FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
雲の上で・・・
七夕の7月7日やっぱり薄曇り・・・。

七夕の7月7日って、満天の星空が広がることって少ないような気がします。そう、先日いただいたコメントでKOKOさんもいわれてましたよね(笑)。
今夜も雨は降らなかったのですが、ミルキーウェイは見えなかったな~。

今まで七夕のお話を色々ととんきちにもしてきたのですが、今ひとつピンときていなかったようですが、やっぱり幼稚園の力は偉大でした。
『たなばたのひのよるに、おそらをみて、たくさんおほしさまがでていたら、それがあまのがわなんだよ!』
なんてことを教えてくれました。

先日お友だちと作った笹飾りもしっかり笹にくくりつけて、空が見えるポーチに飾りました。
ひらがなが上手に書けるようになってきたとんきちは、もちろん自筆のお願い事。私が薄く一文字ずつの○を書いてバランスよく書けるように道案内しただけでしっかりとお願い事をしたためることができました。
気になるお願い事は・・・。

『みんなとあそびたい』
『おとうさんとあそびたい』
『みんなでふねにのってくじらがみたい』

でした(笑)。ふたつ目のお願い事、ちょっと笑ってしまいました。日ごろ、お父さんにお相手してもらっていないみたいでなんだか寂しさが漂っているような・・・。
しっかりのんたんの気持ちも代筆した私。きっと、のんたんはこう思っているだろうな~なお願い事を・・・。
『もっともっとおそとであそびたい』
『おにいちゃんといっぱいあそびたい』
このお願いできっとバッチリだと思うんですが・・・(笑)。

叶うかな~というドキドキする気持ちで短冊に向かうとんきちの顔、とってもいい顔でした。
叶う・叶わないということが問題ではなく、願いを思い描くことが大切なんだな~と・・・。





金曜日は1学期最後のおべんとう日でした。
つづきを表示
スポンサーサイト







Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.