FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
貼ってはがして…
貼ってはがして、また、貼って…。
貼ってはがして…
何度も何度も繰り返しているうちに、接着面にホコリがついてしまって、うまくくっつかなくなってアレレ?なんて不思議顔。

子どもが大好きなシール遊び。
家の中、あちこちに貼られてしまっては困るので、とんきちはお絵描き帳だけのお楽しみだったな~。
もちろん、今でもシールをもらうとすぐにお絵描き帳を引っ張りだしてきて、ペタリ。
のんたんも大好きだけれども、小さなシールがうまく触れず、すぐにダメにしちゃう。

でもね、これなら私にだって遊べちゃうんだよ!
そんな一人前の顔して、繰り返し繰り返しペタリ、ペタリ、ペタリ…。

そう、おしり拭きについているシール。
毎回新しいものをだすたびに、『ちょうだいね~!』と持っていっていたとんきち。
『これならきれいにはがせるから…』とタンスの横に並べていました。
遅ればせながら、その存在に気がついたのんたんは、とっても長いこと、楽しそうに貼ってはがして、また貼って…を繰り返して遊んでいました。

そして、とんきちコレクションはのんたんの手によってゴミとなってしまったのです。
『ごめんね~、とんきちおにいちゃん!』
大丈夫、きっと、のんたんの笑顔で許してくれることでしょう(笑)。
スポンサーサイト







Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.