FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
初めての感触
のんたんも久しぶりの公園・・・春のような陽気でポカポカと暖かな一日。

昨日小児科で経過良好のことばをいただけたのでとんきち・のんたんと公園へ行きました。
お弁当を持っていこう!ととんきちと約束していたのですが、タイミングよく仲良しのお友だちから『公園へ行こう!』のお誘いが・・・。
さすがに『お弁当持って行こう~』と急なお願いはできないので、とんきちにはごめんね・・・と。とんきちの反応はもちろん『いいよ!』でした。だって、大好きなお友だちと遊べるんだもの(笑)。

でも、そこからが大変!
予定ではのんたんのお昼の離乳食を食べさせてから、お弁当を公園で食べてのんびり遊ぼう~だったのですが、お誘いが10時!
慌てて夕食を作って、2回目の洗濯物を干して、お寝ぼうのとんきちの身支度をして・・・なんてしていたらのんたんのネムネム度が最高潮に!
見ているのが哀れになるくらい涙を流して私の足にすがって泣くのんたん。どうにか目処がついてからスリングに入れると即オヤスミ。
さあ、出発!というところでとんきちが『う○ち~』と。のんたんをソ~ッとベビーカーに寝かせてとんきち待ち。『でた~』の大きな声でのんたんお目覚め・・・。
なんとも嵐のような数十分間でした(笑)。

公園では久しぶりに会うお友だちと大興奮のとんきち。
のんたんも久しぶりの公園、まぶしいお陽さまの光と頬に当たる暖かい風を受けてなんだか嬉しそう♪
ベンチにつかまらせて伝え歩きをしていたのですが、どうしても遊びが物足りなくなってしまい、ちょこっとだけ砂地に座らせてみました。
初めて触る砂の感触にニヤリ(笑)。爪を立てて砂を掘っていました。どうも砂をグッと握りたかったみたいなのですが、うまくつかむことができずお決まりの『アブ~』。

楽しんでいたのもつかの間、だんだんと退屈と空腹で不機嫌に・・・。
どうにかとんきちとお友だちも帰る気持ちになり、泣き叫ぶのんたんを連れての帰宅。は~疲れた!
でも、今日はこれだけでは終わりませんでした(笑)。

つづきを表示
スポンサーサイト







Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.