FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
おもしろとうさん・・・


おもしろとうさん
さとう わきこ 作・絵
フレーベル館


嬉しいことにとんきちはお父さん大好き。
いつも一緒に遊んでくれるから!という理由でないことは確かなのですが・・・(苦笑)。

『とうさん、あそぼうよ』
『とうさん、そとにいこうよ』
『とうさん、・・・』
お休みの日、父さんと一緒に遊びたくて誘うんだけれども、なかなか動いてくれない。眠いや疲れたなんて返事ばっかりだけれども、負けずに誘い続けるとようやく重い腰を上げて・・・。
ようやく公園へいってくれることになったけれども、なかなか遊ぶ気にならない父さん。
でも、そんな父さんの目がキラリと・・・。
それは、あの遊び! そう、父さんも昔楽しんだあれ!
それからの父さんといったら、それはもうすごい。
急にもりもり力がわいてきて、とんでもないことばっかりやり始めた。
でも、そんな父さんが大好き。そう、おもしろ父さん、大好き!

このお話は、お休みの日には日ごろの疲れがたまってゴロゴロ・・・なんてことをしているお父さんにぜひ読んでもらいたいお話。
もちろん、ウチでもお話はパパきちにお願いしました。
お話が始まってすぐ、『おれのことか・・・?!』なひとり言をポツリと・・・(笑)。
お父さんといっても、やっぱり心の中にはやんちゃな男の子だったころの思い出がよみがえればそれはもう!なお話にとんきちも大喜び。
口には出さなかったけれども、きっと、心の中では『おとうさんもこんなことしてくれたらいいのにな~』な思いがあったんだろうな(笑)。
ただ、ここまではじけるのは家から遠く離れたところでお願いします(苦笑)。







さわってあそぶ コロちゃんののうじょう
エリック・ヒル さく  まつかわ まゆみ やく
評論社


最近ののんたんのお気に入り。
まだお話を楽しむということはできていないのですが、いろいろな手触りに大喜び。

おなじみ黄色に茶色のぶちのコロちゃん。
農場のお仕事をがんばっています。
メウシの乳搾り、ウマに人参をあげ、ふわふわのヒツジにも出会いました。
楽しい農場、コロちゃんと一緒に動物たちに触れ合って楽しめるお話。

のんたんご自由に・・・(笑)な絵本立てから引っ張り出してきては、いろいろな手触りを楽しみ、ニコニコなのんたん。
興味を持ってじっと眺めるときには『うしさん』『うまさん』なんて、ちょっとお話してみるのですが、心変わりの速さは天下一品(笑)なので、なかなかお話として楽しむことができていないのが本音(苦笑)。
でも、とんきちと楽しむ絵本を横から眺めたり、こうして自分から絵本に触れ合うことが多いのはいいことかな~なんて。
本当は、もっともっとたくさんの絵本に触れ合ってもらいたいのですが、なかなかのんたんの前に『どうぞ!』と差し出すことができず、いまだにのんたんの周りには丈夫な絵本ばかり・・・(苦笑)。
スポンサーサイト







Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.