ない願望があるので、一緒にお料理。

今日のメニューはカレーライス。
とんきちにはたまねぎ・にんじん・じゃがいも・なすを切ってもらいました。
そのままでは固いにんじん・じゃがいもは下茹でをして、とんきちの手でも簡単に切られるようにして、準備万端。

サラダだとどんな大きさに切ってもいいのですが、今からグツグツ煮込むカレー、あまり具を小さく切ってしまうと溶けて原型がなくなってしまうので、一緒に切りました。
にんじんをコロコロ転がして乱切りを初体験。たまねぎにはまた泣かされ、じゃがいもは包丁にくっつくのでちょっと手間どり、なすは皮があるので固くって切りにくいんだ・・・といろいろなことを知りました。

炒めて煮ることは私の担当。
本当にちょこっとだけの体験ですが、当のとんきちは大満足で、帰宅したパパきちに胸を張って報告!
自分で作った(?!)カレーはとってもおいしかったようで、いつもはゴハン食いのとんきちもしっかりルーを堪能していました。
パパきちも『おいしいね~』と大げさなくらいに喜んでくれたので嬉しさ倍増!
さあ、次は何をしてもらおうかな~。


ぷるるん♪ ~ぶどうゼリー~
ぶどうゼリー!先日のぶどう狩りで獲ってきたぶどう。

もちろん、生のまま食べても十分おいしいのですが、ちょっと手を加えてかわいらしくゼリーにしました。
なんていいましたが、ぶどうジュースでゼリーを作り、果実をポトンッと落としただけ。
あまりにも簡単で味気ないので、ミルクゼリーを上にのせてみました。

なんだか最近グッと涼しくなってきたので、こんな涼しげなデザートはちょっと寒々しい気もするのですが、やっぱりこのぷるぷる感は大好き♪
ただね~、2層にしたミルクゼリーが気に入らないとんきちは『いらない!』と。牛乳大好きなとんきちなのに、プリンもイヤ、ゼリーもイヤ。手を加えることが気に入らないみたい。
そういえば、お昼ゴハンも『しろいごはんだけ! おかずもふりかけもいらない!』が定番だったわね・・・。


ノンタンのように・・・
とんきちと絵本を楽しむまで手にとろうとしなかったおはなし。

それはキヨノサチコさんの『ノンタン』シリーズです。
何がどうイヤだったということはないのですが、幼稚園に勤めていたので、ちょっと幼い子向けだったこのシリーズには目がいかなかったのです。
でも、とんきちと一緒にいろいろな絵本と出会い、自分好みの絵本ばかりでなく、ちょっと冒険することも増えるにつれて、自然とこのノンタンワールドにもはまっていきました。

今日の朝日新聞の朝刊にこのノンタンのことが載っていました。
何も得ることのないお話の内容に出版当時は批判の声があったようですが、今も新刊が出され、多くの人に読み継がれているには大きくうなづける理由があったのです。
わんぱくでいたずらっ子なノンタン。友だちに意地悪をすることもあるし、わがままばかり言って一人ぼっちになることもあるけれども、やっぱり友だちと一緒にいるのが楽しい。
そんな子どもらしい子どもの姿を持つノンタンはたくさんの子どもたちの共感を得るのでしょうね。

私もこのお話を通して、いい子である必要はなく、子どもらしくハチャメチャでも素直に楽しく毎日を過ごすことが一番大切なんだなと教えられました。
我が家ののんたんはこんなノンタンの姿を見て、とんきちと一緒に『あかちゃんはノンタンっていう名前がいいね~』なんていうところからきています。
もちろん、ノンタンというキャラクターだけでなく、きちんとした想いも込めていますけれども・・・(笑)!

現代の子育ては、こんなノンタンのような普通の、当たり前の子どもの姿を見ることが少なくなってきているような・・・。
なんていう私もとんきちに対して、希望はノンタンのようにと思いつつ、口うるさく接してノンタン化しようとするとんきちのストッパー役になっているんだろうな。
ノンタンのように天真爛漫な子どもたちがいても眉をひそめないでいい、そんな子育てのあり方、憧れます。

とんきちと楽しんだノンタンシリーズ・・・
つづきを表示


4ヶ月
今日はのんたんの4回目の誕生日。

とんきち & のんたんとはいっても、4歳になったのではなく、4ヶ月になったのです。
1歳までの12ヶ月間は目を見張るほどの成長。生まれたときはくたくたの赤ん坊だったのに、首が座り、身体つきが立派になり・・・。

のんたんは今まさに寝返りの練習中。
寝ぼけたときなんかはぐるっときれいにうつ伏せになれ、のんたん自身が『あれ? なんだかちがうぞ~』といった表情。
どんどん回りに目がいくようになり、気になったものには手を伸ばそうとしたりすることも・・・。

すくすくと成長するのんたん。毎日新しいことができるようになるので見守る私も楽しみが多いのですが、最近ののんたんはちょっと困ったちゃん。
かなりの甘えんぼちゃんなんです。眠たいときはもちろん、退屈になると抱っこしてほしくて甘え泣き。
しばらく放っておかれると火のついたように泣き、目の周りがまっかっか。お相手をする私は肩・腰が悲鳴を上げて青ざめてしまいます。

そんなときにとんきちとのんたんが二人並んで仲良くしているのを見ると疲れがどこかへ・・・。
思わず微笑んでしまうそんな光景。今だけだから・・・とちょっとグッタリした身体に鞭打って、また明日からのんたんと仲良くしていかなくっちゃ(笑)!


photo by とんきち
photo by とんきち   レゴの飛行機私の携帯電話で写真撮影の腕を磨いたとんきち。

携帯電話での撮影では物足りなくなり、最近では私の大切なデジカメを使う面白さに目覚めちゃいました。
気に入った被写体を見つけると、『あっ、ちょっとしゃしんとるからカメラかして~』なんて一人前の口調で私のカメラに手を伸ばします。

携帯と違って『ごめ~ん 落としちゃった!』が笑い事ではすまないので、ストラップに腕を通すことが絶対のお約束。
もちろん、私の許しを得てからでないと使うことは出来ません。


photo by とんきち   のんたんそんな厳しい(?!)条件をクリアして、撮影された写真の中には『とんきちが撮ったの?』とビックリするようなものも・・・。
お気に入りのモデルさんはもちろん、のんたん。そして、自分の大切なおもちゃたち、レゴの飛行機・プラレールなどなど・・・。
自分で納得いくものが撮れたときには『けさないでね~』なんて私に念押しまでします。

でもね、とんきちくん。
おっぱいをしているのんたんをお母さんと一緒に撮るのはやめてね。
あと、お母さんを撮るときには一声かけてちょうだい。やっぱりそれなりに準備が必要だから・・・(笑)!


やっぱり幸水でしょ~
幸水という種類の梨
昨日食欲の秋を堪能した私たちですが、今日また旬の味を口にすることができました。

福島に住む私の祖母から梨が届きました。
幸水という種類の梨で、水分の多いとってもとっても甘い梨。
例年よりもかなり小ぶりではありましたが、いつもどおりのおいしさに大満足。

とんきちも『はやくかきたべよう~』とちょっと?ですが、食べたくて催促し続けていました。
がぶっと噛むと口元・フォークに甘い果汁がじゅわ~っと垂れてきちゃうくらいの水分量。
あまりのおいしさに感動しっぱなしの私。『ほんとうにおいしいな~』と静かに堪能するパパきち。何もいわずパクパクと手を伸ばし続けるとんきち。残念ながらオヤスミ中で梨デビューは果たせなかったのんたん。
三者三様の食べっぷりでしたが、旬の味をしっかり堪能させてもらいました。

幸水って何?とお思いの方、一度お試しください。
あっ、でもこれは福島の味だからおいしいのかな~。私にとって懐かしい心安らぐ味です(笑)。
季節ごとにおいしい味と優しい思いを届けてくれるおばあちゃん、ありがとう~♪
旬の味を着々と堪能している我が家。第3弾はなんだろうな~(誰に催促しているんでしょうね~)!


ぶどう狩り
ぶどう狩り
9月に入り、夏の暑さも少しは落ち着いたような涼しい風が吹いていますね。

夏が終わると、次にやってくるのは秋。
そうです。食欲の秋です(笑)!

早速、家族そろってぶどう狩りに出かけてきました。
ぶどう好きのとんきち。そしてとんきち以上にぶどう好きな私は、朝食を抜いて食べる気満々!
ぶどう畑に到着するとすぐに、2人でたわわに実るぶどうの品定め。私のおいしいセンサーが反応したぶどうを摘んで、さぁ、いただきま~す!

ぶどう狩り
つづきを表示




Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。