FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もしかして… 嫌な予感
数日前から鼻水とおなかの調子が悪いのんたん。

おとなしくお家でゆっくりして、食べるものに気をつけていればよくなるだろう…なんて思っていたのに、今朝突然の嘔吐。
朝起きると必ず私にまとわりついて、スキあらばおなかに手を入れちゃうぞ~なんて狙っているのんたんが、今朝はめずらしくひとりお布団に戻りどこかを見つめてしばしの休憩。
あら、めずらしい…なんて思いながら、脇で布団をパタパタとしていた私。
なんてことのない、何か感じるものがありのんたんに視線を向けると怪しい…。

とっさに口元に手を持っていき、辺り一面…という難は逃れたものの、吐くという初めての不快な体験に気分を害したのんたんは『ぶぶぶ~』なんて怒りながら私の手のひらをバシバシと…。
せっかくキャッチしたものをばらまかれては大変と、とんきちに『おとうさんよんできて~!』と頼み、慌てて立ち上がりなんとかセーフ。

その後、普段と様子が変わることないのんたんだったけれども、朝ゴハンはリンゴだけ。
でも、そのリンゴさえも噛み砕いては口からポロポロ…。
かかりつけの小児科に行ったけれども、とりあえず鼻水の薬が処方されただけで、下痢は食事療法で様子を見ましょうとのこと。

胃腸風邪だととってもとっても辛いのですが、帰宅直後、おなかのゆるみが今までよりもパワーアップしたようで、見守る私は戦々恐々。
今は薬のせいでぐっすり眠っていてくれますが、スッキリ目覚めるか、それとも不快な目覚めか…。

どちらにせよ、少しでも鳴き声が聞こえたら即様子を見に行くようにしないといけないな~と、家事をしながらも気が気でない私。
もうすぐクリスマス、我が家も子どもが喜ぶお楽しみを考えているし、早くよくなってほしいのですが…。
とりあえず、土鍋でおかゆさん、作って待機してます…。
スポンサーサイト




Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。