FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
仲間… 
外を走る車も、マンションの中ですれ違う人も、なんとなくいつもより少ないような気がする今日…。

昨日も『今から実家に…』なんて大きな荷物を抱えてお出かけするご近所さんに出会い、世間は夏休みなんだ~なんて思っていた私。今日は昨日よりも特に…(笑)。
それでも、同じようにお盆でもお仕事!というダンナさまを持つお友だちが遊びにきてくれ、普段と変わらず賑やかな我が家。持つべきものは友、似た者同士というか、こういうときに一緒に過ごすお友だちがいるのって本当に嬉しい。

子ども5人でワイワイ賑やかなウチの中、男の子はプラレール、女の子はままごとにお人形あそび。それぞれが楽しそうに遊ぶ中、やっぱりこのお嬢さんはいまいちなノリ…。
突然やってきたお友だちに気後れしたのか、ただの人見知りなのか、私の側を離れずにベッタリ。おまけに私の服を持ち上げてゴソゴソと手を入れ顔を入れ…。4歳・2歳の女の子に『なにしてるの~?!』なんて聞かれちゃうのんたん。困ったもんです、本当に(涙)。
初めて会ったお友だちじゃないのに、自分のペースを乱された登場にもうお手上げ。自分から歩み寄る気はないみたい。なんなんでしょうね~。とんきちなんて誰とでもヨシ!なのに…(笑)。

ま、それでも今日はいいんです。だって、遊びにきてくれたのが私の学生時代のお友だちだから♪ 
のんたんをおなかに抱えながら(苦笑)、おしゃべりに花を咲かせ…といいたいところですが、さすがというかやっぱりというか、みんな子どもそっちのけでおしゃべりってしないんですよね。子どものお相手の合間におしゃべりって感じ。しっかり絵本を読んであげるし、ごっこ遊びのお相手も手を抜かない。ウ~ン、さすが…(元先生、現先生なママ)。
普段からこうして遊んでいるんだろうな~なんていうとっても自然なスタイル。私も真似をしなくっちゃ!

とんきちがひとりで遊ぶようになってからというもの、真剣にお相手をすることが少なくなっている私。のんたんにいたっては、相手をするというよりもとりあえずへばりついているというほうが正しいかも…(苦笑)。
仲間、友だち、そんな人たちから『いいな♪』と思える姿が見られるのっていいことですよね。親だけが楽しいだけじゃない、そんな親子ともに楽しめる時間が過ごせたことに感謝です。
つづきを表示
スポンサーサイト




Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.