FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


西方見聞録 2
高千穂峡
『いなか』ということばがピッタリな場所。

高千穂峡それがパパばあばの実家です。
いなかというとなんだかちょっとマイナスなイメージがありますが、ここは本当にいい場所。
周りは山ばかりで、流れる川の水は透き通っているし、季節の野花もたくさん! 確かに生活するには不便なこともたくさんあるでしょうが、気持ちがおおらかにゆったりとした時間が過ごせる場所なんです。

1日目は湯布院散策をした私たち。無計画でやってきた九州なので、夜が明けても『さあ、出発!』というわけにもいきませんでした(笑)。
じいじたちは今日も登山。本当は阿蘇のほうまで行きたかったのですが、あいにくの空模様で近くの山を縦走することに・・・。
のんたんが起き、とんきちが起きたところで、Rちゃんにお勧めされた『高千穂』へ行ってみることにしました。


つづきを表示
スポンサーサイト




Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。