FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
恐るべしのんたん・・・
最近ののんたん、強すぎるんです・・・(苦笑)。

前々から『この子はちょっと一癖あるかも・・・』なんて笑い話にしていましたが、最近はちょっと笑えないことも・・・。
このブログをよく見てくださっている方はもうご存知だと思いますが、兄とんきちは稀に見る(?!)いい子ちゃんのベビー期を過ごしてきました。ひとりあそびが上手で、夜泣きゼロ、穏やかな性格で人当たりのいい癒し系・・・と親からしてみれば(これがポイントね!)申し分のないベビーちゃんだったんです。でも、何も我慢させていたとかいうわけではなく、本当に穏やかでのんびりした子だったんですよ。
そんな兄とんきちに続いて我が家に舞い降りた天使ちゃんのんたんは、予想に反してパワフル(笑)。
これはもう私の気性を継いでしまったのでしょうが、私の母に言わせてみれば『これほどではなかったわ・・・』とことばに詰まるほど。

パワフルのんたんはなんでも全力で取り組みます(爆)。
離乳食だって、『これでもかっ!』という勢いで食らいつき・・・いや、パクつき、私の腕をバシバシ叩きながら『ハイ、つぎ!』なんて催促。それも、とんきちは一度もしなかったベビーチェアーを脱出しながら、周りにあるものを引きずりながらの食事。欲しいものに手が届かないときはこれまた大変! 必死になって『ヴ~』なんてうなり声を上げて手を伸ばします。
寝ているときも目を閉じながら手足を突っ張らせて『アブ~』と何かご不満な様子。放っておくとエスカレートして叫びだすので抱っこすると落ち着き、布団におろすと唸り・・・の繰り返し。

は~、これだけ書くと、一体どんな怪獣を育てているのかと思っちゃいますが、もちろんかわいいんですよ~(爆)♪
一生懸命つたない足取りで家中を伝え歩きしたり、今まで苦手だったニコニコスマイルも上手になってきたし・・・。
まあ、子どもなんだから天使と悪魔の両面を持っていて当たり前・・・とは分かっているつもりですが、最近ののんたんのパワフル振りにはちょっぴり・・・いや、かなり恐れおののいている私、ママきちです。
早く、『いや~、あのときののんたんはすごかったよね!』と笑い話にしたいものです。
スポンサーサイト




Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.