FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
箱入り妹
レゴブロックの箱に入った(入れられた)のんたんご機嫌のいいときには、とんきちとふたりでキャッキャッと笑い声を上げて一緒に過ごすことができるようになってきたのんたん。

今日もとんきちが電車やレゴブロックで遊ぶのをそばで見ながら、おもちゃに一生懸命手を伸ばして、次々に口に運んではお味見。
そんなのんたんを見ながら、とんきちは自分の遊びに集中・・・できるわけもなく、のんたんを笑わせようとおどけてみたり、抱えて少しお引越しさせたり・・・。

台所にいた私、視界からふたりの姿が見えなくなったな~と思っていたら、『おかあさん、みてみてみて~!!』と嬉しそうなとんきちの声。
ズルズルズル・・・と何かを引きずる音とともに登場したのがレゴブロックの箱に入った(入れられた)のんたんと満面笑みで後ろから押すとんきち。
『いいかんじでしょ~』とすっぽりおさまったのんたんの姿に大喜びのとんきち。当ののんたんもとんきち・私が笑っているのを見てなんだか嬉しくなってニコニコ。

とんきちのことが大好きで一緒に遊ぶのが楽しい(と思うのですが・・・)のんたん、ようやく相手になるくらいまで大きくなったのんたんと過ごすのが楽しくてたまらないとんきち。
兄妹っていいな♪と思う瞬間が多いこのごろです。
兄の愛情を一身に受けてすくすくと育つのんたんはまさに『箱入り妹』です。もちろん、パパきちからの愛も一身に・・・そのときは『箱入り娘』(笑)!。

スポンサーサイト







Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.