FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
楽しみにしていたこと…
魚釣り

福島に行ったらしたいこと…魚釣り・虫取り・バーベキュー


いつ聞いてもそんな答えが帰ってきたとんきち。しっかり体験してきましたよ~(笑)!
魚釣りはやっぱり海! 本当は渓流で涼やかに糸を垂れて…なんていうものがよかったんだけれども、この時期はどこも鮎釣りの解禁シーズンで素人・一見さんが楽しめるようなところはない上に、自然に生きる魚たちを釣るのが難しいのは白馬で体験済み(苦笑)。やっぱり『簡単に釣れるよ~』なんて地元の人のことばがイチバン力があるんですね。あっという間に海釣りに決定。
とはいっても、家族4人で出かけた釣り。とんきちはいいとしても、のんたんがいつ釣れるか分からない魚を待っておとなしくしているはずがない!なので、釣りのポイントは突堤や岩場ではなく、砂浜(笑)。ちょうど遊泳禁止でおせじにも上手といえないパパきちの投げる竿も邪魔にならなくってバッチリな場所(苦笑)。

本当はとんきちも一緒に竿を手にして…のはずだったんだけれども、思った以上に波がきつく、6歳、おまけに釣りなんてやったことない!なとんきちの手に負えるものではなかったようで、ただひたすらパパきちが楽しんでいました。
もちろん、私も子どもたちと楽しんでましたよ~。予定では砂浜で貝拾い、時には波打ち際でチャプチャプ…だったのに、貝拾いなんてほんの一瞬で終わっちゃうし、チャプチャプのはずの波との戯れもズボンびちょびちょのハードワークとなりました。
初めはとんきちの手をギュッと握ってキャッキャいいながら波に向かっていたのんたんだけれども、1度大きな波にザブ~ンとおなかまで襲われてからは『テ・テ!!』と私の手を求めて右へ左へ大騒ぎ(笑)。濡れる予定のなかった私、波がくる前に逃げちゃえ!なんて思っていたのに、やっぱり難しい…。砂浜・打ち寄せる波、とただでさえ足下が不安定な中、浮かれすぎてピョコピョコ跳ね回っているのんたんを放り出してひとりだけ波から逃げるなんてことはできませんでした(いやいや、それが当たり前なんですが…苦笑)。
濡れまい!と思っていたのに、気がついたときには膝までビチョビチョ。釣り!と思い込んで七分のデニムで出かけた私、散々な目に遭いましたもの(泣)。

魚釣りそうそう、釣り果は浜ではおなじみという魚『イシモチ』を3匹。1匹はかなり大きかったんですよ~。釣れたてのお魚、『お刺身に♪』と母が包丁を持って待っていたのですが、クーラーを持って出かけていなかったので、暑い砂浜におかれたバケツの中でグッタリしちゃったお魚さん。刺身はちょっだけにしてメインはムニエルとしていただきました。ひとくちだけだったけれども、お刺身はコリコリしていておいしかった~。もちろん、ムニエルは文句なし! あ~、備えあれば憂いなし…ですね。釣れるか分からなくても、釣りにクーラーは必需品。ひとつお勉強(笑)。

見てるだけ~なとんきちだったけれども、翌日にはパパきちとふたりで港に釣りに出かけました。お留守番の私たち、なかなか帰ってこないということは…♪なんて期待していたけれども、いやいや、欲を出したらいけません。2日めは唐揚げにピッタリな小さなサイズのお魚。それもとんきちとパパきち仲良く1匹ずつ(実はとんきちのほうがちょっとサイズが大きかった…笑)。
スポンサーサイト







Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.