FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
ラブレター
『だいすき』

そんな熱いことばが書かれたお手紙を持ち帰ってきたとんきち。
本当はもっともっと前にもらっていたようなのですが(先日の作品展でおかあさんに『手紙書いたのよ~』と教えてもらっていたので心待ちにしていた私…笑)、なかなか、なかなか、カバンから出てきませんでした。

幼稚園の棚においていたのか、ようやく持ち帰ってきたとんきち、スペシャルな笑顔で『おてがみもらったんだよ~!』とただいまよりも先に報告(笑)。
封筒に入ったお手紙には『○○○(とんきちの名前) がだいすき』とつたないながらも、一生懸命書いたんだろうな~と思わせるかわいらしい文字が踊っていました。

大喜びのとんきち、早速お返事を書きました。
『○○○ いつもいっしょにあそぼうね』と書いたみたいなのですが、とんきちセレクトのJALのポストカードは字を書くスペースが狭く、あちこちに文字を飛ばしたので読めません…。
あまりの怪文章にもう一枚大きな紙に書くことをすすめた私。
次にできたのは『ようちえんのえんてえのとこであそぼうね』というもの。そう、正しくは幼稚園の園庭の所で遊ぼうね・・・なのですが、ちょこっと話し言葉なのはご愛嬌ということで…(笑)。

自分からすすんでお手紙を書いたことは初めてなので、怪文章でも写真に収めないと!と思っていたのに、とんきちは手紙に込めた思いが流れるのを恐れるのか(そんなことないでしょうが…苦笑)、撮影はNGでした。
もらったお友だち、ちゃんと読めたかな~? きっと、お家では『なんだこれは?!』といわれたんだろうな。

そうそう、このラブレターをくれたのは、クラスで一番…
つづきを表示
スポンサーサイト




Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.