FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
サンタクロースも恐れをなして…
サンタクロースも恐れをなして…クリスマスツリーをだして2週間が経った我が家。

毎日毎日、オーナメント外しに忙しいのんたん。
飾り付けしたときには、全体のバランスを考えて、上から下までまんべんなくオーナメントをつり下げたのに、今はなんだかアンバランスな姿…。

それもそのはず、手の届く範囲のオーナメントを片っ端から外してはそのままお口へ…。
赤ちゃんはなんでもお口に入れて、そのものの正体を確かめるなんていいますが、もう口以外の方法でも確かめられるお年頃ののんたん、毎日しっかりお口チェックしてます(苦笑)。

ワイヤーでできたものならまだしも、発泡でできたボールにラメを貼り付けた…なんていうものまでカジカジするものだから、何ともいえないかわいそうな姿になっちゃってます。
おまけにツリーにつり下げるためのフック部分まで器用にかじって曲げちゃっているし(口の中を切りそうで怖いんですが…困)。

いつでも、どんなときでも子どもの味方でいてくれるサンタクロースのおじいさんも、こんなのんたんのところへは恐れを抱いてやってきてくれないのでは…なんていう状態(苦笑)。
でもね、振動でセンサーが感知して♪ジングルベ~ル♪と歌いだすスノーマンは大好きみたいで、昼間ちょっと静かに過ごしたくてセンサーを切っていると、音楽がならないのが不思議なのんたんは一生懸命頭をポンポンと叩き、歌を歌ってもらおうと頑張ってます(笑)。
そんなかわいらしい姿、遠い空の彼方でサンタクロースのおじいさんがしっかり見ていてくれるんでしょうね。

かわいらしいといえば、兄とんきちもまだまだかわいいものです。

つづきを表示
スポンサーサイト







Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.