FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
ハイ、やっぱりそうでした… 
夕べ、突然の発熱でぐったりと寝込んでしまったとんきち、やっぱり…の結果でした。

今日、午前中に病院で診察と検査。
所定の時間を待っても、陽性反応がでず、『風邪の前兆かもしれない』『何の薬をだそうか…』な状態で帰宅したのに、夜になって病院から電話。
『先ほど確認したら、A型に陽性反応がでました』なんて…。

すぐに病院に行き、特効薬といわれるものを処方してもらおうかとも思ったのですが、発熱はしていても、ぐずることなく穏やかに眠っている状況を話すと、そのまま様子をみてみましょうということに。
もちろん、お願いしたらお薬もだしてはもらえたのですが、もともと、インフルエンザの特効薬なんていうものはなかったわけで、最近になって見つかった薬でいろいろと問題が起こっていることもあり、できれば使わずにいたほうが…というのが先生の思い。

発症後、48時間を過ぎると薬の効力がなくなるということなので、今晩はとんきちの様子をみながらすごし、明日の朝の状態で決めようと思います。
丸1日以上、38度5分超えの高熱が出続けているとんきちは、かなりやつれた表情で力も出ずふらふらとした様子。
それでも、夕方には『おなかがすいた。おうどんとゼリーがたべたい』なんていって、食事をとることができたし、ぐっすり眠って少し楽になったのか、布団から抜け出たい!なんていうことまで思うように…。まあ、そんなときに実はインフルエンザでした…な電話がかかってきたので、一気にグッタリとしてしまったんですけれども…。

生まれてから一度もインフルエンザにかかったことのない私、2年に一度ほどのペースでウィルスと仲良しになるパパきち、おうどんチュルチュル生活からようやくさよならできたのんたん。
さあ、とんきちから怖い怖いウィルスをもらってしまうのは誰なんでしょう。
予防接種をしたのんたんは安心かな~なんて、少し期待したいのですが、なんといってもとんきちも注射したんだよな~。
そう、でもね、効力を発揮するまで2週間。予防接種からちょうど2週間経ったときに感染したんです。きっと、効力を発揮する直前にウィルスに飛び込まれちゃったんだろうな。運のないとんきち…。

ということで、世間はいよいよクリスマス本番♪
おいしいケーキを食べて、うれしいプレゼントをもらって…なんて、楽しい時間を過ごすことが多い3連休。
どうやら我が家はじっとおとなしく過ごすことになりそうです。
両じいじ・ばあばのおうちでクリスマスを楽しもうと思っていたのに、やっぱりこのままじゃ、先延ばしにしないといけない…よね~(涙)。
スポンサーサイト







Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.