FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
夏の総仕上げ…かな
『総仕上げ』なんていったらとんきちから大ブーイングを受けちゃいそうですが…(苦笑)。

夏の総仕上げ…かな


実は明日から幼稚園がスタートするとんきち、思う存分遊べるのは今日までなんです。いや正しくは、明日・明後日は自由登園だし、思う存分遊べるのは幼稚園が始まってから…なんだろうけれども(笑)。
お昼からお友だちと市内の公園で待ち合わせて一緒にお外あそび。こちらの公園、総合遊具はもちろん、人工的に整備されたせせらぎ (循環式ですが…)に地面とフラットな状態で定期的に噴出する噴水があるので、夏の間は水遊びをする親子連れで大にぎわいな場所。
とんきちから何度も『いきたい』コールを受けてはいたのですが、遊ぶ姿をのんびり見守る…なんていう気の利いた木陰がないんですよね。それがどうしてもつらくって、なかなか、なかなか足が向かなかったところ。

そうはいっても、ひと夏に一度も来なかった…なんていうのはあまりにもかわいそうなので、お友だちと約束して重い腰を上げた私。
いや~、もっと早く連れて行ってあげたらよかった~!なんて、やっぱり!!な感想(笑)。予想通り、噴水のシャワーはのんたんには厳しくって号泣号泣で足がすくんでいたけれども、とんきちが予想以上に大興奮。あんなに頭を濡らして遊ぶのを嫌がるとんきちが、全身ずぶぬれで身体中から水をポタポタ落としながら遊ぶとは思わなかった~!
写真を見て分かるかとは思うんですが、この噴水シャワーの威力はかなりのもの。一度噴き出すとあまりの水の勢いに目の前が真っ白になるほど。それも、噴水としての囲いはなく周囲の歩道と境がない状態での噴き出し。
ここが水遊び場所として区切られたスペースだった私も水着を着て…なんだけれども、車道脇の一角で通行人も多数な場所。さすがに水着にはなれず、ずぶぬれでキャーキャー歓声を上げるとんきちをうらやましく眺めるだけ(笑)。水着だったらのんたんを抱いて突進していくんだけれども、さすがに洋服じゃあね~(苦笑)。とんきちにのんたんを任せようにも、あまりのことにのんたんは私の手を離さないし…。

そんな楽しい水遊び、『もっとあそびたい!』な気持ちを残しつつ、2時間ほどで終了。あまりお天気に恵まれず、心地よい風が吹いていたので、ビチョビチョになった子どもたちは水からでると『さむ~い!!』なんてガタガタブルブル…(苦笑)。
は~、ここにきてまたまた『次回』を心待ちにする場所が増えちゃいました。そう、先日の水遊びの公園に続いて…。来週あたり、幼稚園から帰ったらダッシュで遊びにこようかな~なんて、今から水遊びの計画を立てる私、遅すぎるってね~~(苦笑)。
スポンサーサイト







Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.