FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
おにいちゃんは偉大だ~!
二日間幼稚園をお休みしたとんきち、今日は元気に出かけていきました。

そんなとんきちと反対に、ものすご~くもの足りなさそうな顔をしているのがのんたん。
昨日までいつでもそばにいたとんきちが出かけてしまったものだからなんだかおもしろくない!といった様子(苦笑)。

仕方がないので朝のおやすみの前にちょっと近所をブラブラ。
私はマンション内をウロウロするくらいでいいや~という程度にしか思っていなかったのに、のんたんのほうはお出かけする気満々(笑)!
まっすぐ前を見て、迷うことなくマンションの敷地から出て行き、ちょっと走ったら前周りで転がってしまいそうな坂道を勢いよく下っていきました。

『のんたん、待って!』
『のんたん、危ないよ!』
『のんたん、ゴッツンするよ!』

そんなことばをかけたのですが、一向に止まる気配がないのであきらめました(苦笑)。
気持ちよさそうに風を受けて歩くのんたん。でも、車道の向こうに公園があるのに気がつくとピタッと足を止めておもむろに歩道から足を一歩・・・(危)!
ギュッとのんたんの手を握って、思いとどまらせたのですが、もうのんたんの目には公園しか映っていない。
仕方がないので、手を引いて車道を横切り公園へ・・・。

玄関を閉めたあと、『んっ!』と私の手から鍵を奪い取り、『ちょうだい~!』とお願いしても『んんん!』と首を横に振って決して放そうとしなかった鍵も、邪魔になった!とばかりに私にハイ!と放り・・・イヤ、渡し、一目散にブランコに向かっていったのんたん。
抱っこでブランコ、ひとりブランコ、ふたりで滑り台(とっても幅が広くって、ひとりですべると斜面で回転しちゃうんです・・・笑)、階段上り下り・・・と公園内を一通り楽しんで、ようやく納得してくれました。

寝ちゃいました...家に帰ったら即おやすみ!を期待していたのですが、予想に反した行動に出たのんたん。
靴を脱いで家に入ったとたん、慌ててトリップトラップによじ登り、『ん!』と何かを要求。
11時前、お昼ゴハンを食べるわけにもいかず、チラッとバナナを見せると『アン~!』とちょうだいアピール。
ものすごい勢いでバナナを食べて、トリップトラップから下ろされると『アブ~』と猛抗議。
抱っこしようと手を出すと、ゴロゴロ・・・と回転して逃げ出すし・・・(驚)。
結局、アブアブ不満の声を出しながら、ラグに顔をくっつけて寝ちゃいました(呆)。

は~、なんなんでしょうね。この寝顔がなければ、もう『イ~!!!』ってなっちゃいそう(苦笑)。
そう、このかわいい寝顔(重力に負けてほっぺが垂れちゃってますが・・・苦笑)とギュッと抱きついてくるあの柔らかさにだまされちゃうんだな(笑)。

のんたんに『バッタだよ~』写真は、昨日の夕方、今日のおべんとう用のパンを買いにお散歩中のひとコマ。
とんきちが触れる数少ない虫の中のひとつ、バッタと遭遇。
恐る恐る触り、捕まえることができたバッタを、のんたんに『バッタだよ~』なんて、ちょっと自慢しながら見せていました(笑)。
怪しげな虫を捕まえるおにいちゃんの姿、のんたんにはどう映っていたのかな?
『すご~い! かっこいい!』だと、とんきちもがんばった甲斐があるんだけれども・・・(笑)。




ということで、今日のおべんとうはサンドウィッチ。
つづきを表示
スポンサーサイト







Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.