FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
楽しさ2倍!
公園にて・・・とんきちとのんたんとんきちが楽しみにしていたことがようやく実現・・・かな?

『いっしょにこうえんであそびたい!』
のんたんが生まれる前からとんきちが繰り返しいっていたこと。
まだまだ手放しで『遊んでおいで~!』とふたりを送り出すことはできませんが(当たり前!)、こうして私がそばで見守りながらなら仲良く遊べるようになりました。

初すべりだいを体験したのんたん。ゆるい傾斜のすべりだいだったのでのんたんにピッタリ! 始めはおっかなびっくりだったけれども、だんだんと面白さが分かってきたみたいで、すべり終えて抱きかかえると両足をバタバタさせて『もういっかい!』とアピールしているみたい(笑)。
そんなのんたんの様子を見てとんきちも大喜び。『おひざにのせてすべる~』とギュッとのんたんを抱っこして何度もすべっていました。

スプリングがついた動物も初挑戦。
こちらは見ている私がちょっとドキドキするくらい、とんきちが激しく揺らしていました。でも、のんたんはニヤニヤ・・・いや、ニコニコと本当に楽しそう。
やっぱり肝っ玉が座っているんだな~なんて妙なところでのんたんのすごさに感心(笑)。

4月からはこうして一緒に公園へ・・・なんていう時間がなくなるのかな~。早く暖かくなってくれないと、こうして二人のラブラブの時間が持てなくなっちゃうな~。
やっぱり親子一対一の公園あそびよりも子ども同士で笑顔が弾けるほうが楽しくっていいですね。

スポンサーサイト







Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.