FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ちょうだい!
ちょうだい!手がかかり、『少しおとなしくしててよ~!』なんて思っても、やっぱりかわいい1歳児。

私はもちろん、とんきちがしても今ひとつピンとこないけれども、のんたんがすると『かわいい~♪』と目じりを下げてしまう仕草。

『ちょ~だい!』

もちろん、ちょうだいなんてことばが発せられるわけではありませんが、『ん!』『おん!』なんて声で要求するのんたん。
声だけだとなんて偉そうな!と思ってしまうのですが、やっぱりこのポーズがあると『どうぞ~』とホイホイ渡してしまいます。

何がかわいいんでしょうね。
たぶん、この小さな手を一生懸命に広げているところかな~。いや、キュッと曲げたひじ・・・。いやいや、手首の感じ?
なんて、本当はどれもこれもがかわいらしいんでしょうけれどもね・・・(苦笑)。

鏡の前でとんきちとふたり、のんたんの真似をしてみましたが、とんきちはちょっと違うし、私にいたっては『何ふざけてるの?』とちょっと小ばかにしたポーズに苦笑です。
ついつい、手のかかる部分にばかり目がいってしまい、『もう!』なんて不満が口をついて出てしまいますが、駆け足で過ぎていく赤ちゃん期、もっともっと慈しみ、愛さなければなりませんね。

スポンサーサイト




Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。