FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
サンタの内職
鈴の音がすぐそこに~


サンタの内職
大変、大変!
そりに乗ってサンタクロースがやってくるというのに、我が家のプレゼントはまだはだかんぼ。
これじゃあ、プレゼントというよりも、お買い物から帰ってきたばかり…という感じ。
とんきちが午前保育、少し調子よくなってきたのんたんはお昼寝の時間が短縮。
先日、じいじと一緒にお買い物に行って手に入れてきたクリスマスプレゼント。ラッピングは私の担当だったので、どうにか時間を見つけてガサゴソガサゴソ…(苦笑)。
本当はかわいいクリスマス柄の包装紙で包んで、リボンをかけて…なんて思っていたのに、お買い物にはとんきちがしっかりくっついてくるし、とんきちがいないときにはのんたんまでお昼寝で車から降りられずお買い物断念。

ということで、ウチにあった不織布を使って包んだだけ…になっちゃいました。
とんきちとのんたんにひとつずつ作ったプレゼントの包み。お買い物のときにはお店の袋に入っていたので、こうしてリボンをかけるだけでとんきちの『サンタクロースさんが…♪』な気分にしっかりのれるかしら…。

そして、クリスマスといえば…な我が家のお楽しみ。
私が子どものころから両親にしてもらっていた、母手作りの靴下にお菓子をギュギュッと詰めて…も用意バッチリ!
毎年恒例の廊下に飾ってクリスマスまで胸を膨らませて…なんていう楽しみ、今年もしっかりとんきちの心をギュッとわしづかみ(笑)。
『わ~、のんたんのがちょっとおおきくなってる!』
『あれ~、ちょっとだけぼくのほうがおおきいかも~。のんたんのはまだだね~!』
なんて、毎日毎日、靴下のふくらみチェックも欠かしません(笑)。
とんきちの靴下にはお菓子をぎっしり…でもいいけれども、のんたんの靴下にはお菓子を詰め込むのは考えものということで、そろそろデビューしてもいいかしら?なチェーンリングを少しだけプラス。
お陽さまのあたる場所で小さなリングをひとつひとつつなぐ仕事。気を抜くと眠っちゃいそう(笑)。

クリスマスまでもう少し、サンタクロースの内職も急ピッチで進んでおります(爆)!
スポンサーサイト







Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.