FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
つかの間の密着
そんなにくっついちゃ暑いでしょ~。

そんなことばをかけたくなるくらいの密着度(笑)。
とんきちは『おやすみなさい』から一度も目を覚ましていないのですが、のんたんはここにいたるまで何度私のことを起こしてくれたことか・・・。

窓を全開にした朝方、汗っかきののんたんを一番涼しい場所に寝かせて、ソ~ッと布団から立ち上がる私。
いつもは私の気配がなくなったことに気がつき、すぐに起きてきちゃうのに今日はなかなか目を覚まさない。

そんなにくっついちゃ暑いでしょ~。おかしいな~と様子をのぞきにいったらこの姿。
そうか~、暑くってもこうして大好きな人のそばにいたら安心して寝られるのね。
なんて頬が緩んだのもわずかの時間。
寝返りを打ったとんきちにぶつかられて『あぶ~』なんて寝言でもう抗議。かたや、愛しい妹の声が夢にまで届いたのか『うふふふ』なんて笑い声を上げてる(笑)。そして、見ている私はなぜかヒヤヒヤ(だって、せっかくのおひとり様時間なんだもん・・・笑)!

幼稚園が始まってとんきちのいない時間が増えておかあさ~ん度がますますUPののんたん。
こうして兄妹仲良くしてくれるのが一番なんだけれどな(笑)。

スポンサーサイト




Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.