おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


なんでも知ってる…
なんでも知ってる…夕べから体調不良のとんきち、めずらしく発熱をして早めに就寝したおかげか昼過ぎにはいつもの元気復活!

体がだるいとおとなしく布団の中に入っているけれども、すっきりしてくると途端に退屈になってしまいゴソゴソと布団から抜け出ては部屋を行ったり来たり…。
おもちゃで遊ぶのはダメ!となると、これしかないとばかりにでてくるコレ

はやりの携帯ゲームに興味がないわけではないけれども、『目が悪くなるから』という理由で買ってもらえないとんきちは、私のことばどおり『お年玉をいっぱいためて小学生になったら自分で買う!』なんて楽しみにしてます。実は、貯めなくてももう買えるんだけれどもね(苦笑)。
そんなとんきちの相棒、雨の日や、いつものおもちゃに飽きちゃったときだけ登場するから未だに熱中度高し。
電源を入れて、スタート画面に『○○○くん、こんにちは』なんてでると、嬉しくなって『わ~、はじめっからなまえがわかってるんだ~』なんて喜んじゃってます。
もちろん、ゲームを買ったときにパパきちが入力しているんだけれども、スイッチを入れるたびに驚くとんきち、まだまだおこちゃま(笑)。

ゲームのように入力しているわけではないけれども…
つづきを表示
スポンサーサイト


春まだ遠し…
春まだ遠し…週末、お天気が悪いこともあってなんだか肌寒いコチラ。

咲き始めた桜の花もしとしとと降り続く雨粒たちに揺らされて早くも舞い落ちてしまったものも…。
ウチのベランダに訪れた春は、屋根に守られているので雨にさらされることない上にお陽さまの強い光を浴びないことで、花姿を乱すことなくまだまだきれいな姿を楽しませてくれています。

…と外のことばかり気にしている私ですが、花が咲き始めた先週、いや、先々週に早くも暖房器具(ウチはガスファンヒーター)を片付けてしまった家の中はなんだか肌寒く、心もとない感じ(苦笑)。
冬場、ほとんどつけることがなかった床暖房をつけて家族みんなでリビングに集まってまったりと…。そう、床暖をつけてラグの上に座り込んでしまうとぬくぬく感から眠たくなっちゃうんですよね~。
いつもはお昼寝をしないとんきちもついつい…zzz
けれども、ひと足早くお昼寝を済ませたのんたんに頬を触られ、大きな声で泣かれ、気持ちのいい時間もあっという間に中断されちゃった(苦笑)。

もう少し花冷えが続くようだけれども、『片付けるの早すぎ~!!』と苦情が出ないように、お部屋を温めるためにせっせと煮物でもしましょうか。なんて、今夜は皮から手作り、お得意の餃子だけれども…(笑)。


顔パン、どこから食べる?!
お昼ゴハンは焼きたてパン。お昼ゴハンは焼きたてパン。

といっても、おうちパンじゃなくって、焼きたてを買ってきたんだけれども…(苦笑)。
みんな、それぞれが自分の食べたい物を選んで、切り分けていろいろな味を楽しんで大満足♪

そして、のんたんにはやっぱり顔パン。
とんきちはコアラパン、のんたんはパンダパン(あっという間に食べちゃってかわいい顔の写真はナシ…苦笑)を堪能。
5歳のとんきちは迷うことなく端から上手にパクパクと口に頬張ったけれども、初顔パンの1歳ののんたんは上からパクパクいきました。そう、上から…。
食べにくそうにパンダを歯ではぎ取りながら食べるのんたん、口の周りにお化粧をして『おいしい~!』の花マル笑顔(笑)。
あまりにも食べにくそうなので、持ち直しさせるんだけれども、『んん~!!』と怒ってやっぱり上から…。

食べている姿を見て思い出した私、『しまった! チョコパンじゃなくってシンプルなパンにすればよかった~!!』とチョコだらけのんたんに苦笑い。チョコの誘惑、これから多くなるんだろうな~~~~(泣)。


満開です
我が家の桃の花。ようやく華やかな姿を楽しませてくれるようになりました。

我が家の桃の花。
赤・桃・白の3色が咲くという南京桃なのですが、思っていたよりも赤色の枝が強かったようで、白・桃はひと枝ずつ。
でもね、赤色の桃がたくさん花開いてくれたのでとっても華やかなんです。

この鉢をいただくまでなじみの薄かった桃の花。
こうしてじっくり見ると、見分けのつかなかった梅との姿の違いにビックリ。
こんなに違うのに、どうして間違えていたんだろう~ってね(苦笑)。
幾重にも重なった花びらが見事な桃の花、もう少しの間、寂しいベランダに彩りを…と思う私の気持ちとはまるで正反対なのんたん、花より○○で、お花にチラッと目をやってはみるものの、ほとんど気に留めることなく遊ぶことに夢中。
お花を傷つけないでね~と祈る母、知らん顔で勢いよくぶつかる娘…(泣)。


コテツ 集合
コテツ、我が家に集合!

『コテツ』…子鉄…そう、電車好きなちびっ子たちのこと(笑)。
電車好きのとんきちが見つけた友だちはやっぱり電車好きということで、今日ウチに遊びにきてくれた4人のお友だちはみんなテッちゃん。
お昼前に集合した彼ら、集合前にとんきちが組み上げたプラレールの線路に思い思いの電車を走らせて、グルグル、グルグル、グルグル…本当にどこまでいってもグルグル線路を走らせ続けてました。
途中で額を寄せあってなにやら難しい顔をしてもめている姿、何のトラブルが?なんて思っていたら、線路を少し改良するためにどうしたらいいか、みんなで意見を出し合っていたみたい。そんな遊び方、今までできなかったのに、成長した彼らの姿を見てコテッちゃんのママたちもビックリ!

とはいえ、12時前から18時まで延々と電車を走らせるだけの遊びに、見ている私たちのほうが『もういいって~』と勘弁してほしくなっちゃいます。
基本的に子どもたちの遊びには関わらないでいたけれども、いつ見ても、座り込んで片手に電車を走らせて線路に沿って移動…というのはね~(苦笑)。
おかげで私たちママチームは心おきなくおしゃべりに花を咲かせることができたのですが、コテツに染まりきれていないおチビちゃんたち(弟クンとのんたん)はおもちゃで遊んだかと思えばすぐにママチームのもとへ舞い戻りお菓子を口に…という状態。のんたんも一緒になってお菓子ばかり…なんていい思いはさせません! おつまみは煮干しに徹底(笑)。

なにはともあれ、仲良しのお友だちとお休み中も集まって遊ぶことができるのはとってもいいこと。
今日が待ち遠しくてたまらなかったとんきちは、遊びにきてくれたお友だちひとりひとりに『○○くん きょうはきてくれてありがとう ○○より』というカードを用意していたくらい。
お友だちっていいな~。心からそう思うことができるよう、これからもお友だちとの関わりを大切にしていってほしいものです。


傷あと…
楽しい遠足(笑)が残したもの… 

それは膝につくった擦り傷。
暖かな日だったので、この春初めての素足にスカートというスタイルでお出かけしたのんたんは、元気いっぱい動物園内を歩き回り、勢いよく思いっ切り転んでくれました。
今まで何度も転んできたけれども、ズボンにタイツという状態での衝撃とは比べ物にならないナマ足の痛さ(苦笑)。
転んだときもいっぱい泣いたけれども、どうにかがんばって歩き続けたのんたん、膝には痛々しい傷あと。

そんな傷あとを見るたびに『ウァ~ン!!』と大泣きするのんたん。
本当に一日中泣いてました(苦笑)。
ご機嫌に遊んでいるな~と思っていたら突然の号泣。そして私にすがりついて涙をポロポロこぼしながら足を指差し…。
擦り傷が痛むはずはないのに、足を引きずってみたり、痛い足を持ち上げて一生懸命アピールしてみたり、本当に一日中大騒ぎでもう大変!

明日はもう少し傷あとも小さくなっているだろうし、涙の数も少なくなるかな?

教訓:元気に歩き回る場所には長ズボン着用!!



ZOO!
ZOO!

いつもはおウチで集まる私たち、今日は春の陽を浴びてのおでかけ。

行き先は神戸にある王子動物園
メンバーは私の短大時代の友人、そしてちびっ子たち。予定では4親子だったけれども、予定が合わず3親子(親3人・子5人)でのおでかけ。

ZOO!とんきちが一番のおにいちゃんで1学年下の愛しのNちゃん(こっちの彼女…笑)と弟くん(2歳になったばかり)、同じく2歳になったばかりのNちゃん、もうすぐ2歳ののんたんというメンバー。
とんきちは大好きなNちゃんがいるので朝から大はしゃぎ。なんだかウマが合うこのふたり、いつもすぐに意気投合して仲良く遊んでくれるので親としても嬉しい限り。
のんたんも月齢の近いお友だちがふたりもいるので、普段はなかなか楽しめない同年齢の関わりを満喫できる!なんてね。


ZOO!ひとときも目を離せない、そんなお年頃の子どもたちを連れてのおでかけ。
さぞおつかれ…と思われるかもしれませんが、やっぱり気の合う仲間とのお出かけはいいもんで、グッタリ!という疲れはないんですよね~。
とんきちも私も『楽しかったね~♪』なんて、お互い一日を思い出していい顔ができちゃう、そんな一日に大満足。
まあ、そうはいってもおチビのんたん(戸外で一緒に過ごすとやっぱりイチバンのおチビちゃんだったことを実感…笑)には過酷な一日だったようで、坂ばかりの園内を一日中歩き回り、2度ほど転んで膝に擦り傷を作って大泣き。おまけに帰り道、駅から家までの長い坂道も半分以上歩き…なんていうハードワークで家に帰ってからは機嫌が悪いったらありゃしない(苦笑)。

ZOO!フラミンゴに始まって、ゾウ(子どもの背丈ほどの子ゾウとも対面♪)、コアラ、パンダ、シロクマにキリン…と園内を制覇してたくさんの動物たちと出会い、普段の公園遊びとはまた違う『生』の刺激をいっぱい受けることができたかな~。
そうそう、怖いもの知らずののんたんは生保のCMでおなじみの『グワッグワッ』のアヒルちゃんに突進してました。くちばしでカプって手や服を食べられてようやく敵の強さを実感したようで後ずさり…。
そんな勇敢な妹の姿を目の当たりにしたとんきちは引けまくりの腰でちょっとだけタッチ!
『ヤッタ!』なんていうちょっとだけ誇らしげな顔、母は見逃さなかったわよ~(笑)。

ZOO!
かわいく跳ねる姿とは裏腹になんとも目つきの悪いカンガルーくん。『なに見てんのよ~』って感じ(爆)?!




最近、お昼間のPCタイムがとれず、コメのお返事が全くできない状態となっています。
お返事するよりもみなさんのブログへ遊びにいくほうを優先してしまい、なかなか、なかなか、なんです(苦笑)。
あと数日は忙しい日が続きそうなので、お返事にはもう少しお時間をいただくかも…。
『コメ残し損』…なんて思わず、コメントをいただければ…(笑)。


ベジタリのんたん
ベジタリのんたん思いつきで作った今夜のサラダ、これがのんたんにヒット(笑)!

見た目は寂しい色合いでなんだか大人のおつまみみたいな感じだけれども、見た目を気にしないのんたんはパクっとひと口。
『んん!』とさらにもうひと口。あっという間に完食して、おかわりちょうだい!

にんじん・きゅうり・大根・こんにゃく・ひじきをお酢とゆず塩で和えてごま油を少し垂らしただけのクイックメニュー。
これならいくら食べても大丈夫!なおかずなので、モリモリ食欲の止まらないのんたんに心ゆくまでおかわりさせてあげましたよ(笑)。
兄とんきちも…といいたいところですが、とんきちはルックス重視なので、『いらない!』と麻婆豆腐ひとすじ(苦笑)。
本当はこういったこともふたりで争ってくれるといいんだけれどもね~。


だいすきミッキー!
だいすきミッキー!のんたんに新しい相棒ができました。

そう、大きな大きなミッキーマウスの人形。
ミッキーマウスといっても、これは蒸気船ウィリーの頃のミッキーなので見慣れたミッキーとは少し感じが違うかな? おまけにモノトーンだし…(笑)。

とんきちのおさがりで着ているパジャマに大きなミッキーの顔が描かれていることでのんたんにとってはおなじみのキャラクター。
やっぱり…というか、本当にビックリすることで、のんたんは顔が描かれているものが大好き。動物でもキャラクターでもとくにこだわりなく、目・口が描かれているものを見て表情を真似てニッコリしているところなんてやっぱりオンナノコなんだな~と驚く私(笑)。

そんなおなじみのミッキー。家の中にもなにかとミッキーの顔が描かれたものがあって、『ミッキーさんだね~』なんて、『んん!!』と喜んで指差しするのんたんとお話ししていた私。ふと思い立って、ウェルカムの思いでウチにくるお客さんをおもてなししているウィリーくんを渡してみました。
廊下からつながるリビングの小窓にウィリーを立たせて扉をトントンとノック。振り返ったのんたんのビックリ、でも嬉しいドキドキの顔(笑)。
予想以上に大喜びで一生懸命に抱きかかえて遊ぶ様子に大笑い。このウィリー、スタイルを自在に帰られるように手・足が自由に動かせるようになっているんです。だからとっても抱きにくい! おまけにのんたんと同じ背丈、出っ張った鼻とのんたんを手こずらせることばかり(笑)。それでもイライラせずに必死に抱える姿はかわいくもあり、おかしくもあり…。
ただひとつの問題が…。それはとんきち。
のんたんが楽しそうにしていると自分も一緒に!となるので、のんたんから取り上げて泣かせることもたびたび。のんたんが手を離した隙に持っていっちゃうんだけれども、気がついたのんたんの絶叫はすごい…。
『貸してあげて!』『イヤ~!!!』ととんきちのほうが号泣することばかり…(苦笑)。
まだまだ隣のバラは赤い…とんきち、これからの戦いの火種を作っちゃったかも。

なにはともあれ、これだけミッキーを愛してくれるならTDLにいったらハイテンションで盛り上がること間違いなし! タイミングよくTVでTDSの映像が流れて、のんたんもノリノリ♪
さあ、今年は行けるかな? 連れて行ってもらえるかな?




ちいさな楽しみ
ちいさな楽しみお天気のいい日にお出かけ…となると、自然とテンションがあがるもの。



それなのに、今日のお出かけは大人の用事(苦笑)だったので、子どもたちはちょっと欲求不満気味。

ちいさな楽しみ少しだけお楽しみもないとね~と、まずは腹ごしらえから…。

とんきち大好きなMのハンバーガー。のんたんには途中、芦屋で立ち寄ったお気に入りのパン屋さんのパンを渡し…たのですが、『しまった!』うっかり目の前にポテトを置いてしまったものだからおいしいパンよりもポテトに手のが伸びる、伸びる、伸びる~。
パパきちととんきちにスピードアップをお願いしてどうにかポテトの誘惑から遠ざけることに成功(笑)。
『ごちそうさま!』とおなかいっぱいになったふたり。さあ、お次は何をして…と思っていると、のんたんがなにやら不審な動き。パパきちが座る後ろに回りハイハイスタイル。
なんと、落ちているポテトを拾いにいったんです(苦笑)。
もちろん慌てて捨てたけれども、狙ったポテトを横取りされた上にポイされたのんたんの不満の声といったらもう大変! 周りにいたひとが笑っちゃうくらい(温かな笑いではないはず…泣)。


ちいさな楽しみ大騒ぎしたあとは機嫌を直してしゃぼんだまに挑戦!
もちろんとんきちは慣れたもの。大きなしゃぼんだま、たくさんの小さなしゃぼんだま、次々にキラキラを空へと飛ばしてくれました。
のんたんはそんなとんきちが作るしゃぼんだまに釘付け。大喜びで追いかけ回っていたけれども、やっぱりワタチも!ということで初挑戦。
吹き戻しや笛を吹いているので息を吹き入れることは上手にできても液を吸い込んでしまうと大変なので見ているほうはちょっとドキドキ。当ののんたんはそんなドキドキ感ナシでプ~ッとこれまた慣れたもの(笑)。
でもやっぱり、自分で吹いてしゃぼんだまが飛んでいく様子を見ると嬉しいみたいで、空に舞い上がるたびに『うっわ~!』なんて大はしゃぎ。かわいいもんです(笑)。

目を離すと逆を口に入れてしまいそうだけれども、ひとつ技を身につけたことで、これからの公園遊びの楽しみが増えたな~と私もニンマリ。
さあ、この週末は大人な用事で振り回された子どもたち、次のお休みはきっと…かな(笑)。


ともだちっていいな
興奮しっぱなしの一日。とんきちだけでなく、のんたんまでもが…(笑)。

近所に住むお友だち、とんきちと同級生の男の子・今春年少さんになる弟クンがママと一緒に遊びにきてくれました。
1歳の頃からの仲良しで、ふたりともテッちゃんとくればコレしかない!ということで、ずっとずっと電車で遊び続けるふたり(途中、ちょっと落ち着けるためにアイロンビーズを強制的にやらせちゃいました…笑)。
楽しすぎて、ちょっとしたことがきっかけでゲラゲラ大笑い、くだらないことをいっては相手を笑わし、一緒になって冗談ばかりいいあってそれはそれは賑やかな一日。

のんたんからしてみれば、かなり上のおにいちゃんばかりだったけれども、そんなことおかまいなしで一緒になって楽しませてもらい、これまたゲラゲラ・ウォーウォーと大はしゃぎ(笑)。
おまけに、お友だちママがとっても優しいので、『しめた!』とばかりに甘えて膝に乗ったり、抱っこされたり、至福の時間を過ごしていました。さすがに服の中には手を入れていませんでした、ヨカッタ…(苦笑)。

楽しくていいんだけれども、楽しすぎるとハメを外しすぎるのが気になるところ。
もちろん、彼らもかなりレールを踏み外し、私やママさんからお小言をもらったり、ちょっとクールダウンのために動きを制されたりするひとコマもあったけれども、やっぱり気の合う仲間、そんなの関係ない!とばかりにはじけ続けた数時間でした。

春休みということで、少しでも長く遊ばせてあげたいし、私もゆっくりおしゃべりをしたいと思ったので、お昼前からきてもらい一緒にランチタイムを…だったのですが、狭いキッチンでたくさんのお皿を並べての作業は思ったよりも手間がかかり、その間の子守りの一切をお友だちに任せてしまったことは反省。
おまけに、バタバタしながらの流れ作業・同時進行では思わぬハプニングも…(苦笑)。
まあ、なにはともあれ、楽しい春休みの一日が過ごせたのでこれでよし!としていただきましょう。
これに懲りず、また遊びにきてもらいたいものです。だって、のんたんが手放しで甘えられる数少ない他人(表現が悪いですが…苦笑)なんですもの!


危険児に付き…注意!
魔の2歳児なんていうのはよくいったもので、我が家にも『魔』を目指して日夜家族を翻弄し続けている強者が…(泣)。

それはもちろん、のんたん。
気の強さは十分分かっていたけれども、ここ最近の行動・意思表示にはほとほと困り果てています。
お出かけ先でさっきまでご機嫌に歩いていたのに、何を思ったか突然ゴロンッと床に寝転がりストライキを始めたり(大声で泣きわめくというオマケつき…涙)、そうかと思ったら急にハイテンションになって奇声を上げて走り回ったり…(苦笑)。
1歳の子どもが『我慢』『忍耐』ということばとは無縁なことは分かっていはいますが、ここまで気の向くまま体の向くまま、自由気ままに暴れられると一緒に行動する私たちが参ってしまいます。

『傍若無人』:人のことなどまるで気にかけず、自分勝手に振る舞うこと
このことば、今ののんたんにピッタリなことば。もちろん、のんたんだけが特別…というわけではないけれども、こういったことを一切スルーしてきたとんきちと比べるとついつい…ね(苦笑)。
家族4人で出かけていても、このちっちゃな姫に振り回されて予定通りに用事が済ませられないのはもちろんだし、突然の絶叫に道行くひとの視線がいたいほど突き刺さることもたびたび。

そして、なによりこののんたんの行動で被害を受けているのは、もちろん兄とんきち。
のんたんを納得させるためにとんきちに我慢してもらうことも多く、妹大好きなとんきちでもそうそうにこやかにばかりしていられないのが本音。
不満顔で『いやだ~』なんていうものの、ついつい耳を塞ぎたくなる絶叫に負けてお願いしちゃうことも…。

女の子は育てやすいよ~なんていっていたのは誰?
ウチに限っていえば、男の子のほうが本当に手を抜いて育てられました。
ん? そうか、ついつい手を抜いて子どもの育つ力任せになってしまう私だからこそ、もう少し気を入れて子育てに取り組みなさい!ということなのかしら…。
とはいっても、やっぱりこの姫、そんじょそこらのやんちゃっ子も真っ青!な根性の持ち主です(泣)。




かわいいかわいいのんたんの手強い一面ばかりをクローズアップしてきたけれども、ついつい頬が緩んでしまう、そんな成長も…。
今までのんたんの口からでる地球語は、『ばあばっ』『うぉんうぉん(わんわん)』『ままいま~(ただいま)』なんていうそれはそれはさみしいものでしたが、ここにきてまたひとつ仲間入り。
次に手に入れた地球語は『じいじ』! それはそれは一生懸命に口をイ~ッと横に広げていうものだからかわいくってたまりません。
そろそろ『おとうさん』『おかあさん』と意志を持って呼んでいただきたいのですが、『のんたん、おかあさんは?』と尋ねると、自信を持って『じっじ!!』というものだからもう笑うしかありません(ちなみに、今まで同じ質問をしたら『ばっば!!』と答えてくれてました…泣)。
救ってほしいときにだけ飛び出す『あぐぁ~ぐぅあん!』という何とも難解なことば、もう少しこれで我慢しようかな~(笑)。


まずはランチから…
まずはランチから…雨でスタートの春休み。

お陽さまがでていたら朝から『こうえんにいこうよ~!』といわれていたこと間違いなし。
けれども、今日はあいにくの空模様ということで、『きょうはどこもおでかけできないね~』ととんきちもあきらめモード。
どちらかといえば仲良しのとんきち&のんたんだけれども、退屈になってくるとそううまく遊べなくなってしまい、とんきちがいらぬちょっかいをのんたんに出しては『い~!!!』と怒りを買って私に『放っておきなさい!』なんていわれる始末。

こうなったら何か楽しめることをして過ごさないといけないね~なんていう思いだけはあるのですが、初日から飛ばしすぎてもあとあとネタ切れになり兼ねないので、今日は軽くクッキング。
子どもと作るものといえば粉を使ったお料理が一番お手軽で楽しめるということで、今日はランチをピザにしてみました。ただ、行き当たりばったりな私のすることなので、気の利いたトッピングがなく、夕べの残りのポテトサラダに冷凍庫のシーフードミックス、そしてたまたま冷蔵庫に入っていたトマト缶の残りにオリーブオイルとハーブミックスを混ぜて即席トマトソース。

のんたんのほっぺよりもおしりよりもふわふわで柔らかい生地にとんきちとふたり、『気持ちいいね~♪』なんて指でツンツン・なでなで…(笑)。
おウチピザは厚くするとちょっと重たい仕上がりになるので(私の腕が未熟なので…苦笑)、とってもとっても薄く伸ばして軽い仕上がりのクリスピーピザに決まり♪
焼きたてをみんなで頬張って、のんたんお得意のおててを口に当てて『んまっ!』のことばもでたことだし、合格としてもらいましょう。
私たちだけピザランチを楽しんだと知ってはパパきちが『いいな~』というだろうな~ということで、軽く空焼きをして生地を冷凍しておくことも忘れず…(笑)。
優しいとんきち、『おとうさんのぶんものこってる~?』なんていいながらおかわりしてました。思いはあるけれども、お腹は我慢できないようで…。

さあ、まずはクッキングで始まった春休み。お友だちとお約束のない日は親子で春を見つけにいこう!と思っているけれども、まずはお陽さまに味方してもらわないとね(笑)。


♪ひと~つおおきくなったから~♪
今日で年中さんが終わり…。

胸に込み上げるものが…と感じていたのは、担任をしていたときのことで、我が子が一年を終えて修了の日を迎えることができても感極まるということはないもんなんですね。
『せんせい』と呼ばれていたあの頃、今日まで私のクラスの子どもたちだったみんなとお別れするのが悲しくて、保護者の方たちに一年のお礼を言うときにもことばに詰まってしまって、そんな私の思いにつられて目をウルウルさせた子どもたち・おかあさん方の姿が当たり前のようだった…それなのに(苦笑)。
とんきちのクラス、元気いっぱいの子どもたち、担任の先生・クラスのみんなとの時間は今日でおしまいだということは分かっていても、まだもう一年あるんだし~なんて、笑顔いっぱいで修了の日を迎えてくれました。そして、私たち保護者もサラリと感謝と別れを告げて家路に…。

元気いっぱい笑顔いっぱいの担任の先生は、とんきちのことを『かわいくって大好きです』なんていってくれました。
でもね、ここだけの話、とんきちはこの『かわいい』が少しお気に召さなかったみたい。
そう、なんでも『かっこいい』『つよい』なんていう男っぽいことがイチバン!なお年頃のとんきちは、『かわいい』といってくれる先生のそのことばが苦手だったんですって(笑)。
どうやら、『おかあさんはかわいいっていってもいいけど…』と外ではかっこいいオトコでいたい思いが強くなっているみたい。
でもね、『だいすき』といってもらえるのはとっても素敵なことなんですよね。大切にされ、愛されることで毎日の生活が楽しく満たされたものであった…この一年がまさにそうだったんですから。
短い春休みが終わると年長さん。新しいクラスはどんなクラス? そんな期待に胸を膨らませながら春休みを楽しく過ごしましょう。規則正しく…ね(笑)。




修了にふさわしい歌♪ぼくはおおきくなったから♪というのを知っていますか?
私、この歌でじ~んと胸が熱く、目から…。今となってはもう懐かしい昔話ですが…。

つづきを表示


おさがり
寒の戻り、もうないかな?

子どもたちの引き出しの中身を少しずつ入れ替えています。
といっても、去年着ていたものが着られるかどうかというと、『もうちいさくってきられない!!』なことのほうが多いのですが、のんたんに関しては別。
とんきちは男の子、のんたんは女の子ですが、3歳頃までのとんきちの服装は男の子でも女の子でも大丈夫!なものが多く、乱暴な着方をしていなかったので、まだまだ活躍してくれそうなものばかり。

自宅で保管しておくには収納場所に限りがあるので、着られなくなった子ども服は実家に…。
週末実家にいったので、懐かしいとんきちの洋服を持ち帰ってきました。
うんうん、まだまだどれも着られる。あれもこれも、懐かしいものばかりでまだまだきれいなものばかり。
そう、これからの季節にぴったりなものがたくさん見つかったのですが、やっぱりどこか男の子テイストのものばかり。もちろん、スカートなんて一枚もないし…。
買い足さなくても十分次の冬まで足りるんだけれども、やっぱり『これぞ女の子!』なかわいいものも欲しいのが本音。

自分のものはさておき、お買い物に出かけるとついつい目がいってしまう女の子服。
あまりにものんたん用のものばかり見ていてはとんきちに申し訳ない…と男の子服も見るんだけれども、やっぱりおもしろくない(苦笑)。
近いうちに、この春夏用ののんたん服が引き出しに仲間入り…すること間違いなしだろうな(笑)。


女の子ですから… 
食べ始めたらもうとまりません。この甘み、この食感。
食べ始めたらもうとまりません。いつまでもいつまでもポリポリ、ポリポリ…と(笑)。

のんたんのお気に入りのお菓子、『芋けんぴ』。
さつまいもをカリッと揚げて、甘いお砂糖でコーティングした昔懐かしいおやつ。
とんきちのお友だちのお家でいただいたのがきっかけで、すっかりその甘い誘惑に惑わされています。

パパきちの実家にあった大袋入りの愛しいお芋ちゃんを見つけたのんたんは、すかさずちょうだいアピール。
優しいパパばあばはもちろん分けてくれました。大袋、そのままひと袋(笑)。
のんたんの手の届くところ、目につくところにおいておくと食べたいコールがとまらないので、しっかり私が預かっています。
おウチでゆっくりポリポリしたいんだけれども、おかわり~!の声が怖くって、公園のお供になっています。そう、公園だったらおかわりできないものね(笑)!

ちなみに、とんきちはこれまた食わず嫌い(苦笑)。
のんたんがこの味に目がないのは女の子だから? それとも甘いお砂糖の誘惑?


本格デビュー
本格デビュー補助輪を外してから半年。ようやく本格始動です。

4歳のお誕生日に買ってもらった自転車。1年、補助輪をつけて楽しんでからステップアップをはかったものの、そう簡単にホップステップ…とはいかないまま冬を迎えてしまいました。
冬眠(笑)に入る前にもなんとなく乗れてはいたものの、自分でこぎだして思いのままにハンドルを操ることができなかったとんきち。

この1週間公園に通い、そして今日は私の実家で思う存分乗り回したおかげで驚くべき上達!
そう、実家は平坦な場所で車の往来も少ない住宅地のため、家の前のアスファルトでも乗ることができるし、近くの公園へ行けば向かうところ敵なしな勢い(笑)。
かなりの臆病者で、すぐに足を付いてしまうので、瞬時にブレーキを握るということができず、ハンドルがフラフラ、タイヤがユラユラ…なことばかりだったけれども、『のれるんだ!』という自信が頑張る気持ちを助けてくれたようで、今日一日で完璧!といえるまでに乗れるようになったとんきち。

同じ年齢のお友だちはもうすでに自由自在に乗り回していたけれども、焦る気持ちも悔しがる気持ちもなかったとんきちは一向に頑張る気配ナシ…なんて、親としては『がんばりなさい!!』とゲキを飛ばしたくなるようなことばかりでしたが、ようやく本人にその気が起こったようで、アッという間にホップステップジャ~ンプ!できちゃいました。
もうすぐ6歳、『いまごろ?』なんて声も聞こえてきそうだけれども、とんきち本人が乗りたい!と思って自分の力でひとつの山を乗り越えることができた、それが一番の収穫かな。
親が外さないといけないもの、おっぱい・おむつ・補助輪を卒業。なんとなくひと仕事おえた気がする私(笑)。


我が家の開花予報
桜の開花予報、発表されたけれども訂正されたとか…。

我が家の開花予報は、3月下旬から4月初旬ってところかな。
といっても、開花するのは桜じゃなくって、桃の花。

昨年ののんたんの初節句のときに義母にいただいた桃の花。
越冬したものの、葉が落ちてから何の変化もなかったけれども、ここにきてようやく開花の予感(笑)。
茶色く固い樹皮に『もしかして…』なんて越冬失敗の恐怖もあったけれども、固く蕾んだ花芽が優しい緑色になり、ここ数日の春の訪れでぷっくりと膨らんできました(連日遅くまでお仕事のパパきちに『写真載せて~』とはいえないので、イメージでお願いします…苦笑)。
まだまだ緑色の蕾み、ここに優しいもも色の赤みがでてきたら『そろそろ』なんだろうな。

この桃の花、『南京桃』という種類で、阪神間で品種改良されたもの。私もいただいて初めて出会い、何とも華やかな桃の花にビックリしました。
私の持っていた桃の花のイメージと違って、こちらの桃は3色の花がひと株に咲き誇ります。
白・桃・赤、優しい色の花たちが今年も無事に春を届けてくれますように…。


横断の恐怖
『こうえんにいこうよ~!』

修了式ももうすぐ、午前保育で毎日お昼前に帰宅するとんきちは、ただいまよりも先にこういいます。
お天気もいいことだし、のんたんもお外で思いっ切り暴れ回れるからもちろん『いこう!!』と返事をするのですが、これがまた大変。

公園に行く=自転車・三輪車を持っていく
そう、ウチから一番近くの公園までは交通量の多い車道を横断しないといけないのに、ふたりそろってマイくるまを持っていかないと気が済まない。
もちろんとんきちは、『そこで待っててね!』がきちんと理解できるので、往来の多い車道越しに私のことを待つことができるのですが、のんたんはそうはいかない。
三輪車に乗ったまま降りようとしないどころか、危ないのでとんきちに三輪車を任せて私がのんたんを抱えて…なんてことをしようものなら、発狂して泣き叫ぶ始末。
結局、私が先に自転車を横断させて、その間にとんきちにのんたんの見張り番をしてもらう。そして、第2弾で三輪車ごとのんたんを抱えてとんきちと横断することに。

でも、たまにとんきちが自転車と一緒に渡ってきちゃうこともあり、車道の向こうに三輪車に乗ったのんたんが取り残されることも…。
慌ててとんきちに『渡ってきたらダメ!』なんていったら、さすがのとんきちも慌ててしまい、車道を右往左往…なんてことになり兼ねないので、ひとり慌てる私。
のんたんは何が起こっているのか、一緒にコギコギして付いていってもいいのか、なんて顔をしながらこちらを眺めているし、それを車道越しに眺める私、本当に生きた心地がしない(冷汗)。
これが坂道じゃなかったらまた状況は違うんでしょうが、ウチの前の坂道ったらそれはもうかなりのもので、気を抜いたらスルスル~ッと下がってしまいそう(一応、タイヤの向きは坂に対して垂直にしているけれど…)。

こうして、ことばにすることで、もう一度自分の気持ちにしっかり注意信号を送らないと!と思っています。
これから春休みを迎えて、ふたりそろってのお外遊びがますます増えることだろうし、頼れるとんきちにしっかり言い聞かせて、安全に公園にたどり着けるようにしないとダメ…ですね(苦笑)。



大集合の予感
大集合の予感キャラクターものが苦手。
でも、これだけはちょっと別格になってきた、なんだか心変わりなこの春、まだまだ集合しそうな予感。

きっかけはクリスマス。
我が家恒例の靴下いっぱいのお菓子、今年はとんきちを喜ばせるためにおまけつきにこだわってみました。
とんきちにはポケモンのお菓子を入れたら大喜び間違いなしだったんだけれども、問題はのんたん。
お菓子自体お勧めしたくないし、おまけつきなんていうものに至ってはコレが欲しい!なんていうものがまだまだないようで、ついつい定番のアンパンマンに決めてしまった私。
その中のひとつ、おまけでついていたアンパンマンの指人形がなんだか気に入ってしまったのんたんは、たったふたつの仲間アンパンマンとメロンパンナちゃんを指にはめてなんだかおままごと遊びを楽しむようになりました。

そんなかわいらしい仕草を見せられると、どうしてももっともっと楽しませてあげたい!と思う親心。
そう、親バカになっちゃうんですよね。当の本人(のんたん)はそれほど固執しているわけでもないし、『これがほしい!』とアピールしているわけでもないんだけれども…(苦笑)。
でも、このアンパンマンはひとときのブームで子どもたちの人気者になっているというわけではなく、長い間愛されている永遠のヒーローみたいなとことがあるので、キャラものではあるけれども、ちょっと別格じゃない?なんて言い聞かせてます。

以前何かの番組でアンパンマンの歌♪アンパンマンのマーチ♪が紹介されていたのですが、改めて歌詞をしっかり聞いて、歌詞の持つ深い思いにビックリ。
幼稚園でも子どもたちと一緒に何度も何度も繰り返し歌ってきたけれども、こんなに歌詞を噛み締めていなかったな~。ただただ、みんなが好きだからピアノを弾いて楽しんでいただけ…な感じ(笑)。

楽しくておいしくて、深い意味を持っていて…
アンパンマン、奥の深いヒーローだったのね。なんて、今さらながらの発見にビックリしている私。
そして、コレを理由に少しずつ我が家に仲間入り…させちゃあまずいかしら(苦笑)。

つづきを表示


そうだったのね…
この記事を読むまでは私もこの方と同じように思っていました。

そう、思い込んでいた私、絶対に蛇口からでるお湯で料理をすることはなかったし、飲むことももちろん!
お風呂で洗面器にシャワーからでたお湯を溜めても同じように白濁して、しばらくすると透明に…。

絶対にお湯にする過程に何かがあるんだ!
そんな思い込み、勘違いがすっきり解消して何ともいえない爽快な気分。
これでモヤモヤした気持ちがクリアになって、これからは心おきなく蛇口からのお湯をお料理に使って時間短縮!しようかな(笑)。

インターネットで毎日の時事ニュースはかなり把握できるけれども、毎朝新聞を流し読みするのが習慣。
家庭面に載っているような雑学・小ネタが好きな私は、一面記事よりもテレビ欄からバックしていくことばかり。
でも、PCに向かい、こんな気になるタイトルがあるとついつい寄り道。本当は時間がないからチャチャッとブログにだけ向かいたいのに、一度寄り道するとそこからどんどん…。
あ~、今日もまた時間がない~(苦笑)!!


どうぶつ、いちばんはだあれ?


どうぶつ、いちばんはだあれ?
スティーブ・ジェンキンス さく  佐藤 見果夢 やく
評論社


図書館に行くと図鑑コーナーに必ず吸い寄せられるとんきち。
いろいろなことが載っていて、興味のあることはもちろん、新しい発見もできて楽しい図鑑なんだけれども、お散歩がてらの図書館立ち寄りのときにはちょっとつらい…。
そう、たくさん載っているということは、写真も盛りだくさんでかなりの重量感。歩いてもって帰るときにはできればご遠慮いただきたいもの(苦笑)。
そんなとき、こんな絵本なら分かりやすくて『へ~!』がいっぱいあるから、図鑑にも負けない大発見ができて◎(笑)!

私たちの周りにいる動物たち。そんな動物たち、大きいもの・小さいもの、速いもの・遅いもの、力もちに…。そんな動物の世界のナンバーワンを紹介しよう。
大きい動物といえば…、アフリカ象だけれども、動物ごとに見ていくと驚くほど大きなものもたくさんいる。
海の中にはシロナガスクジラ、クモの中ではオオツチグモ、蛇の中ではアナコンダ。
反対に一番小さいのはノミ。けれども、このノミのジャンプ力は世界一。
そして、一番小さい鳥はマメハチドリ。人間の手よりもずっとずっと小さい鳥。
そんないろんな動物一番を、人間の大きさと比べながら見てみよう。

頭では大きい・小さい・長い・速い…なんていう知識があって、自然と順位付けがでてきているけれども、こうして私たち人間と比較してみると改めてその違いにビックリ!
とんきちもひとつひとつに『え~!!』とかなり大げさにリアクションをとりながらも、興味津々でとっても楽しそう。
たくさんの動物たちが載っている図鑑もいいけれども、この絵本を見てから、ひとつの動物について調べてみるなんていうのもいいかな~。それはもう少し大きくなってからのこと…かな(笑)?


追い込み(笑)?!
そろそろ『毛』は店じまい…?!
そろそろ『毛』は店じまい…?!


そろそろ『毛』は店じまい…?!
この冬、思ってもいなかったこと。
そう、異常なかぎ針ブームが私にやってきたこと(笑)。
編み上げたモチーフ=コースターは数知れず、のんたん用の髪飾り(まだゴム付けしていないお花たくさん…苦笑)、巾着、マフラー… 
習うより慣れろ!ということで、次から次に図書館からかぎ針編みの本を借り、気になったものを編み、返却前にはコピーに励み…(笑)。

立春を迎え、春一番も吹き、あっという間に啓蟄を過ぎ…。
そろそろウールを手にするのは時期外れになってきたかも。かぎ針編みデビューの年は、毛糸を新調することなく、家に大量にある半端糸を消費した私。
かぎ針編みって、残り少なくなった毛糸でちょこっと編みができるのがたまらない魅力。もちろん棒針でも同じなんだけれども、やっぱり手軽さではこっちのほうが上…かな?
ウールのシーズンオフを前に、オーガニックコットンの毛糸をちょこちょこ手に入れている私。

店じまいを前に、とんきちからのリクエストにより、ルームシューズを…。
『のんたんにも!』ということで、ちっちゃな靴をおまけに。糸は在庫処分なのでごめんね…なものだけれども、暖かさにはかなわないようで、ふたりとも喜んではいてくれてます。
ただ、まだ滑り止めがつけられてないので、ツルツルッとスケーティングを楽しまなければならないのが玉にキズ…いや、大きな問題(苦笑)。
そして、冬用にはウールで編んだ携帯ケースも、オーガニックコットンで編み編み。サイズも小さくしてキュッと携帯を包み込んでくれるかわいいミニポーチ♪

さあ、春に向けてなにをはじめましょうか(笑)。

そろそろ『毛』は店じまい…?!



four leaf clover
four leaf clover探してもなかなか見つからないもの

四葉のクローバー。
見つけた人には幸せが訪れるなんていわれる素敵な葉。
子どもの頃、たくさんのクローバーを見るとどうしてもその中から四葉を…!なんてしゃがみ込んで、ついつい時間を忘れて夢中で探してしまった…なんていう人、多いでしょうね。

陽当たりのいい小さなベランダ、北側の玄関ポーチ。
植物を育てる環境にピッタリ!とはいえない、そんな我が家のガーデニング事情。
理想は、自然な感じだけどもグリーンも花の可憐さも…なんていう、漠然としたイメージを持っている私。
数年前から、陽当たりの悪い玄関周りにクローバーをメインとした寄せ植えを飾りたいと思いつつも、最近のクローバー人気でどこも完売状態。クローバーはクローバーでも、私が探しているのが『赤葉クローバー』という人気品種ということもあるのか、本当に見つからない(涙)。


four leaf cloverそんな私の『探してもなくって…』という泣き言を聞いた義母が贈ってくれたこの四葉のクローバー。本当は義母ではなく、義父の妹が見つけて即買い!してくれたんです♪ それを私に…!
ポットの中で窮屈そうにしているクローバーたち、早く大きな鉢に植え替えてあげないと根っこが悲鳴を上げちゃうかも。
さあ、週末は久しぶりの土いじり…かな(笑)! 


ピカッ
今年度最後のお弁当日。ピッカチュ~

今年度最後のお弁当日。
リクエストされてはいたものの、朝からそんな手間なことはできません…と拒み続けていたキャラ弁。
キャラ弁…というほどのものじゃあ、ありませんが、一応アレです(笑)。

いつもはふたをする前にチェックするとんきち。
今朝もいつもどおりのぞこうとするところを『ダメ~!』と制して、『なんで~!!』なんて朝からひと騒動(笑)。
でも、秘密にしていただけあって、お弁当タイムにふたを開けて『うっわ~!!』な喜びと驚きが味わえたみたい。
お友だちみんなと先生に見せた…なんていうから、恥ずかしいやら嬉しいやら(笑)。

3学期は一度もお弁当の写真を載せていなかったので、ここでまとめて…。
あっ、このあとは私の記録のために載せているので、スルーしてもらっていいですよ~(苦笑)。
ここでまとめて…。


バイバイまでのカウントダウン
もうすぐ春、そして、もうすぐ2歳。

2年前の5月に生まれたのんたん。
ミルクに頼ることなく、母乳で大きくなり、離乳食・家族みんなと同じ食事を食べるようになっても、やっぱりまだまだおっぱい大好きは変わらず。
少しずつ量を減らし、回数を減らし、いつの日かやってくるバイバイのときが気持ちよく迎えられるようにしてきました。
生まれてから今日までひと晩グズグズいうことなく眠り続けたのは数えるくらい、いいえ、もしかしらないかもしれない…そんなのんたん、最近はお昼間・オヤスミ前のおっぱいはなくても大丈夫!だけれども、夜中に思い出したようにグズグズいって私を探し服を引っ張り…。

2年間がんばってきたけれども、そろそろお別れのときが近いような気がします。母の直感(笑)。そう、これって当たるんですよね。
のんたんも今までと違う至福のときに『ん?』と顔を曇らせたり、服の隙間からチロリと私のことを見上げたり…(苦笑)。
それでも、まだまだ寝付くときには恋しくなるようで、ひとしきりぬくもりを手で確かめ、うつろな夢見心地な目をして口を開けて探し物(笑)。

母乳で育てられるのはありがたいこと、育てられる環境であるのは恵まれたことと思い、今まで自分の体に感謝してきたこの2年間。
大変なこともあったし、母乳じゃなかったら…と制約のある身に悲しくなったこともあったけれども、限られた時間の中のかけがえのないぬくもりを感じてこられたのは本当に幸せなことなんですよね。
不思議…いや、贅沢なもので、もうすぐお別れだと思うと、『やっと…!』というすっきりした気持ち以上に『もっともっとしていたいな…』という気持ちのほうがあふれてきたりして…(笑)。

なにはともあれ、3000グラムで生まれてきた小さな生命を驚くくらい強くたくましく(あれれ? 女の子に向けることばではないような…苦笑)育ててくれた未知なる母のパワーに感謝!
バイバイするまでのあとしばらくの間、2歳を前にまだまだ甘えん坊ののんたんを癒してください。そう、のんたんだけでなく私のことも…。



地球はえらい

地球はえらい
城 雄二 案  香原 知志 文  松岡 達英 絵
福音館書店


タイトルに漢字が入っているだけで、『難しそう~』なんて感じてしまうのですが、そんなことおかまいなしなとんきちがビビッときて手にした絵本。
さあ、とんきちの手に、いや、頭におえるおはなしかしら…。

いまからおよそ50億年前の話。
銀河系のはしで誕生したひとつの星、太陽。そして、その太陽の周りを回るいくつもの惑星の誕生。その中で、太陽から3番目の惑星が地球。
地球が誕生したのは46億年前のこと。生まれたばかりの地球は今よりもずっと小さかったけれども、熱い溶岩で覆われた表面は飛び込んできた隕石たちを溶かしてどんどん大きくなっていった。そして、その隕石たちが残したガスや水蒸気が大気となって地球を包んでいった。
そんな地球も、隕石の落ちる数が減り、冷え始めると雨が降り続くようになり、降り続いた雨で海が生まれた。様々な物質がとけ込んだ海、強い陽射し、雷や火山の噴火、潮の満ち引き、たくさんのことが重なっていくつもの命のもとが作られていった。
太陽から生まれた地球。地球から生まれた海。海から生まれた生命。
今、私たちにつながる全ての生命は地球から生まれた…。

対象が小学生からというだけあって、内容は難しく、ことばのひとつひとつもとんきちの年齢にはなかなか理解しづらいものだったけれども、そのことばひとつひとつが興味のあるものばかりだったようで、じっと話を聞いていたとんきち。
『○○億年』『惑星』『隕石』『恐竜』…どのことばも難しく、はっきりと理解はできていないのでしょうが、大きなイメージで生命というものを感じることができたのなら、それでこのおはなしに触れた意味は十分だと思います。
お話を聞きながら、小さな存在の私たちが好き勝手に他の生命に危機をさらすのは絶対によくない!ということが感じられたようで、じっとじっと絵本を見つめるとんきちの横顔は今までになく固く、険しいものだったような…。
子どもって、まだまだ難しいから…というような本、特に図鑑なんかにとっても興味を示すもの。
絵本を手にしたばかりの赤ちゃんが、文字をイラストの一部として楽しんでいるのと同じように、難しいことばをひとつの大きなイメージとして感じることができるのであれば、こういったおはなしにもどんどんチャレンジしていってほしいな~と。
ただ、『ん?!』と首を傾げるとんきちにひとつひとつ噛み砕いて説明して、話を進めるのは結構大変なんだけれどもね~(苦笑)。



1年の思いを込めて
1年の思いを込めていよいよ3月。
2008年は始まったばかりだけれども、2007年度は終わりを迎えようとしています。

4月に待ちに待った幼稚園児となったとんきち。
背中をシャンと伸ばしてビシッと制服に身を包んでいたのが嘘のように、今では『こっちのほうがかっこいいから…』なんてお友だちとそろえて着こなしちゃう(着崩しちゃう…笑?!)余裕まで見せてくれます。

そして今日はクラスのお母さん方と最後の親睦会ランチもあり、ひとつひとつのことがこの1年の締めくくりへのカウントダウンに…。
もちろん、来年度も毎日通い続けるので、なにも変わることはないのですが、なんとなく区切りの季節って寂しいような楽しみのような…。
入園から今までなんのトラブルもなく通ってくることができたので、押し寄せてくる感動に目頭が…なんていう気持ちになれそうもない私、ちょっと物足りないかも…なんてね(苦笑)。

修了の日にはクラスの子どもたちみんなから担任の先生に『ありがとう』の思いを込めたお手紙(絵手紙?)をまとめたアルバムを贈る予定。
一年間、何のお手伝いもできなかった私、最後に先生の好きなアンパンマンで感謝の思いを込めてみました(笑)。ちょっとやりすぎたかも…なんて反省をしてみたり(焦)!


おひなまつり
おひなまつり

3月3日、女の子が健やかに成長することをお祈りする日。

おひなまつりちらし寿司に茶わん蒸し・蛤のお吸い物、おつまみにカナッペを用意した夕食。
おこちゃま向けにちょっぴりお酢を控えたちらし寿司。とりそぼろを混ぜ込んだので炊き込みごはん風になっちゃったけれども、菱形に盛りつけて飾りをつけたらそれなりに…(笑)。
何よりのんたんがお気に入りだったのは、茶わん蒸し。ただただ茶わん蒸しばかりを食べ続け、とんきちのものまで完食(とんきち、茶わん蒸しが苦手…おいしいのにね~)!

おひなまつり…といって、何も特別なお祝いをするわけではないけれども、去年の今日よりもまた一歩レディに近づいたのんたんの顔を見て成長を感じることができたらそれでヨシ!かな。
レディ…なんて、とんでもない!なことばかりだけれども、ちょっとした仕草に女の子らしさを感じさせることも増えてきて、とんきちとは違うものに興味を持ち、違う反応を示す様子を見るたびに『あ~、やっぱり女の子なんだね』なんて思い出す私(苦笑)。


おひなまつりそうそう、しっかりもも色のスイーツもいただきました。
おひなまつりとケーキって縁遠いものだと思うんですが、デパートの洋菓子コーナーはどこもかしこもおひなまつりケーキで華やか。

おひなまつり幸せそうな笑顔のおかあさん・おばあちゃんたちが列をなして買っている様子に『便乗だ~』なんて笑ってしまった私。私は違うよ!といいたいところでしたが、アンリシャルパンティエの3月限定あまおう・のの字ロールをお買い上げしちゃいました(笑)。

おひなまつり


いっしょにあそぼ!
いっしょにあそぼ!ふたりで遊ぶともっと楽しいね!

ブロック大好きなとんきちが遊ぶ様子を見ているのんたん、やっぱりブロック好きになりました。
小さな手で力いっぱいブロックを合体したり離したり、とんきちが作ってくれた動物園や車で遊んだり…。
そんなふたりの顔はとってもイイ!

のんたんのために…とブロックを積んでいるとんきちの表情も、とんきちがつくってくれる!と嬉しそうに手元をじっと見つめ期待に満ちているのんたんの表情も…。
プラレール・トミカ・ブリオの汽車…なんだかタイヤもので遊ぶことが多いのんたんだけれども、最近はお料理ごっこや指人形遊びなんかも楽しいみたいで少しずつとんきちとの遊びにも変化が生まれてきたかな。
男・女遊びで区別をするつもりはないけれども、やっぱりタイヤものばかりは寂しい母ゴコロ(苦笑)。

今はまだ少ないトラブル…。
これからどんどん増えるんだろうな~。そう、のんたんの口からことばがあふれてくると同時に…ね(笑)!

いっしょにあそぼ!





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。