FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
ベストカップル♪
ベストカップルいよいよ今日で今年2006年も終わり。

今年一年、みなさんはどんな一年をすごされましたか。
我が家はご存知の通り、のんたん誕生というとても大きなイベントがあり、今まではとんきちひとりっこの3人家族だった我が家もにぎやかになり、あふれんばかりの笑顔で過ごすことができました。

のんたん誕生前は、4歳になるまで何でも自分中心の世界に生きてきたとんきちがのんたんをうまく受け入れることができるのかな~という不安もありましたが、今となってはその不安も本当に無駄に、必要のないことだったな~と笑ってしまうほど。
どんどん大きくなる私のおなかをいとおしそうに触り、小さな手でメガホンを作って話しかけてくれたとんきち。身体中が痛くてなかなか相手もしてあげられなかったのですが、毎晩マッサージもしてくれました。
そして、待望ののんたん誕生の瞬間は、眠っていたところをママばあばにたたき起こされて、生まれたてののんたんの姿をしっかり目に焼き付け・・・。数日離れて過ごしたことでなんだか照れ屋さんになってしまったことが懐かしいです。

のんたんが誕生してからは、それまで以上にとんきちは我慢の日々。本当によく泣き、抱っこちゃんののんたんに振り回されっぱなしの私を見て、『~したい!』をグッとこらえていたんだろうな。
でも、自分の自由を邪魔する存在であるのんたんを疎ましく思うことはなく、本当にかわいがり、いつでも甘い声で『のんたん! のん♪』なんてお話をしてくれています。
そんなとんきちの愛情をいっぱい受けているのんたんはやっぱりおにいちゃん大スキ! 寝起きは私の抱っこがいいけれども、ご機嫌のいいときにはとんきちとふたりケラケラ楽しそうな笑い声を上げています。

のんたんにラブラブなとんきち。おにいちゃん大スキなのんたん。
このベストカップルが来年も大きく成長し、楽しく素敵な時を我が家に運んでくれますように♪

スポンサーサイト







Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.