おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


悩んで… 
楽しい夏休みのお出かけも今夜が最後。

今夜…そう、今夜帰ります。
交通量の多い道路が嫌いなパパきち(誰だってね…苦笑)、深夜のドライブをがんばってくれます。ドライブ…、いったい何時間かかるんでしょう。
そして次に受ける朝日はジリジリと暑いんだろうな。この涼しさ・爽やかさとバイバイするのが寂しい(涙)。
スポンサーサイト


シュート
20080730215620
アナログな遊び。やっぱり子どもにはこれが一番だよね~。

私が使っていたサッカーゲーム。去年の夏は使いこなせなかったけれども、今年はバッチリ! パパきち相手に白熱した試合を展開中(笑)。


安眠スタイル
20080729145055
お庭で水遊びを楽しんだら疲れちゃった。

あまり見ることがないくらいのおもいっきりバンザイポーズで眠るのんたん。

聞こえてくるのは虫の鳴く声だけなんていう中で眠るのは気持ちがいいんだろうなぁ(笑)。


腰がひけても…
20080729144301
思っていた以上の荒波…。

遊泳禁止の看板に涙…なんてことありません、ウチの子どもたち(苦笑)。ドキドキしながら水に浸かるよりも、引く波に立ち向かい、迫る波から逃げ回り、海を満喫。

パパきちはそんな子どもたちそっちのけで釣りに夢中。貝拾いを楽しもうと思っていた私は興奮する子どもたちに引きづられてズボンまでビチョビチョ(泣)。
驚いたのはのんたんの度胸。やっぱり…なのかな? 迫る波に喜び休憩なしで『テ・テ!』と私を連れ出すくらい。

そんな子どもたち、後ろ姿だけ見てもそのはしゃぎっぷりが分かっちゃう(笑)。たまに押し寄せる高波に完全に逃げ腰になってるとんきち、『のんたんに頼られている!』なんていう気合いでがんばっちゃうんだろうな~。

モブログなので日にちが設定できず、1日遅れていますが、28日の様子です。


シモツケソウ
20080727123320
『シモツケソウ』

私の好きな花。こう見えてバラの一種。
小さな丸いつぼみ、たくさんのつぼみが集まってふわふわと柔らかい表情を見せてくれる。姿を見るとつい立ち止まって触れたくなっちゃう(笑)。

そんなに好きならウチでも…と思うんだけどそれができないんだよなぁ。だって、この花、高山植物だから(苦笑)。連れて帰りたい気持ちをぐっと押さえて『見てるだけ~』な私(笑)。

夏休み中の我が家、家族そろってお出かけ中♪


ホンモノ
20080726183413
作り物のような色鮮やかさ。

黄ズッキーニ。ビックリするくらい鮮やかな色でツルッとした表面。そのまま飾っておきたくなっちゃう。

楽しい発見、これも一期一会♪


いざ…
月のきれいな夜だから…

月の光に誘われて家を飛び出してみました。なんていったら驚かれちゃうかな?

さ、私は何をしているでしょうか(笑)。


仕上げは…?
手乗りウサちゃん

手乗りウサちゃん、かわいいでしょ?


手芸の達人のお友だちが作っていた編みぐるみ、かわいくってかわいくってどうしても欲しくなって、編み図を借りて自力編み編み(笑)。

オリジナルのものよりも毛糸もかぎ針も細くしてかばんに忍ばせられるサイズのウサギさん。毛糸もコットンのものを選んで、アツ~イ夏でもほっぺにスリスリできちゃう手触りにしてみました。洋服は編み図通り、でも吊り紐と腰のリボンは色を替えてちょっとおしゃれにしてみました(笑)。

あとは目・口なんだけれども、これがね~、どうしましょ?!
このままのほうが絶対にかわいいと思うんだけれども…。がんばって表情をつけたら『あ~あ…』なことになりそうな予感(苦笑)。
私としてはこのまま出来上がりにしたいんだけれども、とんきちからは『早く目と口つけて~!!』と厳しい声が…。う~~ん、悩みどころ(笑)。


小さいけれども…
20080723124452
何の花?

『オリヅルラン』
こんなに小さいけれどもユリの仲間。小さな折り鶴のような花をつけるからオリヅルラン。

長い間育てていたけれども、花が咲いたのは初めて。今年は手をかけたからというわけでもないんだけれども…。

飼い主に似て気まぐれ(笑)。でもかわいい♪


かぼちゃスープ


かぼちゃスープ 
ヘレン・クーパー 作  せな あいこ 訳
アスラン書房


夏休みに入って我が家でも毎日毎日繰り返されるやり取り、そう、とんきちとのんたんのもめ事(苦笑)。
とっても仲がよくって私なんてそっちのけで遊んでいるかと思えば、大きな泣き声とともに駆け寄るのんたん…。ま、これがなくっちゃ兄妹の面白さがないんだけれどもね(笑)。

森の中の古ぼけた白い家に住むねことりすと小さいあひる。庭いっぱいになるかぼちゃで作る世界一おいしいかぼちゃスープが仲良しの秘密。
ねこが切り分けて、りすがかき混ぜて、あひるが塩で味つけるのがお決まり。役目がちゃんと決まっているからけんかなんかは起こらない、みんなが幸せ。
ところがある朝、『ぼくがコック長』なんてあひるがスプーンを握りしめたからさあ大変。大きなスプーンを使ってスープをかき混ぜたいというあひるにりすは大反対。おまけにねこまで大反対。いつもの仲良しはどこへやら、大声でわめいたり叫んだりひと騒動。
そしてとうとうあひるが『なんにもできない。そんならでてく!』と荷物をまとめて出て行った。りすもねこもかんかんで『かってにしなよ』なんて知らん顔。『どうせそこらへんに』なんてカラ元気のねこだけれども、朝ごはんにも昼ごはんにも戻らないあひるは庭中どこにも見当たらない。そしてとうとう夕方…。
スープの時間になったのに戻らないあひる、どこへ行ってしまったのか。あひる抜きで作ったスープはちっともおいしくないし、あひるがいなければ食べる気にもならない。
とうとうふたりは暗い森の奥へあひるを探しにいった。大切な仲間あひるをみつけることができるかな。そして、また3人でおいしいスープを食べられるのかな。

自分にはこの役目…と納得しているようだけれども、本当はもっと違うことがやってみたい!と狙っていたあひる、まさにのんたん(笑)。あひると違うところは、日常的に隙を狙ってチャレンジしようとしてとんきちに阻まれているところなんだけれども…(苦笑)。
『ぼくの~』『かして~』『だめ~』『いや~』なんて、終わりの見えない言い合い、聞いているだけで疲れちゃうような気がするけれども、できるだけ放っておきたいと思う私。ついつい兄心で強く出ちゃうとんきちだけれども、泣いて泣いてどうしようもなくなったのんたんを見て自分でどうにかしようとフォローしている姿はなんだか笑いが出ちゃいます。もちろん、反対に遊びたい一心でとんきちにすがっているのにつれなくされてこの上なく打ちひしがれているのんたんを見るのも…(なんという親心、ちょっと荒んでいるかも、私…苦笑)。
いなくなって初めて気づくそばにいるありがたさ、幸せ。分かっちゃいるけれども、同じことを繰り返すんですよね。そう、それが子ども(笑)。
ケガさえしなければあとはどうとなれ…なんて思っているから、のんたんがこの上もなく強くたくましく育つのでしょうか…?


いってきます
いってきます振り返ることのないその背中。

とんきち、サマーキャンプに出かけていきました。
3連休の最終日、待ってましたの今日。出かけてちょっとお疲れ気味だったけれども目覚めはバッチリ! 集合時間の12時までの長いこと…(苦笑)。

ひとりだけでお泊まりすることに慣れっこで『さみしいなぁ』なんて不安な様子を見せないとんきち。強がっているんだろうなぁなんてことないんです。だって、本当に振り返ることなく、カメラを向けても知らんぷり。呼ばれてようやく…なんですもの(苦笑)。

とんきちの親離れ、進行中。さぁ、私たちも頑張らなくっちゃ…なんてね(笑)。


おとな買い…(笑)?!
おとな買い…(笑)?!

この夏を一緒に過ごす相棒、ようやく手に入れました(笑)。



そう、ず~っと欲しかったビルケンさん(関西でこういうと『ビリケンさん』となるかしら…笑)のサンダル♪
バーゲンまっただ中、私もサンダルが欲しくってあちこちに出没しては試着試着の連続だったんだけれども、どれもこれもしっくりくるものがない。なんとなく『これにしようかな~』なんて適当になっていたところ、『前から言ってたのにすれば…』なんて、天のことばならぬパパきちのことばで、バーゲン無縁のビルケンコーナーへ。

足を踏み入れたらもうそれまでなんですよね。あれよあれよという間に決まっちゃいました。このフィット感、安定感、来年も履けるという定番の安心感が迷っていた私の心をドンと押してくれました。
そして次に私を悩ませたのがどれにするかということ…。坂道の上に住む私、おまけにあちこちでひっくり返って暴れる2歳児を抱えているのでやっぱり足をしっかりホールドしてくれるもの…ということでまず手にしたのがBALI。でもやっぱり捨てきれない脱ぎ履きのしやすさということでCOZUMEL。う~ん、どちらにしようか。どっちも捨てがたい。
そんな私の選びきれない様子を見て『両方買えば…』な天のことば(笑)。
ハイ、ありがたくそのことば、ちょうだいいたしました(爆)。

おとな買い…(笑)?!


本当はどちらかのカラーはモーンにしたかったんだけれども、残念ながら在庫切れ。2足とも同じような色じゃ面白くないとも思ったんだけれども、シャンパンクリームとアイスペールクリームで微妙にラメ感のあるクリーム色と落ち着いたクリーム色だったのでま、いっか~なんて(笑)。デザイン、PALMAも悩んだんだけれども、足首だけのストラップなのでなんとなくホールド感が…ということで、デザインよりも履き心地重視しちゃいました。
この選択、間違ってないんだけれども、見た目を捨てた私、母なんだな~なんてちょっと悲しくなったりもして…(苦笑)。


しっぽのつり


しっぽのつり 日本むかしばなし
いもと ようこ 文・絵
金の星社


おなじみのむかし話。私が幼稚園の頃よりもむかし話に触れる機会が少ないような気がするとんきち、やっぱりいもとようこさんのかわいいイラストで描かれているもののほうがなじみやすいかな~なんて…。

むかしむかし、冬になって食べ物が採れず腹ぺこになったきつねが里に下りてきました。そんなきつねが出会ったのがどっさり魚を担いだかわうそ。
そこできつねはかわうそを呼び止めて、『ちょうどおまえさんのとこへいくとこだった』なんていいました。するとかわうそは『おらんちでゆっくりさかなをくいながらきく』なんてきつねを招待しました。
かわうそのうちではきつねが魚を次から次に平らげてみんな食べてしまい、『これからまいにちごちそうしあうのはどうか』なんてことをかわうそに話しました。かわうそはこの話に賛成して『あしたはきつねどんにごちそうになる』と楽しみにしていました。
次の日、きつねのうちに出かけたかわうそを待っていたのは、声をかけてもうんともすんとも言わないで上ばかりを向いているきつね。何度も何度もかわうそが呼びかけてようやく返事をしたきつね、『かみさまから“てんのみはり”をいいつかった』なんていって、しきりに『いそがしい! いそがしい!』というのです。そして、『ごちそうはあしたに!』なんて。
かわうそは次の日もきつねのうちにいきました。それなのに、今日のきつねは下ばかり見て…。
自分からいいだしたことなのに、いっこうに約束を守ろうとしないきつね、かわうそはこのままきつねに振り回され続けるのでしょうか。いやいや、やっぱり最後は…。

やっぱりきつねってずる賢いのね…なんてまたきつねのイメージダウンにつながるおはなし(笑)。でも、最後にはしっかり痛い目にあってごめんなさい…だからむかし話は楽しいんですよね。悪いことをしたら…なんていうことがおもしろおかしく理解できるのって、やっぱりむかし話にしかできないことなんでしょうね。
この夏、たくさんのむかし話に触れ合ってとんきちを『むかし話スペシャリスト』にしちゃおうかしら…。スタートに選んだおはなし、かなり季節外れだったけれども、暑い夜、凍り付くような冷たいおはなしでまずまずだったかな(苦笑)。


この日のために…
どうにか間に合いました…。

とんきち・のんたんを悩ませたヘルパンギーナ。終園式の今日、どうしても出席したいとんきちの思いに応えて登園OKをもらいました。
とんきちはほぼ完治、のんたんはまだ残骸があるものの時間が経てば…な診断。そして面白いことも発見。このヘルパンギーナ、喉に水泡ができるのですが、とんきちとのんたんは全く同じ場所に同じ数だけの水泡を作っていたみたい。これには診察した耳鼻科の先生もビックリ、『大体同じ場所にはできるもんだけれどもね~』なんて(笑)。

そんなとんきち、『はやく! はやく!』なんてもうこれ以上待てません!な様子で幼稚園に駆け込み、振り返ることなくお部屋に消えていきました。ホント、ウチより幼稚園…(苦笑)。
さあ、久しぶりのつかの間のひと休みタイムといいたいところだけれども、今日はこれからとんきち待望のお約束が…。
つづきを表示


本日のおやつ
本日のおやつ

『ちょ~だい!』のおねだりに負けて渡したのはのんたん大好物のアレ。


そう、枝豆(笑)。
2歳にして早くも酒飲みの血が騒ぐのか、枝豆に目のないのんたん。…なんて、本当は豆が大好きなだけなんだけれども(笑)。
納豆に始まって、五目豆の大豆、じいじ・ばあばのお付き合い(私たちじゃあないですよ…笑)ではまってしまった枝豆…と、豆を前にすると『マメ~!!』と大騒ぎするほどの豆好きになっちゃいました。絵本や広告を見ていても豆のイラスト・写真がでてくると『マ・メ~』なんてハイテンションになるのんたん。栄養たっぷりの豆をたくさん食べて暑い夏をしっかり乗り切ってくれるんだろうな。

本日のおやつ
そんな豆好きののんたん、ひとつだけ苦手な豆が…。それがインゲン豆。
どうしても食べようとしないので、『これも豆だよ』なんていいながらさやをさいて小さな豆粒を見せてあげると『まめ~!』と笑顔で納得。そしてのんたんも同じようにさやを開いて小さな小さな豆を小さなおててで器用につまんで食べて満足(苦笑)。それからはインゲンを見ると迷うことなくさやを開くのんたん、困った癖をつけちゃったもんだと後悔の私。
スナップエンドウもしっかりポリポリするのにどうしてインゲンだけ?! 早く正しい食べ方を身につけてほしいな(笑)。


心の支え…?!
心の支え…?!おでこにピッタンコののんたん、そして、その隣にはマスク姿のとんきち。

そう、のんたんお熱です。おまけにとんきちも幼稚園をお休みしなくてはいけない状態…。

昨日の昼寝起き、異常な泣きで寝起き最悪だったのんたん。泣きすぎて…ということ以上に、異様な体の熱さ。泣き続けるまま体温を測ると37.7℃。あまりにも辛そうにするので座薬を使い、泣き疲れて再びオヤスミ。30分ほどで泣いて目を覚ましたときには38.5℃、病院に着いたときには39.5℃。
とんきちの風邪をもらったようで喉の赤みからくる発熱ということだったんだけれども、前日に受診したとんきちが喉の痛みを訴えるということを伝えるとひと言即答した先生。

『ヘルパンギーナ』

夏風邪の一種なんですよね。喉に水泡ができて水分もしみて痛むという辛い症状の風邪。
急な高熱のあとに喉の痛み…なんていう症状、まさにとんきちそのもの。そして、のんたんも同じ道をたどっています。
高熱は今朝起きたときにはすっかり下がっていて、一日中元気いっぱいふたりで走り回っているのに、食事となると『イタイ、イタイ』と泣き出すのんたん。大好きな納豆も食べられず涙の食事タイム。食べること大好きののんたんにとっては本当に辛い時間でしょうね。

そんなのんたん、本当は熱なんてないのに、夕べ寝るときに貼ったままの熱冷まシートを外したがりません。『もういいよ』といっても『イヤ!』と額を手で隠しているし…(苦笑)。
とんきちはこの冷たい感覚が嫌いで熱が出ても貼りたがらなかったのに、のんたんは熱がなくなっても外したがらない…。ホント、それぞれなんですよね~。
お風呂に入るときには外したけれども、それもなかなか…だったのんたん。高熱を乗り切った心の支え、だったのかな(笑)。

明日もふたりそろっておウチタイムの我が家。私のほうがバテちゃいそう~(泣)。


進化の形?
ポケモンにかぶれているとんきち、今イチバン熱いのがこの水筒。

今イチバン熱いのがこの水筒。


本当はディズニーのトイストーリーのバズとウッディ柄の水筒だったんだけれども、気がついたときにはベタベタとポケモンシールだらけのオリジナル水筒になっちゃっていました。
このシール、お菓子やパン・インスタント食品なんかにおまけとして入っているらしく、たまにじいじ・ばあばにおまけ目当てで買ってもらってはコツコツとためていたもの。そんなコレクションに加えて、最近ではお友だちにもらったと嬉しそうにしている姿も…。

幼稚園におもちゃを持っていってはいけないというのは分かりきったこと。とんきちたち、こうして水筒に貼ってきたシールを交換しあっているんですよね~。
いつの日か、先生から『シール禁止!』なんて言われる日が来るんじゃないかとドキドキ、いやいや、心待ちにしている私(苦笑)。
このシールでお友だちとのコミュニケーションになっているといわれたら『ウ~ン…』とことばに詰まっちゃうけれども、やっぱりこうベタベタ貼られるのもね…。とんきちったら、メインのキャラクターのシールだけでなく、一緒に並んでいる商品広告のシールまで貼っているんですもの。センス無さ過ぎ~って感じ(苦笑)。

ポケモンのキャラクターはどんどん進化するみたいだけれども、とんきちの水筒も着実に進化、いや、退化しています。


おいしいとこだけ…
どうしてもお休みしたくなかった幼稚園、おいしいところだけ参加したとんきち。

日曜日、一日中上がったり下がったりしていた熱もようやく平熱に落ち着き、『ようちえんにいく!』と行く気満々。でも、まだまだ顔はいつも通りというわけにはいかず、身体中から調子が悪いオーラをプンプンと…(笑)。
楽しみにしているスイカ割りだけ参加させることにして、遅めに登園、早めに降園。本当は役員のおかあさん方だけがお手伝いのために参加する以外は保護者の参観NGなのに、先生の好意で『見ていってくださいね』といってもらえ、のんたんと私、特別待遇で参観(苦笑)。

年少・年中さんは目隠しなし、年長さんはてぬぐいでしっかり目隠しをしてのスイカ割り。なかなか命中しないので、一巡してもわずかな割れ目だけ。二巡目は目隠しを外しての本気のひと振り(笑)。とはいえ、子どもたちの力はかわいいもの、最後の決めのひと振りは先生方の渾身の一撃でパカッと…見事に。
スイカ割り、楽しいイベントだけれども、なかなかきれいに割れず果汁だけが垂れていく様子、少しずつ割れてボロボロになっていくスイカの姿は悲しくなっちゃう…なんていうのは私がスイカ好きだから(笑)?!

もちろん、痛々しい姿になったスイカもしっかり子どもたちのおなかに…。あらかじめ切ってあったきれいなスイカもあっという間に食べられたし、子どもたち、夏満喫♪
私とのんたんも『せっかくだから…』なんていう、これまた先生の優しいことばにのって、おいしくいただいちゃいました。
楽しいスイカ割りが終わって、みんなは外遊び…なんていうときに早退のとんきち。自分が調子悪いのを忘れて、『えっ?! なんで帰るの?』なんていいだすし…(苦笑)。

元気元気の一日だったけれども、やっぱり病み上がりの体には辛かったみたいで夜には38℃近くまで発熱。あまりに辛そうにするので座薬の出番。これまた座薬が怖くって怖くって…大泣き。入れ終わったあとも『おしりがいたい~』なんてグズグズ(涙)。
そんなとんきちの姿を心配そうに見つめるのんたん、どちらが年上なんだかってね。
楽しい思いをしたあとにやってきた衝撃の体験、オヤスミ前には刺激が強すぎたかな~。


チューチューなふたり
『チューチュー!』毎日毎日、ちょっと暑くなると『チューチュー!』の大合唱な我が家。

なるべく…というか絶対に、とんきちと一緒のときにだけのお楽しみにしてもらいたいのに、一度味をしめるとなかなか…なかなか…(苦笑)。

日曜日の今日はふたり並んで仲良くチューチュー♪ 果汁100%のものを選ぶという小さな努力(いやいや、買い物に行ってカゴに入れるだけ…苦笑)を知ってるのかしらね~。

のんたんの隣で、とんきちパジャマ姿。実は夕べから発熱中。座薬を入れるほどでもない、けれども起き続けるのは辛い状態。
夏休みまでラスト一週間。明日は楽しみにしていたスイカ割り。どうなることやら…(泣)。


子だくさんな…
本日ののんたん、かなり忙しそう(笑)。

本日ののんたん、かなり忙しそう(笑)。

愛用のベビーカーにプーさんを乗せて、背中にはグーフィーをおんぶ。小さい身体で子守りのお相手は3人(匹!?)。
さあ、このあとのんたんご一行はどこへ行く?

そう、目的地はWDWL! 海を越えてフロリダまで行っちゃうみたい。ガイドブックをお供に楽しい旅にいってらっしゃい(笑)!


にいにと一緒
にいにと一緒モリモリ食べるのんたん。

お弁当持ちのとんきちに合わせて、のんたんもお昼はお弁当。
『のんの~!』とマドレーヌちゃんのお弁当箱を見たときから大騒ぎ(笑)。ふたを開けてこれまた『うわ~』なんて…。いやいや、そんなに喜んでもらうほどのおかずじゃないのよ。ウィンナーに卵焼き、きゅうりに…(苦笑)。

本当はとんきちと並んで食べたかったんだろうな。やっぱりにいにと一緒がいいものね。

にいに、とんきちは今学期ラストのお弁当もピカピカ。『ぜんぶ、おいしかった!!』ですって!


ママの予定
子どもの予定で毎日が終わってしまう。そんなことが多いけれども、今日だけは特別。

中学時代からのお友だち、このブログにも何度か登場している彼女が遊びにきてくれることに…。かなり多忙な彼女、毎日拘束時間の長い仕事をこなし、メインの仕事以外にもあれやこれやと用事が多く、なかなか会うこともできない私。でも、突然の仕事のキャンセルでぽっかり空いた一日を『よし、遊びにいこう!』なんてウチまでやってきてくれました。

前回会ったのが今年の始め、そのときはとんきちとのんたんをパパきちに預けて、久しぶりに、本当に久しぶりに身軽なお出かけ。楽しく美味しい時間をすごしたけれども、今回はそうはいかない(苦笑)。
とんきちは幼稚園だけれども、のんたんは私と一対(笑)。でも、そんなコブ付きの状況でも何も変わらず昔のように楽しい時間が過ごせる、過ごさせてくれるお友だち、本当に大切。初めは警戒していた(笑)のんたんだけれども、優しいおねえさんだということに気がついてからは態度をコロッと変えておやつをおねだりしたり、おままごとの相手をさせたり…。とんきちだって、『え~、忘れた~』なんていいながらもお帰り~♪と笑顔で迎えてくれるおねえさんにコロリ(笑)。これまたおやつをもらっちゃってニンマリ…。

たまたま会う時間が作れた今回、『次は~』なんて次回の約束ができないのが悲しいところだけれども、またこうしてぽっかり空いた時間を賑やかなウチで過ごそうと思ってくれるかな?なんて楽しみにして待つ私。
出会ってからもうすぐ20年経つ私たち。あの頃は『あなたたちは姉妹みたいね~』なんて職員室に入るたびに先生たちにいわれたけれども、今はさすがにそうはいかない…けれども、やっぱり同じことを見て笑い、同じことを感じる素敵な関係でいられたらな♪と…。


ぼくがラーメンたべてるとき


ぼくがラーメンたべてるとき
長谷川 義史 作・絵
教育画劇


親子でファンになってしまった長谷川さんのおはなし。このおはなし、この夏の小学1.2年生の課題図書なんですね。
知らずに手にしたおはなし、じっくり読んでみて指定された理由に気づき…。

ぼくがラーメン食べてるとき、隣で猫のミケがあくびしていた。そして、隣の家のみっちゃんがお菓子を食べながら絵本を見てテレビを見て、そのテレビのチャンネルを変えていた。
そして、そのまた隣の家ではたいちゃんがトイレに入っていた。たいちゃんの家のトイレ、ウォシュレットがついているトイレ。ボタンを押すたいちゃん。
そしてそのまた隣の…。
みんな同じ子ども、みんな同じ空の下に住んでいる子どもたち。そのとき、ぼくたちはぼくたちの住む町住む家でいろいろなことをしている。いろいろな環境の中で生きている。

子どもの大好きな繰り返しのおはなし、どうしてこれが課題図書なんだろう~な気持ちで進めた私。そう、とんきちとおはなしを楽しんでいるそのときがこのおはなしとの初めてのときだったんです。
ゆっくりゆっくり読み進めて、その本当の意味を理解して、何ともいえない気持ちになりますね。
どのページにも同じ年代の子どもの姿が描かれていて、見慣れた日常の風景で始まったのにそれがどんどんと…。
一度目のおはなしは『ふ~ん』な感じだったとんきちだけれども、おはなしの意味を少し伝えるとじっと私の目を見てことばをなくし、それからもう一度始めに戻って…。
幼稚園年長児の子どもでも感じるものはあるようでただ何も言わず、じっと聞いている姿、とんきちなりに何かを感じとってくれたことでしょう。感想文という形で表現しなくてもしっかり心の中に何かが響いてくれたことを願う気持ちの私。
どうしても『もっと…だったらいいのにな~』な気持ちになることが多いけれども、それがとんでもなく恵まれすぎた願いだということを思い出させてくれるおはなしでした。

そうそう、『おじいちゃんのごくらくごくらく』は去年の課題図書だったんですね。絵本、やっぱり小さい子どもだけのものにしておくのはもったいない!


暴走児現る
ドタバタドタバタ…、ガラガラガラガラ…、今日から騒音注意報発令されます、我が家(苦笑)。

暴走児現る豪快だけれどもやっぱり女の子な麺(食いしん坊とはいえコレはちょっと…苦笑)、いや、面があるのんたん、お人形遊びが好きで手に何かを抱っこして…なことが多いです。
お誕生日のときにプレゼントはコレだ!と決めていたのに、メーカー廃盤で手に入れることができずあきらめていたベビーカー。そのあと、GWに出かけた高山の家具屋さんで奇跡の巡り合わせがあったんだけれども、激しすぎるのんたんに頑丈なものを与えるのはかなりキケン…ということでやっぱり見送った魅惑のおもちゃ。

それなのに、やっぱりおウチにお持ち帰りしちゃいました。といっても、予定していた素敵なものじゃなくって、ワンコインプラス…で買えるくらいのお手軽ベビーカー(笑)。
お店でも商品のぬいぐるみを乗せてところ狭しとお散歩に忙しいのんたん、帰る前に『おしまいしようね~』がとっても難しくって、とうとう、そのままウチまで連れてきちゃった。
家に帰るとすぐに大好きなファミちゃんを座らせて縦横無尽に押し回るのんたん、怪獣に凶器を渡しちゃった…って感じです。おまけに『のんたんだけいいな~』なんていいだしたとんきち、一緒になってプルトイの機関車トーマスを引き回るからもう大変! 家中ゴロゴロやってるふたり、『うるさ~い!』と早くもお買い上げを後悔するパパきち、とっても賑やかな我が家です。

この音、下のおウチにどれだけ響いているんでしょう。のんたんに繰り返し繰り返しいって、上手に操れるようにしてもらわなくっちゃ。そうしないと乗っているファミちゃんも大変だもんね(苦笑)。


願いごと 叶うといいね
願いごと 叶うといいねマンションの一室の玄関前とは思えないくらい、賑やかすぎる笹飾り…(笑)。

母の馴染みの材木屋さん、大きな竹林を所有しているので『笹をもらってきて~!』なんてお願いした私。忘れてました、あの材木屋さんのおじさま方の気前のよさを…(苦笑)。
車に積んで持ってきてくれた母、『笹が顔や首に当たってチクチクかゆかったわよ~』なんて悲壮な声とともに大きな大きな笹を届けてくれました。枝の張りも見事で高さなんて2.5mは優に超えるような大きなもの。1年ものとはいえ、ここまで大きなものがくるとは思わなかった、読みが浅かった…と頭を抱えてのこぎりでギコギコ…(笑)。

願いごと 叶うといいね立派な笹に負けないようにとんきちとふたりでせっせと笹飾り作り。『どうやるの~』『おしえて~』なんて私頼みなことが多かった去年、今年はグンと成長してなんでも自分で!な気持ちでがんばれたのにはビックリ、そして、ニンマリ(笑)。
短冊だってマジックを使ってしっかり大きな字で書くことができたし…。ただ、マンションエントランスにあるこれまた大きな笹にも短冊を吊るしたので、『もうおねがいごとかいちゃった…』なんていうとんきち。他にもあるでしょ~?なことばにもあまり乗ってはくれず、『かぜをひきませんように』『はやくおおきくなれますように』なんて地味なお願い。
もっともっと欲張ってあれもこれも!なくらいのほうがいいのにな~と思いつつ、やっぱりこれがとんきち!なんだ、と納得(笑)。

そしておチビのんたんの短冊はもちろん私が代筆、代願(笑)。こちらはちょっと欲張ってみました。
『なきむしがなおりますように』『すてきなおんなのこになれますように』『おいしいごはんがたっくさんたべられますように』
なんて夢のない願い事…。本当はそっと星に願いを込めるのがいいんだろうけれども、今日はたくさんのお願いごとで大忙しだろうし、こうして大きな声で空に向かって叫んでおかないと…ね(笑)。


伺い立てるべからず…
『全部のんたんと同じ服を着る!』

そんなことをいうとんきち、気持ちに応えましょうってことでセールまっただ中のお店へお出かけ。さ、お目当ての…と思ったけれども、まず目につくのがのんたんの服。女の子の洋服、どうしてこうもかわいいんでしょうね~。とんきちを傍らに待たせてついついのんたんの服選びに夢中になっちゃう私(苦笑)。

後ろ髪引かれつつおそろを探すことに…。
夏といえばTシャツ!ということで、いい感じのTシャツ発見。これならおそろで着てもいやらしくなく、さらっと『おそろい♪』な感じ(どんな感じ…笑?!)かな~なんて。
とりあえずとんきちにお伺い…。『ねえ、これだったら一緒に着たらいい感じじゃない?』そんなことばを聞いたとんきち、あたりをグルリと見渡し、私が選んだものの隣にあるTシャツをセレクト。『これがいい!』断言。
もちろん、同じショップのものなのでそちらもかわいらしいんだけれども、のんたんととんきち、ふたりそろって着るならやっぱり…。そんな思いでとんきちに再度アタック。そして見事玉砕(泣)。

今頃になって、というか、ようやく…なんでしょうね、とんきち、自分で自分の着たい物を選ぶようになってきました。それも、どれもこれも、ことごとく私と対立する意見で…。
今まで自分の意見を押し通すタイプじゃなかったとんきちだけれども、最近ではこうと思ったら頑としてゆずらないところも出てきて、親vsとんきち、なんていうことばの応戦が繰り広げられることも。
もちろん、とんきちの好みを通して仕方なく(苦笑)お買い上げすることもあるんだけれども、やっぱりおそろいとなるとそうばかりもいってられないし…。私が選んだもの、決してとんきちが嫌うようなものじゃない、けれども、選んでもらえない。
なぜなら、最近のとんきち、無類のブルー好き(苦笑)。何はなくてもとりあえずブルー…な状態なので、柄やデザインよりもカラー重視の傾向あり。それにはさすがの私も応えられませんものね。

何も言わずに選んだものを買い、何も言わずに『はい、おそろいだよ~♪』なんていって渡したらそれはそれは喜ぶんだろうな~。
ついつい一緒に選んだほうが…な思いからとんきちの意見を聞いちゃうけれども、しばらくの間、『どう?!』なんていうお伺いは立てずにいようかな~と真剣に悩んでみたり…(何ともノー天気な悩みだこと…苦笑)。


ぎったん ばったん


ぎったん ばっこん
なかえ よしを 文  上野 紀子 絵
文化出版局


最近見かけなくなったシーソー。意外や意外、のんたんはシーソー大好きっこ。というのも、GWにでかけた奥飛騨のキャンプ場にシーソーがあって、とんきちはもちろん、初対面のおねえちゃんに遊んでもらった思い出があるから。
ぎったん ばっこん…この音を聞いてすぐにシーソーが浮かんでくるかな?

ぎったん ばっこん、そう、シーソーがあるよ。
初めにやってきたのはとりさん。ぎーと下がるシーソー。そんなところにネズミくんがやってきてばーこと跳ね上がる。
次にやってきたのはうさぎさん。うさぎさんが鳥さんのところに座ったから、ねずみくんはぎったんとあがっちゃった。
そうしてどんどん仲間が増えてきて、最後にはもう乗れませ~ん、な状態。
そんな大人気のシーソー、最後にやってきたのは誰かな? 

ふふふ…思いだしたみたい(笑)。一緒に口ずさむのんたん、嬉しい顔でニンマリいいお顔。脇からのぞいていたとんきち、『えっ、これだけ?!』とあっけないおはなしに微妙な顔(笑)。
私もシーソー大好きっ子だったのに、最近は本当に楽しい遊具が少なくって残念な思いになることも。子どもたち、遊具がなくても十分楽しめるんだけれども、やっぱりウチじゃできないアスレチックな遊びっていいですよね。
危険なことがあるのは分かっているんだから、小さいうちからしっかりおウチで教えていってあげられたらいいのにな~と思う私。
それにしても、シーソーの音、私は『ぎっこん ばったん』なんだけれども、みなさんはどうでしょう(笑)。


もぎたて!
泣いていたのんたんも泣き止むうまさ…(笑)。

もぎたて!待ってましたの初もの、無事収穫となりました。
このキュウリの苗クン、ウチの子どもたちが大のキュウリっ子だということを知っていた?なんて不思議になっちゃった私。
だって、なかなか実を結ばないな~なんて思っていたのに、ようやく…が2本そろって、おまけに育つスピードも2本仲良く一緒。そろそろ?なんて毎朝キュウリを眺めるとんきち、ウチの中・ベランダからキュウリを物欲しそうに眺めては『キュウイ、ちょ~だい!』なんて催促ばかりののんたん。ホント、のんたんの魔の手から守るのももう限界!になっていたところ。

ちょうどご機嫌斜めでグズグズ泣いてばかりだったのんたん、『あっこ! あっこ!』と抱っこをせがんでばかりで私も限界! そんなときに『キュウリ食べよっか~!』とひと声かけると、ホント、それだけで『あべる~!!』とテンションUP
とんきちがはさみを使って収穫。鋭いとげにいち早く気がついたとんきちは恐る恐る握りしめたけれども、そんなこと全く知らないのんたんは思いっ切り握りしめてビクッと驚きの顔(笑)。それでもキュウリを投げ出さないんだからたいしたもんです。

とげを落としながら洗い、そのままガブリ! 噛みしめるたびにジュワッとあふれてくるみずみずしさに『おいしい!』『ウマ!』なふたり。のんたんはそのまま最後までバリバリと食べちゃってあっという間にごちそうさま。とんきちは『スライサーで夜のサラダにする!』なんて思いつきでシャッシャカスライス。キャベツと一緒に盛りつけてモリモリサラダの出来上がり(笑)。

次なる収穫はまだもう少し先のことになりそう。控えるのは3本。まだまだ花も次々咲いてくれているのでもっともっと収穫できる…といいな。
初もの、のんたんがひとくちだけカプッとさせてくれて私はそれだけ…。次は真っ先にガブリ!としちゃうからね~!


水が恋しい季節
もうすぐ夏休み…な子どもたち、夏といえば!ということで、とんきちの幼稚園でもプール遊び・水遊びが大人気。

プール遊び期間中、『お手伝い』ということで参観できるうれしいお仕事があるコチラの幼稚園。天候によりお手伝いがなくなることもあるんだけれども、今日は予報に反してとってもいい天気。中止かな~なんてお友だちと話していた私としてはガッカリ半分ヤッタネ半分な気持ち(笑)。

課外の体操教室の先生が指導してくれるプールの時間、男の先生、それも体操教室の先生ということもあって、その遊びのダイナミックなこと! いきなり先生が子どもたちのほうへバシャンと飛び込んで大きな水しぶきをあげてみたり、プール内をグルグル歩き回る遊びものんびりなんてしてられない状態。
顔に水がかかるのが苦手な子どもたちもたくさんいるみたいだけれども、『顔にはかけないで~!』なんていってられるのも初めのうちだけ。そのうちに顔が濡れていることにも気がつかないくらいキャッキャいって遊んじゃってるから不思議。

とんきちも顔を濡らしてくないタイプ。おまけにバシャバシャ遊ぶのは好きだけれども、手はバシャバシャ、顔は後ろ向いて…なんていう情けない姿。それでも怖がった顔はしてないんですよね。本当に楽しい!!な顔してず~っと口が開いたまんま。水、いっぱい入ってるんだろうな(笑)。

プールサイドで参観の私とのんたん、一緒に遊びたい!な気持ちになるかな~と思っていたのんたんだけれども、その水しぶきの激しさに遊びたい気持ちよりも怖い気持ちのほうが強くなっちゃったみたいでちょっと固まり気味(苦笑)。
それでも、園舎と樹の陰になる涼しい場所を陣取って、水遊び用のバケツひとつとプールの水を少しばかりいただいてちょこっと水遊びを楽しませてもらいました。いつもは豪快でハチャメチャなのんたんも今日ばかりはすこしだけおとなしく保育参観ができたかな(笑)?

そうそう、のんたんは濡れてもいいようにタンクトップに水着のパンツを履かせていきました。上下水着姿にするとプールに飛び込んじゃうかも…なんて思ったけれども、こう見えて怖がりののんたん、そんな度胸はなかったね~。


関西…なおよばれ
週の真ん中水曜日は午前保育の日、ただいま!と同時におなかすいた!なとんきちだけれども、今日はラクチンラクチン♪

仲良しのお友だちから『おじいちゃん作のキャベツがたくさんあるのでお好み焼きを食べにきて♪』という嬉しいお誘い。もちろん、断るはずもなく、『いく~!!』と親子でノリノリ(笑)。
男の子4人、ママ4人、そしてのんたん。そんな賑やかメンバーでおいしく楽しくごちそうになってきました。

主婦と呼ばれるようになってウン年。最近特に感じるのが、誰かが作った食事をいただくのって本当に幸せ~ということ。お店でオーダーしてというのも美味しいけれども、やっぱり作った人の顔が見える、心が見えるっていうのはとっておきのスパイスになるんですよね。
旅先でのお食事も幸せだけれども、『今日はゆっくりしていってね~』なんてお茶を出してもらっちゃうと、本当に、ついつい座り込んでしまう私、ダメですね~(苦笑)。

お友だちとおウチランチ、なんていうことが特集された雑誌を目にすることが多くって、理想のランチ像なんていうものがあるけれども、やっぱりおしゃれなテーブルよりも子どもたちのワイワイ言う声に勝るものはないんですよね。
そして、さすが関西!という感じかな? およばれランチ、お好み焼きやたこ焼きって多いかも(笑)。ホットプレートで…というのが、ホスト役のママさんだけの負担にならなくっていいんですよね。適度にお手伝いしているけれども、とってもラクチンな感じ?!

今日のメンバー4人組。本当はあと2人も参加予定だったんだけれども、予定があってキャンセル。それでも、4人でもそれはそれは…な盛り上がりで飽きることなく遊ぶ子どもたち。もちろん、のんたんも適当に相手してもらって、おにいちゃんたちの一員になったつもりで遊んでいるし…。
最後は公園で裸足になって走り回る子どもたち、手足はもちろん、体中砂だらけ。バイバイして家にたどり着いたとんきち、玄関で裸ん坊になってお風呂までハイハイ(笑)。のんたんも…といいたいところだけれども、昼寝なしで遊び続けたのんたん立っているのが精一杯な状態。
そしてお風呂上がり、予想通り、体を拭かれているときから立ち寝(笑)。ドライヤーで風を受けながらおやすみ~。お昼もおやつもコレでもか!というくらい食べているのでおなかの心配なしでそのまま朝まで…。ま、興奮しすぎて3~4回、グズグズいっていたけれどもね(苦笑)。

やっぱり親の都合でお出かけしたときには頭を抱えるくらいの魔ぶりを発揮するのんたんだけれども、身も心もクタクタになるくらいめいいっぱい遊んだ日は充実感いっぱいでお利口さん(笑)。そう、魔なんていうのは親の勝手な都合で振り回すからなんでしょうね~。
とはいえ、毎日毎日、満足するまで楽しい時間を…なんてしていたらコチラがグダグダ駄々母さんになっちゃうけれども…(苦笑)。




Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。