おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


早まったかしら・・・
早まったかしら・・・これまでの暑さが嘘のような、急に長袖を引っ張り出さなければいけないくらいの涼しさとなった週末。

パパきちも一緒の、家族そろって食事をとることができる土日は献立に頭を悩ませてしまいます。
みんなでお出かけしていることも多く、疲れて帰ってきてひとり台所でバタバタするのもつらいし、のんたんをつれての外食も疲れるし・・・。

買出しに行く前に一週間の献立を考える私。
『何食べたい?』と尋ねると、とっても久しぶりに耳にすることばが返ってきました。
そう、『鍋』。
涼しくなると急に食べたくなるんですよね~。

今年の初鍋は、白菜に大根・小松菜、豚肉に鶏モモ、あとは冷蔵庫・冷凍庫のお掃除で水炊きにしてみました。
もっと気合を入れてグツグツといろいろなものを煮込んだほうがおいしいんでしょうが、まあ、初めはこんなもので・・・(笑)。
鍋に付き物のかぼすはしっかり絞って、おいしくいただきましたよ。
いただきますが待ちきれないのんたんは、かぼすをパクリ・ちゅうちゅう・・・、あまりの酸味に体を震わせ眉間にしわ。
それなのに、何度も挑戦。酸っぱいのが分かっているのにどうしても口に入れたくなるみたい、『怖いもの見たさ』見たいな感じかな?

スポンサーサイト


いいから いいから・・・


いいから いいから
長谷川 義史 作
絵本館


とんきちはおじいちゃんが大好き。
おじいちゃんといっても、パパじいじはまだまだ若く、バリバリ働いている現役さん(笑)。反対にママじいじは働いてはいるけれども、寄る年並みには勝てません・・・なおじいちゃん入門者といったところ(笑)。
じいじと一緒にすごす時間はとんきちにとって楽しい楽しいひととき。
私が読み聞かせするよりも、じいじにお願いしたほうがとんきちの楽しい度がUPしたんだろうな~。

ぼくのおじいちゃんの口癖は『いいから いいから』。
ある日の夕方にやってきた不思議なお客さんにも『いいから いいから』といっておもてなし。
不思議なお客さんは、お父さんと子どもの親子連れ。
おじいちゃんは『ゆっくりしてください』と、この親子と一緒にご飯を食べたり、お風呂に入ったり…。
お父さんも子どもも申し訳なさそうに、遠慮しているけれども、おじいちゃんはやっぱり『いいから いいから』ばかり。
おじいちゃんに言われるがままにしていたお客さんだったけれども、お風呂上りにおじいちゃんがパンツを貸してあげるといったら『ゆるしてください』と逃げ出しちゃった。
おかしなお客さん。いったい何をしにきたんだろう。

絵本を手にとって、まずは愛嬌たっぷりのおじいちゃんの姿に大喜びなとんきち。もちろん、私もププッと吹き出しちゃうような、ちょっと笑いを誘う表情に釘付け。
おじいちゃんとぼくがとっても仲良しで、とっても似ていて、とってもおかしくて・・・。ちょっと遊びに行きたくなっちゃうような、そんなふたりの姿。
反対に『いいから・・・』ばかり、次々に親切心からいろいろなことを勧めてくれるおじいちゃんに困り顔のかみなり親子。どうしてここまで困った顔をするのかな~な疑問も読み進めていくうちに『なんだ、そうだったのか~!』なんて、納得(笑)。
なんといっても、かみなりさんの大好物はアレですものね!
でも、お世話になった人のものまではいただけません・・・なんて律儀なこの親子。そんな思いをキャッチし損ねたおじいちゃん、アララ・・・、かえるになっちゃった(笑)。
意外なオチに大笑いの私たち。何度も何度も『よんで~!』なんてリクエストされたお話です。
今年の夏は激しい落雷が多く、怖がりのとんきちはビクビクしながらすごしたことが多かったけれども、このお話を読んでいたら少し楽しむこともできていたのかな~。
でもね、やっぱりゴロゴロ・・・が聞こえると、ついついおなかを守りたくなっちゃうみたい(笑)。




ご心配をおかけしましたとんきちの具合・・・。

昼前までゆっくり寝て、目覚めるとすぐに『おなかすいた~!』。
朝食に用意していたバナナサンドだけでは足りず、オムライスもペロリ。おやつにはパンケーキまで!
月曜日、登園するときにお手紙を持たせて、担任の先生にも水分補給を促してもらうようお願いするつもりです。
でも、こればかりは本人頼みのところもあるので、これからは『いってらっしゃい』に合わせて『お茶のみなさいよ~!』といい続けることにします(苦笑)。


悪夢再び・・・
皆勤賞の夢が逃げて行っちゃいました。

そう、とんきちが幼稚園をお休みしました。
風邪を引いたわけではなく、だるいという理由で…。
でも、ただのだるさとは違うんですよね。そう、夏休みの間に起こったあの悪夢のような出来事と状況が似ているんです。

昨日は週に一度の体育遊びの日。
体育遊び専任の先生と一緒に体を動かしてめいいっぱい汗をかいたとんきち。
給食を食べて、バスに乗って帰宅した3時の時点でもまだまだお疲れ状態。
おやつだけはしっかり食べて、『おかあさん、あそぼ~』なんていいながら、のんたんお気に入りのテレビを見ていたのですが、次第にまぶたが重くなっていき、『だめだ~、ねむい・・・』といってそのまま倒れこむように眠ってしまいました。

夜は楽しみにしていたテレビ(もう! ウチってテレビばっかり・・・苦笑)があったので、6時過ぎに『お風呂はいってゴハン食べて、テレビ見るんでしょう?』と起こしたのに、『ねむいからいい!』と逆ギレ(困)!
本当にぐっすりと深い眠り、そう爆睡していたので、そのまま寝かし続けたのですが、夜中2時ごろに『のどかわいた~』と目覚め、コップ一杯のお茶を飲んで再びオヤスミ。

朝になってのんたんがどんなに騒いでもやっぱり起きない。
目が覚めたら覚めたで『のどかわいた。ようちえんやすむ。』といってお茶を飲み、また倒れこむ。
おでこを触っても熱くない、でも、体中はほてったように熱くなっている・・・。
なんだか前と同じような症状。そう、『脱水症』のような状態になっているんです。

そのあと、何度か小分けにしてお茶を飲み、水分たっぷりの梨を食べていまだ爆睡中。
前回は飲みたいだけ飲んで、すべて出して、眠って、元気!になったとんきち。
今回はしっかり少しずつ少しずつ水分摂らせています。そうそう、塩分もちょっと足さないとね!
幼稚園にいる間のとんきちの様子が見ることができないのがこういうときにはつらいもの。
700mlの水筒のお茶を余らせて帰ってくるんだから足りてないんでしょうね。
運動会までもう少し、毎朝の『忘れ物ない?』のことばに『お茶飲みなさいよ!』を付け足さなくては・・・と思う私です。


♪オ・オ・オオオ~ イェ・イェ・イェイェ~イ♪
もうすぐ1歳5ヶ月になるのんたん。

女の子は口が早いなんて聞きますが、のんたんはまだまだ地球語(笑)を操ることができません。
でも、少しずつ行動にあわせて宇宙語を発することができるようになってきました。

『ま~まん』…とんきち
『まんまんま』…ごはん
『まいま~』…ただいま
『まいまいま~』…ごちそうさま

こうして挙げてみると見事に『ま』尽くしなんですよね(笑)。
あっ、『ばあば』ということばだけは、たまたまという感じで私の母に対しては呼びかけることができます。
私やパパきちに対しては『ば~ばん』なんて音を発して駆け寄ってくることも…(笑)。

そんなのんたんと私のマイブームは、デュエット♪
のんたんがひとり『おうおう』『いぇいいぇい』と口ずさんでいるのを見て、思わず節をつけたことから始まったこの歌。
タイトルのことばだけでメロディが浮かぶ人はスゴイ! なにかを贈りたくなっちゃうくらい嬉しい(笑)!

ひと昔前、テレビやラジオでよく流れていたtrfの曲です。
なんだったかな~、♪サバイバルダンス♪っていうタイトルだったかな?
もう、この曲がビックリするくらいピッタリなんです。
私が口ずさむとのんたんも…。のんたんが口ずさむと私が音をつけて…。
一晩寝たら忘れるかな~なんて思っていたのですが、イヤイヤ、本人も楽しいらしく、たまに思い出したように歌っています。

こののんたんの美声をお披露目できないのが残念!
今まで『ヴァ~』という世にも恐ろしい宇宙人のような声で、威嚇することしかなかったのんたんにこんな才能があったとは!
な~んてことをして楽しんでいる私、今日も平和な一日(笑)。


おれんじ
とんきち、今日はオレンジの日。

とんきちの通う幼稚園では、普段の降園方法と違って、園に直接お迎えにいくときには『オレンジコース』というグループになります。
今までは、なにがあってもバス降園をしていたとんきち。先週に引き続いて、今日もお友だちママにお迎えに来てもらって、そのままお家におじゃましま~す!なんです。

朝から『きょうはオレンジだ! Sくんといっしょにおうちにいけるひだね~』なんて大喜び。
園で用事があって、私とのんたんが『今日は一緒に帰る?』と聞いても、『いや、バスがだいすきだからバスでかえる!』なんて即答するのに、お友だちの魅力には勝てないんだろうな~(苦笑)。

私とのんたんもお昼にお邪魔する予定だったのですが、週末からちょっと咳が出ているのんたん。
処方されたお薬を飲んでいるせいでと~ってもよく朝寝をするんです。
お友だちのお家だと楽しくって寝られなくって、我慢の限界になってひと暴れ…なんてことになるので、今日はしっかりオヤスミさせてからお邪魔することにしました。
予想通り、今もしっかり夢の中ののんたん。しっかり寝貯め(!)して、ゴハンを食べてからとんきちの元へ行こうね~!
それまでは、しばらくの休憩時間をいただきます(笑)。


今年はこれで・・・
中秋の名月。

少しずつ丸くなっていくお月さまの姿をとんきちと眺めて迎えた十五夜。
いつもはお団子をつくるのですが、今年は福島のばあばからもらったもち米があったので、お友だちのまねをしておはぎに…。

今年はこれで・・・あれれ? でもできあがったものはちょっとおはぎらしくない姿…。
もちもちしたものが好きな私、そして、おもち大好きなとんきちのことを思ってコネコネしていたら、どうやら米粒をつぶしすぎたみたい。

ぽってりとした形に丸めてもすぐにでれ~んと伸びちゃう、そんなちょっと(かなり?!)情けない姿になっちゃッいましたが、味はよかったからまあ合格としてもらいましょう(笑)。
しっかりコネコネしただけあって、とっても柔らかく、それはもう立派なきな粉もちでした(苦笑)。

おっと、食べてばかりいてはいけません…。
しっかり夜空を見上げて、光り輝くお月さまの姿を愛でなくては!



バクハツ!!
お出かけというほどのことでもありませんが、涼しくなった夕方を狙って大きな公園に・・・。

公園に・・・。久しぶりに遊具を使って遊んだとんきち・のんたん。
パパきちもいるし、暑い日ざしもないし、かゆ~い蚊もいない、なんていうこの上ない楽しい時間。

すべり台だってふたりですべったらこんなに楽しい!
何度も何度も挑戦するのんたん。『のんたん、おいで~!』なんて声をかけたかと思えば、のんたん連れじゃ物足りなくなってスリルを求めてひとりで突き進んでいくとんきち。
ふたりを公園に連れて行くと、私ひとりの目では管理できないところ、パパきちもいたので安心して楽しめたかな。!


公園に・・・。とんきちと私がキャーキャー言って遊んでいる姿を見つけて急いで駆け寄ってくるのんたん。
でもね、あまりにも私たちが楽しそうなので、そばまで来て足が止まっちゃった。
あれれ? 突進派のんたんもすこし壁を感じている?!なんてひとコマも(笑)。

暗くなるまでの短い時間でしたが、たまりにたまったエネルギーをバクハツさせたふたり。
行楽の秋、お出かけも楽しいけれども、こうしておなじみの場所に来るのもいいよね



ぜったいぜったい ねるもんか!


ぜったいぜったい ねるもんか!
マラ・バーグマン 文  ニック・マランド 絵  おおさわ あきら 訳
ほるぷ出版


眠いんだけれども、寝たくない!
そんな気持ちって子どもだけのものなんだろうな~。
私なんて、寝たくないのに眠っちゃう・・・な毎日で困っているのに・・・(苦笑)。

オリバー・ドニントン・リミントン・スニープは、お父さんとお母さんがおやすみをして部屋を出ていくとポーンとベッドを飛びだすんだ。
いっぱい絵を描いたり、マジックをみんなに見せたり、山のような本を読んだり・・・。
他にももっともっといろんなことをするんだ。
車に乗ったり、ロケット『オリバー号』で夜空を目指して出発だってする。
本当は眠る時間なんだけれども、絶対に寝たりしない。
暗いところや怪獣・泥棒が怖いとか、そんなことはじゃなくって、起きてるほうが楽しいだけ。
そう、眠くないったら眠くない、絶対絶対寝るもんか!

さらっと読み上げたオリバーの名前にまずは『えっ?!』とビックリニヤニヤ顔のとんきち。こんなに長い名前、冗談?!と思っていたみたい(笑)。
ひとりでベッドに入るオリバーが冒険に出かけて・・・なんていうお話に、とんきちの心が惹かれていくのは見ていて面白いもの。
じ~っとイラストを眺めて、『あっ、ちょっとまって・・・』なんてもう一度前のページに戻ろうとすることもたびたび・・・(笑)。
幼稚園がお休みの土日、前の晩はついつい夜更かし・・・なんてことになってしまう我が家。とんきちも『あしたはおやすみだね~』なんていって、さらっと夜更かしの了解を取ろうとしてみたり。
お昼間にいっぱい体を動かして、ご飯を食べてお風呂に入ったらまぶたが・・・な状態がイチバン。平日だけでなく、土日もそんな心地よい疲れが感じられるように、いっぱい遊ばないとね!


穏やかなのか、無反応なのか・・・
週末の金曜日、近所のお友だちのところへ遊びに行きました。

幼稚園バスで帰宅した、その足でお邪魔したとんきち。
着替えもおやつもお友だちと一緒で、嬉しくってニッコニコ♪
同じマンションに住むお友だちとは、赤ちゃんのころからの仲良しで、気心の知れた仲間。私もママさんとは、子ども抜きで楽しめる仲良しさん。

お庭で遊んだり、お家で電車遊びをしたり・・・、楽しい時間はあっという間に過ぎてしまうもの。
なのですが、今回はなかなか遊びがうまくいかず難しかったみたい。
週末ということで疲れがたまっていた上に、園バス降車後からそのままとんきちと一緒・・・ということで、気持ちが落ち着く時間がなかったお友だち。ちょっとしたことでとんきちと衝突・・・。

なのですが、ここで???なこと。
とんきちは『つかったらダメ~!』とおもちゃを取り上げられたり、時にはバシッと叩かれることがあるのですが、そのことに対して怒りの感情が生まれないみたいなんですよね。
『ダメ』といわれたら違うものに手を出し、きついことをいわれたら背を向けて気にしない振り?!
さすがに、使いたかったおもちゃを取り上げられそうになったときには、貸して欲しくておもちゃを握り締めて抵抗はしていたのですが、なかなか怒りの感情が生まれないみたい。

穏やかなのはいいことなのですが、無とも悲ともとれる表情からはとんきちの本当の気持ちは読み取れません。
小さいころから揉め事を好まないタイプだったけれども、ここまで育ってみてますます磨きがかかっている感が・・・。
私は、お友だちにやられてもいいと思っているタイプ。ただ、いやなことはいやだ、やめて欲しいことは拒絶する意思の表現ができることが前提。
何もいわないのは受け入れている証・・・なんていうことで、長引くトラブルの原因になっては困るもの。

寛大に見えるとんきちの性格。
心の底ではどんな風に感じ、どんな風に対処しているんでしょう。
穏やかなのか、無反応なのか、それとも・・・究極に鈍いのか・・・(苦笑)。
帰ってからゆっくり話をしても『たのしかった』『いやじゃない』なんていうし・・・。
う~ん、私が一緒のときだといいのですが、親の目が届かないところで同じようなことがあるのはちょっとつらいもの。『やられる』ということを理解してくれるといいんだけれども・・・。





今週のお弁当。話は変わって、今週のお弁当。
週イチのお弁当、しまった!青みのものがない・・・な我が家。
暑さ続きで頼みの綱のレタスちゃんも息絶えてしまったし・・・。

とりあえず、とんきちの好きなものをギュッとつめて、『やった!』と思わせなければ・・・ということで、

から揚げメインで、チーズオムレツ・ナスのミートソースパスタ・デザートのぶどう、三角おにぎりの脇にいんげんとウィンナーのピックを添えて・・・。
こんなところにのせるのはどうかと思うような見事なおかず(苦笑)。
肝心の青みは、バジルの葉。『これは食べなくてもいいよ~』という私のことばを聴いて、しっかりバジルだけは残して帰ってきたとんきち。
あれ? でも一枚足りないような・・・。もしかして、一枚食べてみてギョッとして残したのかな(笑)。



こうして食べるのがイチバン!
楽しいゴハンタイム…のはずが、ありゃりゃ大変な姿になっちゃった(笑)。

楽しいゴハンタイム…のはず・・・じぶんでたべたい!!モード全開ののんたん、今までは私がスプーンを口元に持っていくとあ~ん!とおいしそうに食べていたのに、最近は私がするとイヤイヤと首を横に振って、口をン~ッと結んじゃいます。
たまに口を開けてくれたと思うと、『まんまんま~ん』なんて口をパクパクさせてはぐらかすという高等技術まで身につけちゃいました(笑)。

そんなのんたんの姿を見てもうあきらめました。
スタイをつけて、お皿とスプーン(フォークのときもアリ…)を置いて『さあ、どうぞお食べなさい』と差し出しちゃいます。
はじめは気合を入れてスプーンですくおうとするのんたんですが、うまくすくえないことが分かるとすぐに左手でモグモグ…。
この前は麻婆豆腐ゴハンを手で食べていました。まるで違う食べ物を食べているような姿にびっくり(笑)。

楽しいゴハンタイム…のはず・・・とんきちは手が汚れるのがイヤで手づかみ食べをしなかったんです。
早いうちからスプーンを器用に使っていたので、こんなすごい顔になったことはなかったな~(苦笑)。
今までに何度も感じてきたけれども、やっぱり『とんきちってちょっと変わっていたんだ~』なんて、普通の成長をたどるのんたんの姿を見て頭を抱える私は新米ママの心境です(笑)。

ちなみに、のんたんが食べている黄色のものは、カレーに似せて作ったかぼちゃカレー(ん?! スパイスは入っていないのでカレーじゃないかな?)をパスタに絡ませたもの。
このあと、のんたんは髪の毛と眉毛にもかぼちゃソースを食べさせてあげていました。
あまりにもおいしそうに、豪快に食べるので、手を出さず(すごすぎて出す気が失せたのかも…苦笑)、カメラを構えてゲラゲラ笑っていた私。幸せなお昼のひとときでした(笑)。



嫁に食わすな~
嫁に食わすな~地植えには敵わない!と分かっているけれども、育っていく姿を見るのが好きで、どうしても植えてしまう夏野菜。

バジルをコンパニオンプランツとして植えていたプチトマトのアイコちゃんは、役目を終えたので片付けられ、今はお水をいっぱいもらってバジルが青々と生育中(トマトと一緒だと乾燥気味にするので、バジルくんたちは万年乾燥注意報…苦笑)。
もうひとつの夏野菜の千両ナスは、夏の間に長期間出かけたことで水切れを起こして、思いっきり剪定され、ようやく復活してくれました。

そう、今が旬の秋茄子として、かわいらしい実をつけてくれています。
栄養のバランスや管理が悪いので、なかなか自分たちで実を結ぶことができない我が家のナスくん。
花が咲いたら、私が指でキュッとつまんで人工授粉(笑)させています。
その甲斐あってか、夏前はなかなか実を結ばなかった花たちも、枯れて落ちることなく、プックリとかわいらしいナスの実をつけてくれることが多くなってきました。

一本だけではどうしようもない小ナスくんたちですが、ちょっとお味噌汁の具に入れたり、お弁当のおかずに…なんていうときにおいしくいただいてます。
おいしくって、夏のナスよりも栄養価が高いといわれる秋ナス。
『嫁に食わすな』なんてことばがありますが、ウチには嫁はいないので、みんなでおいしくいただいてます(笑)。
とってもおいしい秋ナス、いつの日か、とんきちがかわいいお嫁さんを連れてきても、『どうぞ!』とご馳走してあげなきゃね。



お友だちたくさん!
午前保育の水曜日。
普段ならお家に帰ってからお昼ゴハン…なんですが、今日はお弁当を持って幼稚園までお迎えに行ってきました。

幼稚園に入って1学期が過ぎ、とんきちもいつも一緒に遊ぶ仲良しのお友だちがたくさんでき、『ぼくのおうちにおいでよ~!』なんてお誘いを受けちゃいました。
私とのんたんも一緒にどうぞ…ということばに甘えて、大きなコブつきでお友だちのお家にお邪魔してきました。

普段、マンション内で仲良くしているお友だちは、とんきちよりも活発でかなり体育会系な子ばかり。
でも、今日一緒に遊んでいたのは、とんきちと同じような口調で話し、同じようなものを好み、同じような笑いのツボがある子ばかり。
そう、自分で見つけた気の合う仲間なんですね。

気の合う仲間と遊ぶ姿は見ていて安心できるもの。
とんきち本人も楽しくて仕方がない!な顔で大はしゃぎ(笑)。
おまけにのんたんもお兄ちゃんたちの遊びに少しだけ混ざったり、のんたん用に…なんて出してもらったおもちゃで楽しい時間をすごさせてもらいました。

男の子ばかり5人+お兄ちゃんひとり、弟くんひとり、お母さん5人、そしてのんたん、という大人数でのひととき。
いつもなら時々とんきちの遊びに口を出さなければならないこともありましたが、今日はゆっくりのんびり、大人時間がすごせました。
あっ、もちろん、のんたんはいつもどおりでしたよ(笑)。にぎやか過ぎるお兄ちゃんたちと一緒ではお昼寝ができず、ちょこっとグズグズ言っていたけれども、お菓子もいっぱいもらったし、お家以外での時間を楽しんでいたかな~。




最近、皆さんからいただいたコメントへのお返事ができずにいました。
ごめんなさいね~。
実は、マンションが一斉に工事することになり、外回り(ベランダ・ポーチ)の掃除がはかどってはかどって…。
普段、掃除をサボっているとこういうことになるんですね~。
3連休は、パパきちにもしっかり働いてもらい、プチ模様替えまでできちゃいました!
明日からまた皆さんのところへもしっかり遊びにいかせていただきます~♪


メインはどっち?!
3連休の最終日は『ぶどう狩り』!
ぶどう狩りにて・・・


ぶどう狩りにて・・・秋といえば…といわれると真っ先に『フルーツのおいしい秋』と答えてしまうほど、旬のフルーツに目がないこの季節。
こんなに大きなぶどうがたわわに実ったぶどう畑でおいしく、楽しい休日のひとときを…。
私に負けず劣らず、とんきちもかなりのぶどう好き♪ 
いつもはひと粒ひと粒皮をむいて食べるのがお好みのとんきちも、ぶどう狩りとなるとスピード重視の食べ方に作戦変更(笑)。


ぶどう狩りにて・・・でも、おかしなことにあの食いっぷりのいいのんたんがあまり食が進まなかったみたい。
皮をむいてあげて、口にチュッと甘い果汁を…なのですが、渋みが先にくるようで、眉間にしわを寄せて『イヤ~!』なんて。
でも、何度も何度もチャレンジしているうちにようやく、ぶどうのおいしいジュースが飲めて『ウマイ!』と感じることができたみたい。かなり遅めのスタートにはなってしまいましたが、『ちょ~だい!』アピールで、かなりの追い上げができたかな(笑)。
そんなのんたん、広いぶどう畑を前に、『花より団子』ならぬ『ぶどうより遊び』になっていました。
あまりにも楽しすぎてお得意のニッといい顔まで(笑)! この眉間のシワシワ、『たのしい~!』度の表れなんですよ~。


ぶどう狩りにて・・・私ととんきちは、それぞれ1.5房くらい食べたかな~。
のんたんは10粒以上。パパきちは???
おなかがいっぱいになった子どもたちは、畑の片隅で走り回り、草や虫と触れ合って大はしゃぎ!
ひとりではまだまだ怖さがかってしまうのんたんも、頼りになるとんきちが一緒だと安心してドンドン…、本当にどこまでも歩いていっちゃいます。
それでも、とんきちに『の~んたん!』って呼ばれたら、クルッと振り返って一生懸命駆け寄ります。なかなかいい感じなふたりの姿を見ながら食べるぶどうはおいしかった~なんてね(笑)。



ぶどう狩りにて・・・



お泊り、そして、おでかけ
天気が悪いといわれていた3連休、予報どおりのスッキリしないお天気でしたが、珍しく3日間とも忙しくしていた我が家。

土曜日はとんきちがひとり、パパばあばと九州から遊びに来ていたパパばあばの妹ふたり、パパいとこと一緒にユニバーサルスタジオジャパンへお出かけ。
私たちも一緒に…といいたいところですが、片付けなければいけないことがあったので、お留守番をして一日大忙し(汗)。
金曜日の夜からお泊りしていたとんきち、初めて会うパパいとこ(20歳前のお姉ちゃん!)ともすっかり意気投合(甘えさせてもらっていただけ…苦笑)して、大喜びで出かけていったUSJ。

とんきち 1歳半・・・前回訪れたのは1歳になる前。そのときは、USJのすべてが怖くって、ゲートをくぐった瞬間から泣きじゃくっていたとんきちも、5歳になり、『おもしろい!』と思えるようになっていたみたい。
普段なら絶対に乗らないコースターにも挑戦(だまし討ちのように乗せられた?!)、備え付けのカメラで撮られた決定的瞬間は引きつり顔で笑顔なんてとんでもない!なとんきちの顔(笑)。
ショースタイルのアトラクション中心で楽しんだUSJ。私たちがいないということで伸び伸びと思いっきり満喫できたみたい。

閉園間際までパークにいたので、ばあばのお家に戻ってきたのが22時30分ころ。
本当は、パパきちが迎えに行く予定だったのですが、帰りのJRで寝てしまったとんきちは、そのままばあばのお家にもう一泊。
朝目が覚めて、まだばあばのお家にいることがわかったとんきちは、ニンマリ顔でうれしい~!の気持ちをかみ締めていたんですって(笑)。

丸一日ぶりに帰ってきたとんきち。
日曜日はのんびりお家でゆっくりしよう~なんて思っていたのですが、またまた夜はばあばのお家でみんなでゴハン。
USJでとんきちがお世話になった妹さんたちに挨拶がてら、ご馳走になりにいっちゃいました(苦笑)。
大阪に住むパパばあばの弟も遊びにきてにぎやかな食卓。とんきち・のんたんもたくさんの人に会えてちょっと興奮気味…。
いつもはじいじ・ばあばにベッタリなとんきちが、、パパいとこにベッタリだったの思わずププッ(笑)! 昨日のUSJでふたりの距離がググッとち縮まったのね~なんて!

連休最終日の今日は、家族でお出かけ。おまけで私の母もお誘いしてのお出かけはどこへいったでしょう。
とんきち・のんたんも大喜びでお出かけ。そして、私も大満足♪なお出かけとなった今日。
やっぱり秋はこれね~!なんて思いながら…。
さあ、私たちは月曜日、いったい何をしてすごしたでしょ~(笑)?!



しんかんせん のぞみ700だいさくせん・・・


しんかんせん のぞみ700だいさくせん
横溝 英一 文・絵
小峰書店


今年の夏も乗ることができた新幹線のぞみ。
私から見たら『700系? それとも500系?』なんて、違いが分からないのですが、とんきちは一目でバッチリ!
そう、のぞみ700というのは、新幹線のぞみの系統です。

ぼくは小学4年生。そして、いとこのたかしは小学2年生。
鉄道好きのぼくたちは、おじいさんがくれた旅行券を使って、のぞみ700の乗車券を手に入れた。
でも、少し足りなくって、名古屋までの乗車券しか買えなかったんだ。
帰りは各駅停車に乗って帰ってこないといけないけれど・・・。
出発は小田原駅。まずは東京駅まで行かなくてはならない。
『とうきょうえきのなか、わかるの?』なんてたかしのやつに聞かれたぼく、『まかせとけよ』とはいったものの、あまり詳しくないんだ。
たかしが心配するからちょっと強がってみたけど、大丈夫。旅行会社のお姉さんにもしっかり教わったし・・・。
たくさんの新幹線が並ぶホーム、乗ってみたいものばかりだけれども、今日はのぞみ700に乗るんだ。
さあ、ぼくとたかしの大冒険。たくさんの電車に乗って、楽しい思い出を作ろう!

兄弟でのふたり旅だとトラブルが起こりそうですが、いとこ同士という一歩はなれた関係での冒険はなんだかいい感じ?!
同じ目的を持ったふたりが初めてのことに挑戦するのってワクワクドキドキ、興奮と期待でいっぱいになるんでしょうね。
もちろん、とんきちは次々に出てくる電車の姿に釘付けで『すご~い! のってみたいな~』なんていっていましたが、私はこのふたりの姿に釘付けでした(笑)。
電車好きの孫たちに『新幹線に乗っておいで』と旅行券をくれるおじいちゃんも素敵だし、子どもふたりに対して丁寧に説明してくれる旅行会社のお姉さんも素敵。
とんきちが大冒険してみたい!といったときには誰が相棒になってくれるかな~。のんたん?! あっ、もしかしたらこの上なく頼れる存在になっているかも…(笑)。






うみのでんしゃ ぼくらの江ノ電
中島 章作 文・絵
小峰書店


『江ノ電』。
私にとってこの名前はなんだかとっても素敵な響き(笑)。
いったことのない場所だけれども、その沿線には行ってみたい場所がたくさん!
とんきちにとってはなじみのうす~い電車。このお話を通して、私と一緒に『のってみたい!』な思いが生まれるんだろうな~。

江ノ電に乗って海に向かって出発したぼくたち。
家と家の間を走る江ノ電は、狭い線路をどんどん進む。
踏切だって小さいし、線路伝いに郵便やさんが歩いている姿も見える。
山を越えると、広い海が見えてきた。ここからは海岸線を車と並んで走るんだ。
潮風を受けながらスピードを上げて走る電車。遠くに江ノ島が見えてきた。
途中でお祭り見物。『てんてん てれつく ピー ドンドン』山の神社のお祭りはとってもにぎやか。お店もいっぱい、山車も引かれて楽しそう。
沿線の景色を楽しみ、途中下車をして参加したり、ちょっとハプニングもあったり・・・。
江ノ電に乗った楽しい一日。

『江ノ島~♪』なんて、なんだかうれしくなっちゃう私。
反対に詳細に描かれた街の絵にじっと目を凝らして見入るとんきち。
なんだかこのお話は、私たちふたりで感じ方が大きく違ったみたい(笑)。
私たちが住む街、そしてよく出かけるところにも、この江ノ電のような街に密着した線路というのがないので、歩く人とすれすれに駆け抜ける電車にビックリのとんきち。
電車と街の人たちの関係もなくてはならない、切っても切れない関係なんでしょうね。
いつの日か、このお話を片手に江ノ電に乗って江ノ島へ~なんていう旅、できるかな? 


泣かされちゃったの、ボク
とうとう、起こってしまいました。

子どもがふたりいたら避けては通れないもの、それは兄弟ゲンカ(ウチの場合は兄妹ゲンカなのですが…苦笑)。
でも、普通のケンカとちょっと違ったのは、一方的にひとりが負けてしまったということ。

どちらが負けたと思います?
きっと、皆さんの予想が当たっているかと思いますが…


つづきを表示


危うし! おにいちゃん
新しくしても1週間、いや3日で姿を変えてしまうもの。

それがとんきちの歯ブラシ。
シャカシャカと磨けばいいものを、口に入れたまま家中をウロウロ、テレビを見ながらボ~ッと、手は動かさずに歯で噛み締めてばかりいるので、すぐにボサボサ歯ブラシになっちゃいます。
おまけに歯ブラシをくわえたまま、『のんたんにはみがきおしえてあげた~』なんていうことも・・・。
そしてもうひとつ、『洗面所から出ないで磨きなさい!』と、何度いっても、すぐにウロウロ磨きをするので、ポタンポタンと垂れた水(正しくは水ではありません・・・苦笑)が床にしみを作り、これまた雷が落ちる原因に・・・。
歯ブラシ
反対に一生懸命シャカシャカしているのがのんたん。
赤ちゃんは歯が生えてくるのがむずがゆく、何でも噛んで遊ぶのですが、のんたんはかなり上手に歯ブラシを動かして6本しかない前歯を器用に磨きます。
あっという間に磨き終わるので、すぐに歯ブラシタイム終了なのですが、こちらはこちらで手に持っていたい!口に入れていたい!ようで、なかなか放してくれません。
おまけにそのまま『きゃ~!』なんてあちこちにダイブして遊ぶものだから見ている私たちが『ひえ~!』となることも・・・。

とんきちの歯質は間違いなく私譲り。
そう、私は歯が強いと思うんです。虫歯に悩まされた記憶もないし(もちろん、虫歯になったことはありますが・・・)、『歯磨き命!』というほど熱心な歯磨き狂でもありません。
実は、パパきちはかなりの歯磨き狂(笑)。それなのに、どうしてか虫歯になるんですよね~。最近は歯医者さんはご無沙汰ですが、一時期は大変な思いをしていたことも・・・(苦笑)。

どちらに似たとしても、とんきちのような歯磨きではいずれ泣きを見るのは明らか。
反対にのんたんはこのまま順調に育ってくれれば、白い歯をキラリ☆という女の子になるかな(なんて、甘いことを・・・苦笑)。
がんばって磨かないと、『おにいちゃん、また歯がいたいの~? もっとちゃんと磨けば~』なんて、のんたんに笑われる日がくるぞ!心配な母なのですが、いつまでもダラダラしているとんきちを見ると、『もうし~らない!』なんていっちゃってます。
身近なことから兄の威厳を保つためにも、とんきち、歯磨き名人目指してガンバレ!


力自慢ないもうと
力自慢ないもうと日が翳り、風が涼しくなった夕方。
とんきち・のんたんと連れ立って、近所のお店に食パンを買いに出かけました。

坂の上にある我が家、近所の・・・といっても少し下にあるので、♪行きはよいよい帰りは~♪になっちゃうんですよね(苦笑)。
ベビーカーをだして、ゴロゴロいこうかとも思ったのですが、帰りの苦労が目に浮かんだのでヨシ!と気合いを入れて、のんたんも歩いていくことにしました。

下り坂を勢いよく歩くのんたん。私が手をつないでいないと、コロコロッと転がっちゃいそうで見ている私もちょっぴりヒヤリ。
とんきちのリクエストで難関の階段コースを進んだのですが、私ととんきちの手をギュッと握り、どうにかクリア。
のんたん、私の手だけではフラフラして階段に足をとられちゃうのに、とんきちがくるとラクチン!と思うみたいで、自分からとんきちの手を握っていました(笑)。

肝心のお買い物はしっかり予定通り食パンのみ。
とんきちの『アイスかいたい~』の声を聞きながらも、『溶けてミルクになっちゃうから・・・』とどうにかかわした私。
それなのに~、パパきちと子どもたち用に2斤も買ってしまいました。そう、関西では主流の6枚切りとパパきち用ちょっと厚めの5枚切り。
とんきちにレジをお願いして(プチおつかい♪・・・笑)、袋に入れてもらった食パン×2をさげて、さあ、ゴ~!

とそこで、問題が!
のんたんが荷物を持ちたくて持ちたくてたまらないんです。
ただでさえ歩くのが大変な坂道。のんたんの足で家までたどり着くかが不安なのに、その上、荷物まで持つとは! それも食パン×2(笑)!
始めは手に握ってブラブラ下げていたのですが、重くなってきて地面にズリズリ・・・。
そこで、今度は腕にかけることに。でも、やっぱり重いのでその手を私がつないで、ちょっとサポート。
これはいい!と思ったのもつかの間。のんたんの腕が赤くなってきた! そう、重すぎるんですよね~。

どうしよう・・・。
取り上げると大泣きで地団駄踏んで、地面に座り込んで、へたすれば地面と頭突き・・・。
抱っこするにも暴れまわるのでちょっと抱えきれないかも・・・。
そこで思いついたのがこの方法。のんたんサイズだからこそ、できる方法なんですよね~。
道行く人が振り返ってプププッと笑って通り過ぎていくんですよね~。

とってもとっても時間がかかったけれども、『だっこ~!』のお願いもせずに、自分の足で黙々と歩き続けたのんたんはすごい!
そう、食パン×2の重さと自分の身体の重さで押しつぶされそうになりながらも、一歩一歩歩くその姿は、やっぱりのんたん!でした(笑)。
そして、文句ひとつ言わずにスローペースの私たちにお付き合いしてくれたとんきちも、さすがとんきち!ってね(笑)。

この食パン、のんたんが食べたい!というだけ食べさせてあげないとね~。



はじめての・・・
とんきちの保育参観・懇談があり、朝から幼稚園にお出かけ。

今回の参観では、運動会で使う小道具を作る『親子製作』ということで、のんたんは託児をお願いすることに・・・。

園の母親学級などで、今までも託児を利用することはできたのですが、嫌がるのをムリに預けてまで参加しなくてもいいか~なんて思っていた私。
でも、今回はそうはいかず、のんたんも私のいないところで過ごす時間の楽しさを味わってくれれば・・・という期待と、初めての人にも泣いて蹴りを入れたりしちゃうのかも・・・という不安を胸に託児を決定。

預けるときには全身をこわばらせていたのんたん。
先にお部屋に入っていた1、2歳のお友だちは半数以上が涙涙で、お部屋の中はそれはもう賑やかなもの。
ただならぬ異常な空気を察したのんたんはいつも以上に私にしがみついたのですが、鬼のような母(もちろん、ワタシ・・・笑)は普段通りの笑みを浮かべて素知らぬ顔で保育士さんにのんたんをお願いしました(笑)。
と同時に、耳慣れた太く強い声が聞こえてきたのですが、『おねがいしま~す』と爽やかに去っていきました。

本音はちょっと振り返って、どんな顔をして泣いているのか、どんな身のよじらせ方をしているのか、とってもとっても気になったのですが、振り返ったら最後、かなりの迷惑をかけてしまうので、一目散に(!)とんきちの待つ保育室へ・・・。

久しぶりにのんたんナシでとんきちと向き合った一時間弱。
何も気にすることなく、いわれたことだけに集中できるってとっても気持ちがいいことなんだ~なんて、つかの間のマイペースを楽しめました。
とんきちとも、『待って!』『あとでね・・・』のことばなしで話ができたし、落ち着いた時間にひとりニンマリでした。

無事、参観・懇談を終わらせて、とんきちとふたり、のんたんのことをお迎えに行くと、心配していたような姿ではなく、ひとりの保育士さんを独占してなにやら楽しそうにお話しているのんたんの姿。
私の姿を見ると、そんな微笑ましい姿が一転して必死の形相でこちらに向かってきたんですけれども・・・(笑)。
久しぶりに見るのんたんの顔、ん?! 顔中が白い・・・。
そう、激しく泣いたために、目の周りには涙のあと、口の周りにはよだれと鼻水のあとが・・・(笑)。
『おやつを食べるまでは泣いていましたけれども、それからは大丈夫でした』とお話しする保育士さんの笑顔、なんだかちょっと引きつり気味・・・(苦笑)。
きっと、それはそれは激しく泣いたんだろうな。そして、お菓子を見るなり、『おうっおうっ』って、アシカちゃんのようになったんだろうな~。

何はともあれ、これで、のんたんを預けておひとりさまが楽しめる!ということが分かったわけで・・・。
でもね、疲れ果てたのんたん、帰宅途中に爆睡。グッスリお昼寝・・・と思いきや、1時間で激号泣!でお目覚め。
パパきちが帰ってくるまで、いや、正しくは夜、眠るまで私にベッタリでした。
口にはださないけれども、全身で『もういやだ~! はなれない!!』を表現してくれました(苦笑)。


モーニングコール♪
とんきちとのんたん、朝、先に目が覚めるのはいつものんたん。

私が隣からいなくなり、リビングやキッチンから物音が聞こえてくると、それまでグ~ッスリ深い眠りについていても、くるっと寝返り目をパチッと覚ましてしまうのんたん。
反対に、開け放たれた枕もとの窓から外の音が聞こえてきても、のんたんがおもちゃをガチャガチャッと放り投げても、全く気がつかず眠り続けるとんきち。

幼稚園がなければ、放っておきたいところですが、やっぱりある程度の時間で起こさなければ・・・。
そこで登場するのがのんたん(笑)。

『のんた~ん! おはようっていってきて~』とのんたんにお願いすると、『りょうかい!』とばかりに立ち上がり、とんきちのもとへ一目散。
とんきちの身体にタッチしたり、顔を覗き込んで『ま~まん♪』なんて、かわいらしい声でモーニングコールをしてくれます。
ときには大好き♪とギュッとしたりすることも・・・(笑)。

私の『おきなさ~い!』の声だと、『まだ、ねむ~い!!』なんてちょっと怒り出すとんきちですが、さすがにかわいい妹に起こされちゃうとそうもいってられないみたいで、ニヤニヤ顔でのんたんのことをギュとしたり・・・(笑)。
これぞ、兄の至福のひとときなんでしょうね~。

そうそう、休日はパパきちが一人で眠る部屋へとんきち・のんたんはモーニングコールをしにいきますが、迎えるパパきちは『のんたんがくるとうるさくって・・・』とこちらはあまり歓迎しないようす。
かわいい娘に大好き♪としてもらえることはありがたいんだよ~と、迷惑がるパパきちを尻目にひとり朝の時間を楽しむ私です(笑)。


みだれ髪はいかが・・・?
みだれ髪ふわふわで柔らかく、細い赤ちゃんの髪の毛。

のんたんも『ねこっ毛』なんていわれるような、柔らかい髪の毛に加えて、毛先がクルクルッとカールしています。
前髪だけでも切ってスッキリさせたいのですが、切ってしまうとこのかわいいカーリーヘアーがなくなっちゃう・・・と、未だに伸ばし続けています。

そんなのんたん、普段は前髪をキュッと留めてスッキリヘアーですが、お風呂上りはこんな姿。
なんだか色っぽい感じかしら・・・(笑)。
前髪をかき上げながら遊ぶのんたんは少しだけおねえさんに見えちゃいます。

やっぱりおでこ全開!でも、このまま放っておくとまたまたあせもに負けちゃうので、やっぱりおでこ全開!
のんたんも視界スッキリ、『これがいちばん!』とばかりに走り回っています。
みだれ髪のんたんとすっきりのんたん、どちらがお好み・・・(笑)?



待ちに待った嬉しい味
待ちに待った嬉しい味食欲の秋到来!ということで、今年も福島に住むおばあちゃんから梨が届きました。

一番早くに収穫を迎える『幸水梨』。
甘みたっぷりで、包丁を入れると甘い果汁が滴り落ちるほど!

冷やしすぎるとよくない・・・なんていうのですが、やっぱり冷たいのが食べたい私は、いつでも食べられるように冷蔵庫(野菜室は鉄則!・・・笑)に2~3個ストックしています。
そして、私以上にこの福島のばあばからの宅急便を心待ちにしているのがとんきち。
私が食べようかな~と梨を冷蔵庫から出してくると、『ヤッタ~!』なんて喜んでます。

待ちに待った嬉しい味サクサクしていて噛むことが上手ではないのんたんには少し食べにくいようですが、それでもこの甘みはたまりません!とばかりに、口をア~ン!として『ちょうだい』アピール(笑)。
始めは甘みだけ吸って、梨の繊維が残ってしまっていた口の中ですが、今ではビックリするほどゴックンが上手に・・・。
のんたんのお気に入りがまたひとつ増えちゃいました(笑)。

おばあちゃんによると、このあとまた時期がきたら違う品種の梨を送ってくれるみたい。
そして、これまたとんきち大好きなキウィフルーツも時機に・・・。
食欲の秋にどっぷりはまってしまうそうな私、おいしいのをおいしくいただけるのってとっても幸せ♪ですね(笑)。



パンツへの道
こればかりは親の思うとおりになかなかいかないもの・・・。

そう、トイレトレーニング。
あせもやオムツかぶれに悩まされたこの夏、のんたんもしっかり自分の足で歩けるし、石・・・じゃなくて意思(まあ、石のように固いのんたんの気持ちにはピッタリ?!・・・苦笑)だってしっかり主張できるので、うまくいけばそろそろかな~なんて思っているのですが、そうは問屋が卸さないってね。

お天気続きでお洗濯がしっかりできる日・おなかの調子がよくって立派なお通じが出る日は基本的に布オムツ着用ののんたん。
だいたい1時間半から2時間に一度、オムツチェックをして、ぬれていなかったらトイレに連れて行く・・・なんてことをしているのですが、意思の強いのんたんは絶対にトイレで用をたしてくれません。
絶対にでるでしょ~!な状況でも知らんぷりをして澄ました顔で便座に座り、私のオリジナルソング(!)を聞きながら次々とトイレの中にあるものを『ちょうだい!』とアピール。
あまり無理強いして、トイレそのものが嫌いになったら困るので、グズグズ言い出したら、『バイバ~イ!』と水を流して(何もないのに・・・苦笑)トイレタイム終了。

もちろん、そのあとオムツをつけるまでのわずかな時間におしっこをされることもあり、時には大きな落し物までもらっちゃうことも!

大きな・・・といえば、布オムツのときに一番困るのがう○ちのときのオムツの洗濯。
とんきちのときから、『う~ん』とその気配を感じたら即オムツ替え!が鉄則の私。
オシリに大きなものをはさんだまま座られでもしたらもうそれはそれは・・・なことになるので、こればかりはのんびりしていられないんです。

でも、おチビでもレディののんたんは、この『う~ん』を見られるのがとってもいやみたい。
おまけにかなりの難産な時にはちょっと顔が・・・になるので、私もついププッとしちゃうところをどうにか我慢・・・そう、笑ってはいないんですけれども、ちょっと笑顔になっちゃうんですよね。
そんな私の顔を見てのんたんはどうするかというと・・・
つづきを表示


ワタチ、キレイ?
とんきちとのんたんは兄妹。

同じ母のおなか(もちろん、ワタシ・・・)から生まれ出てきたのに、ふたりとも溢れんばかりの『個性』をもっています。

ワタチ、キレイ?5歳のとんきちは一度もやらなかったことのひとつとして、顔にラクガキ。
でも、1歳ののんたんはやろうと思ってやったのではなく、とんきちが片付けずにいた黒色の色鉛筆の味を確かめているうちにこんなことになっちゃいました。

お母さんのまねっ子をしてお顔をパタパタ・・・という芸当がないのんたん(だって、お母さんはパタパタしないもん!なんて声が聞こえてきそうですが・・・苦笑)、今回もお顔をキレイにしようと思って・・・なんてことを考えていたわけではなく、ただ、ただ、色鉛筆が食べたかっただけ・・・。

色鉛筆を握りしめているのんたんに気付き、慌てて駆け寄った私。
大笑いの前に絶句、目がテン! そして、『デジカメとって~!』と大声でとんきちにお願い(笑)。
色鉛筆もなめなめすると、こんなにしっかりとお顔に色がつくんですね。
ひとつ賢くなりました・・・なんてこといっている場合じゃないか(苦笑)。

そのうち、意思を持って、唇に色をつけたり、頬に何かを塗りたくったりするんだろうな~。
『ワタチ、キレイ?』
そんな遊びが自然と生まれるように、私も少しパタパタぬりぬりしなくっちゃ!なんて、ことを考えた私(なにを今さら・・・呆)。


今日は2学期初めてのおべんとう日。
とんきちのリクエストは『ぞうとうさぎのウィンナー』。
つづきを表示


がんばったねのごほうび
がんばったねのごほうび早く行かなくては!と思いつつ、体調と天候(暑すぎて・・・苦笑)とが味方してくれずに先延ばしになってきたのんたんの予防接種。

予防接種の時間を診察日と別に設けている病院としては珍しく、子どもの泣き声がしない待合室。
それでも、病院嫌いののんたんはちょっと嫌な雰囲気を察したのか、靴を脱ぐところからグズグズ、私にギュッとしがみつき・・・(笑)。

診察室に入ってからはグッと口を一文字に結び、心音を聞かれている間も身じろぎひとつせず我慢。
でも、喉を見てもらうのにググッと口を開けられたものだから『ウワ~ン!!』とひと泣き(涙)。『泣いてくれたらよく見えるわ~』なんていうおじいちゃん先生の顔をギッとにらみつけるその鋭い目!
『のんたん、ちゅうしゃこわくて、なくわ~』なんていっていたとんきち、その瞬間をしっかり見届けようと一緒に診察室に入ったのですが、先生が針を用意するとソロ~リソロ~リとどこかへ・・・。どうやら、かわいい妹が痛い目にあうのは見るに忍びなかったみたい。

『この注射は痛くないから』という先生の言葉どおり、ビクともしないのんたんでしたが、以前から気になっていた脇腹の水泡が水いぼだと分かり、その場でギュッと取られたからもう大変!
ありったけの力で足蹴りをするし、身をのけぞらせて『アブ~』と猛抗議。
荒療治だったけれども、これでもう安心。次からはお家で取りなさいねと・・・(この仕事はパパきちに任せよう・・・苦笑)。

ちょうどおやつの時間だったこともあり、立ち寄ったスーパーの休憩コーナーでホッとひといき、おやつの時間。
暑い中のおでかけでとんきちもお疲れ、もちろんのんたんもお疲れだったので、ごほうびに大好きなアイスを半分ずつ。
ミニサイズのものだったので、量は知れているのですが、のんたんも一人前に食べて(吸って?!)ます。
取り上げようとするといつも以上の声と態度で抗議!! 引き換えにぼうろを渡すまでのしばしの至福の時間を楽しんでいました。
自分の分を食べ終えたとんきち、『のんたんはまだおおすぎるでしょ~』とのんたんのお下がりをもらって満足顔(笑)。

しまった!!
ごほうびのつもりだったけれども、これで『わたしもいちにんまえ♪』な気持ちになってしまったかも・・・。



大切に使ってね♪
絵本好きな私、とんきちとたくさんの絵本を読み、気に入ったものは手に入れてきましたが、なかなかお話しする機会がなかった絵本もあります。

マドレーヌ
そう、フランスの寄宿舎で暮らす女の子マドレーヌちゃんと11人のお友だち・優しい先生が繰り広げる楽しいお話。
女の子のお話だから・・・といえばそれまでのことなのですが、絵本に男女の区別はない!と思っている私も、とんきちが『みたい!』『ほしい!』という絵本を押しのけてまで手にすることができずにいました。
もちろん、幼稚園では何度も何度もお話してきたので、男の子も女の子も楽しめることは確認済みなんですがね・・・(苦笑)。

のんたんのおべんとうばこのんたんが女の子ということで(ちょっと忘れかけてやいませんか? あまりの激しさにもしや!なんて思っていたりして・・・笑)、もう少し大きくなったら堂々とマドレーヌちゃんシリーズを手に入れることができるんだ♪なんてひとり楽しみにしている私。
絵本はまだ少し早そうなのですが、違う形でマドレーヌちゃんが我が家にやってきました。

それがのんたんのおべんとうばこ。
たまたま立ち寄ったお店でマドレーヌちゃんフェアなるものが開催されていたので、暴れまわるのんたんを小脇に抱えて、とんきちとひとつひとつじっくり見てまわりました。
ハンドタオルにコップ・ランチケース・ランチボックスといった幼稚園グッズや文房具にお人形・・・。
どれもかわいらしかったのですが、その中でも『これいい!』ととんきち・私の意見が一致したのがアルミのおべんとうばこ。
大きさも重さものんたんにピッタリ♪ おまけにマドレーヌちゃんのイラストがかわいい♪
とんきちとしては、おそろいでおはしセット・コップ・おしぼり・・・といったランチセットがほしかったみたいなのですが、いくらなんでものんたんにはまだ必要ないので、今回はこれだけ。

暑い夏が終わり、お出かけ・お外ゴハンにピッタリの秋がやってくるので、これからたくさん活躍するかな~。
まずは、秋といえばこれ!なぶどう狩りに行くときのお供にしようかな~と・・・。
そうそう、これまでマドレーヌちゃんに興味のなかったとんきちですが、これをきっかけに少し気になりだしたみたい。
『おともだちの○ちゃんはのんたんとおなじマドレーヌちゃんのコップだよ~!』なんて教えてくれます。
おっ、これはこれは・・・。思ったよりも早く、絵本も手に入れられそうな気配です・・・(笑)。


男の子はやっぱり! ~鉄道模型~
男の子はやっぱり! ~鉄道模型~


マルーンカラー

男の子はやっぱり! ~鉄道模型~

これは大阪・神戸・京都を結んで走っている阪急電車のボディーカラーの名前。
日本全国を走っているJRとは違い、阪急電車は全てこのカラーに統一されています。
だから・・・というわけではないのですが、物心ついたときからこの色になじんでいるとんきちは、電車の中でもやっぱり阪急電車が大好き!
新型車両がお目見えしたときには、『いつのれる? はやくのりたいな~!』なんて心待ちにしているほど。そう、ちょっとした子テッチャン(笑)。

男の子はやっぱり! ~鉄道模型~夏休み最後の土日をはさんだ8月末の1週間。
大阪梅田の阪急百貨店・阪神百貨店で『鉄道模型フェスティバル』なるものが開催されていたので、子ども思い(?!)のパパきちはとんきちの手を取ってお出かけしてきました。そう、のんたんを私の元に残して・・・(泣)!
開場時間間もないうちから、たくさんの親子連れ、年季の入ったテッチャンであろうおじさまたちが押し寄せていた会場。
子どものおもちゃにはできない、かなりリアルでとっても高価な『Nゲージ』が展示されたコーナーは大賑わいだったみたい。
興味のない人でも、その精巧に作られた街並み・駅周辺のジオラマに見とれてしまうようなこの空間。とんきちもしっかりガラスにかじりついて満喫したみたい。

どこまでもどこまでも続く線路。
目で見える分には限界がありますが、それでも飽きずに先を眺める子どもたちの目には大人には見えないものがたくさん映っているんでしょうね。
レールの上を走る・・・そんな楽しさよりも、どこまでも続くレールをどこまでも追い続けて・・・そんな楽しさを感じてほしいな。


男の子はやっぱり! ~鉄道模型~いつもはこういったイベントではおみやげを買ってもらえないとんきちですが、夏休みのお出かけということで大サービス!
私も『ちょっといいかも・・・♪』なんて思っちゃうストラップを手に入れて帰ってきました。
もちろん携帯をもたないとんきち。今は毎日の行動を共にする幼稚園のかばんで揺られています(笑)。


男の子はやっぱり! ~鉄道模型~

男の子はやっぱり! ~鉄道模型~

男の子はやっぱり! ~鉄道模型~



ナマもののお味は・・・?
実家でワイワイにぎやか手巻き寿司。

手巻き寿司こういうときに困るのがのんたんのお食事。
いつもなら、納豆ゴハンに玉子焼きを添えて、お豆腐や煮物のお野菜をちょこちょことお皿に持って出来上がりなのんたんプレートですが、今回はちょっとおねえさんプレートにしてみました。

そう、1歳を過ぎたのんたん。そろそろお刺身を食べてみてもいいのでは?ということで、小さな手まり寿司を作ってみました。
空腹の絶頂だったのんたん、自分用だと思われるプレートに食べられそうなものがのっているのを見て慌てて椅子に座ってスタンバイ!
いただきますも忘れてちっちゃな手でつかんだ手まり寿司。迷うことなく、そう、これが何かな~と目で楽しむこともなくそのまま口へポン!

そばで息を飲んで(イヤ、かなり大げさですが・・・笑)のんたんの様子を見ていた私は、あまりの勢いのよさに拍子抜け。
初めてのお刺身、おいしく食べてはくれたのですが、モグモグとゆっくり噛んでいるうちにお皿の中のお魚が乾燥しちゃって、どんどんと食べにくくなったみたい。
結局、3つ、イヤ4つ?食べて、あとは定番の納豆ゴハンに走るのんたんでした。そうそう、納豆ゴハンにツナマヨをちょこっと入れてあげたので、いつもよりおいしく食べていたような・・・(笑)。

その後も身体に発疹ができることなく、相変わらず元気100倍ののんたん。
どうやら、お刺身も何の拒絶反応もなしにエネルギーに変わったみたい。
今はまだ、噛み応えのある生のお魚は苦手のようですが、少しずつ大人の味も楽しめるかな?

そういえば、無類の刺身好きのとんきちも、お刺身デビューはぺっと吐かれたっけ・・・(笑)。
それが今では、『みんなで分けっこよ!!』といわなければ、ものすごいスピードで食べつくしてしまうほどに・・・(苦笑)。
今はまだまだとんきちのひとり舞台ですが、のんたんもあっという間にとんきちと一緒になって刺身争奪戦を繰り広げるんだろうな~。
ウチはパパきちととんきちがまぐろ大好き♪ 私は絶対に白身派!
さあ、のんたんはどっち派? できれば、赤身派になって3人で争奪戦を繰り広げていただきたいものですが・・・(笑)。



いたいのいたいの・・・いっぱいだ~!
いたいのいたいあらら、今度は正真正銘の傷。

湿疹でもなければ、もちろんチョコレートでもない、擦り傷です。
とんきちと一緒にキャッキャッと大喜びで家の中を走り回っていたら、目の前に現れた(いやいや、始めからあったのですが・・・苦笑)柱に激突。
どうやって激突したのかは謎なのですが、なぜかあごをま~るく擦りむいちゃいました。おまけに乾燥するまではジワッと汁がにじんでいて『病院に行ったほうがいい?』な状態だったし・・・。

痛い痛い思いをした翌日、今度は私の手が滑ってゴッツン!
おやつのおっぱいがもらえなかったのんたんは、夕食の準備をしている私にしがみついて大泣き。
仕方なく、抱えながら用事を済ます私。手にしていたのは冷凍庫に入っていた密閉容器。
冷凍しているとなかなか開かないんですよね。一生懸命、開けようと手に力を入れたそのとき!
ツルッと滑ってのんたんのこめかみに当たり、私の手に見事Uターン(笑)。そして、のんたんの泣き声がUP!!
そう、凍った容器が当たってまたまたすり傷つくっちゃいました。おまけに眉の上にも少しこすったあとが・・・。

女の子だから顔は・・・なんて、なかなか治らない湿疹にやきもきしていたのに、立て続けに傷を作ってしまいました。
本当によく転ぶのんたん、これ以上痛いのが増えないようにしないと・・・。
もちろん、私も手元が滑って・・・なんてことがないよう、これからは抱っこしながらの家事はいたしません!・・・なことはできるはずがないんだよね~(苦笑)。
でも、気をつけます!!



父子でデート♪
毎月1日は何の日?

いろいろありそうですが、我が家では映画がお安く見られる日(笑)!
普段の約半額で見られるとあれば、なんとなくスクリーンが恋しくなっちゃいます。
おまけに夏休み公開の映画が目白押しで『見てみた~い!』な映画が・・・。

そう、シリーズで読み、見ている『ハリーポッター』も最新作が公開中。
これはちょうどいい機会だ!ということで、前回と同じように実家の母にお願いしてパパきちとふたりで・・・と思ったのですが、お願いした母から悲しい返事が返ってきました。

『私ひとりではのんたんは預かれないわ~』
・・・。
そう、泣き出すと私しかどうしようもなくなるのんたんを預かるのは遠慮させてほしいといわれちゃったんです。
とんきちは泣かない子だったので、働いている私の代わりに預かってくれたり、ちょっと用事があるから・・・なんていうときにも『ハイハイ』と快く(?!)預かってくれた母ですが、のんたんは厳しいんですって(苦笑)。

『おねがい~!!』と頼み込めば預かってくれたのでしょうが、我慢が効かないのんたんの泣きっぷりをイヤというほど知っている私は、『そうだよね~』とあっさり引き下がりました(笑)。
ばあばにここまでの恐怖を与えるのんたんはやっぱり大物だな~と逆に笑いが出ちゃいます。

ということで、今回はとんきちとパパきちがふたりで楽しんできました。
ディズニーの『レミーのおいしいレストラン』が見たかったとんきちは大喜びでおでかけ。
幼稚園に通いだしたことでアニメヒーローのことも気になるようですが、今回はディズニーを選んでくれてホッとひと安心。でも、いつの日か『いこうよ~!!』と手を引っ張られるんだろうな。
そのころには、私もゆっくりと映画を楽しめるかしら・・・(笑)。




Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。