FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あふれる作品たち
工作たち・・・とんきちが幼稚園に入園して一週間がたちました。

毎日、嫌がることもなく大喜びで登園してくれるので、見送る私はホッと一安心・・・というよりもちょっぴり寂しい気持ち(笑)。
おまけに入園後2日間は幼稚園まで送っていったのですが、それ以後は近所のお友だちが車で登園するのに便乗させてもらい、マンション前でバイバイなんです。『ちゃんと所持品の始末できてるかな~』『自分から遊びに加われるのかな~』なんていう思いがあるのが正直なところ・・・。

そんなとんきち、毎日おみやげを持って帰ってきてくれます。
それがこの工作たち。
『しかく』と『でんしゃ』(11日)『おうち』(12日)『かに』(13日)『てっぽう』(16日)
箱やパックなんかの廃材を使って自由に作っているようで、初日の折り紙の作品からどんどんバージョンアップしています(笑)。
入園後一週間、お部屋ではどんなことをしているのかな~ととんきちに尋ねるのですが、『うたをうたっていすをはこんだ!』としか教えてくれません。この工作は登園後の自由遊びの時間に作っているようだし・・・。
気になるけれどもここはグッと我慢して、とんきちが自分から『きょうは~した!』と教えてくれる日を楽しみに待っています。

でもね、新入園児のとんきち、クラスの大半は進級園児なので輪に入るのが難しいみたい。
『お友だちとおしゃべりしてみたら・・・』という私に、『だってみんなはやいから・・・』と答えるとんきち。どうやら、みんなの動きが早くってついていけないみたい(笑)。とんきちらしいといえばらしいのですが、諦めてひとり遊びに没頭するのも悲しいし・・・と新米幼稚園ママは我が子の様子がかなり気になっております(笑)。
唯一、幼稚園で歌った歌を私がピアノで弾き歌いができるということは『すごい!』と喜んでくれるので、とんきち・のんたんとピアノをジャンジャカ弾いています。ご近所に迷惑だな~と思いつつ・・・(笑)。

スポンサーサイト




Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。