FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
やっぱりやめた…
園までの道をのんびり歩いて・・・
とんきちの朝の通園風景は、マンションエントランスで『バイバ~イ!』。

本当は、のんたんを乗せたベビーカーをゴロゴロ押しながら、朝のお散歩といきたいところなのですが、お友だちママがお仕事前にお子さんを送っていくのに便乗させてもらっています。
申し訳ないと思いつつも、子ども同士、一緒にいくのが当たり前のようになっていて、『いいよ~。気にしないでね~。』なんて、笑顔で答えてくれるママさんに甘えっぱなしの私、そしてとんきちです。

でも、今朝は久しぶりに3人で園までの道をのんびり歩いていきました(もちろん、重たいお嬢さんが乗ったベビーカーをゴロゴロ押しながら…)。

遊びすぎて夕食の途中・・・zzz昨日は久しぶりのオレンジデーで、仲良しのお友だちのお家へお邪魔して遊びすぎて夕食の途中、いや、始まった途端グ~と寝息…(笑)。
ぐっすり眠った今朝は、少し起きる時間が遅くなってしまったとんきち、おまけに『おなかがいたい』なんて2度もトイレにこもったものだから、いつもの時間には到底間に合わない。
『今日は一緒にいけないよ。トイレだけはしっかりしてね。』なんて、やんわりと歩いていかなければいけないことを伝えた私。きっと、『いやだ、いっしょにいく…』なんてメソメソされるんだろうな~と思いつつ…。

それが意外にアッサリと『あのね、もういちばんにおへやにいくのはやめた』なんていう答え。
そう、いつもはクラスでも1、2を争うくらいの朝早い登園だったのですが、もうそれはいい、歩いていくというんです。
あら、これはめずらしい…と思いつつ、いい機会だからこれからは歩こう!なんて話をして、ゆっくりのんびりお家を出て、てくてく歩いていったのですが…。
つづきを表示
スポンサーサイト







Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.