FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
芸術の秋
芸術の秋・・・

母のお供でギャラリーを訪れて芸術の秋を堪能。

木目込み人形のように見える人形の数々、実は全て木彫品です。
百人一首の詠み人たちを史実の姿に基づいて、木彫で再現したという今回の作品展。

母の知り合いが作ったという作品(一番上の写真)を見て、私だけでなく、とんきちも『すごい~!』と見惚れるその細やかな仕事ぶり。
ひとりひとりの性格が手に取るように分かるその表情、姿勢。
さすがに『私もやってみたい!』と思えるようなものではなく、ただただ、『すごいな~』ということばと大きなため息がでるばかり。
人にはいろいろな才能があるものですね。自分の中に眠る、そんな才能を開花させることができるほんのひと握りの人に出会えたような気がしました。


スポンサーサイト




Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.