FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
生命力
とんきちのリクエストで今年初挑戦したベランダ菜園のきゅうり。

夏休み前にとんきちとのんたん、ふたりが仲良くガブリできるくらいの収穫があったのですが、福島への長期お出かけで水が枯れてグッタリへなへな…(涙)。
お出かけ前はウチの暑いリビングをグリーンカーテンで涼しくしてくれていた葉たちも枯れ果て、ざらざらとした太い茎も力なく横たわってしまった姿、楽しいお出かけから戻ると同時に悲しい思いになっていた私。地植えならまだしも、プランダーに植えてベランダに置いているので半分あきらめながらも、枯れ果てた茎・葉を全部取り除き、たっぷりお水をあげて『もう一度元気になってね~』な思いを…。

さすがに今回は無理だろうな~と思っていたほどの枯れっぷり(苦笑)だったのに、植物の生命力って本当に強い。
限られたスペースからの栄養を逃さず吸い上げたのか、それとも、枯れていたのは土の上だけで根はまだまだあきらめていなかったのか、日に日に元気を取り戻しています。少しずつ葉に緑が戻り、今では小さなきゅうりの赤ちゃんが育ってくれています。
出かける前、移動させられるものは日陰に移動し、ペットボトルで給水策を施し、葉ものの鉢は実家にお願い…そんな毎度毎度の大騒動で乗り切った我が家のベランダガーデニング。この苦労のたびに旅をやめるか、ガーデニングをやめるか、悩むのですが、どちらも捨てきれない私。ホント、夏のお出かけはいろいろと大変(苦笑)。
スポンサーサイト







Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.