FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
モチモチparty
憧れの家電…ホームベーカリー(笑)。

お友だちがHBでお餅をつくのでみんなでもちパをしよう!と計画してくれました。メンバーはこの夏一緒に花火を楽しんだり、お泊まり会をしたり、テッちゃん定例会(爆)を開催したおなじみメンバーの面々。子どもたちも楽しみにしていたけれども、私もとっても楽しみにしてました。だって、お正月以外でお餅を食べる機会なんてめったにないことですもの。おまけにつきたてとくりゃ~(笑)!

園から直接オレンジでやってくる子どもたちよりも少し早めにお邪魔して丸めるお手伝いを…と思っていた私。けれども、お友だち宅のHBのご機嫌が悪くって餅つき機能が作動しないと大慌ての中にお邪魔することに(苦笑)。いつも何でも完璧に、それもなんてことなくこなしてしまう彼女の慌てぶり、もう見られることないかも!なんて『この姿、目に焼き付けておかなくっちゃ!』なんて呑気なことを言っていた私。でも本当、ここだ!というときに調子の悪くなる機会もの困っちゃいますよね(泣)。

ちょっとバタバタとして予定よりもかなり遅れてのお餅ランチになったけれども、つきたての伸び~るやわやわのお餅は想像以上においしかった~! 5合を2度に分けて炊いたんだけれども、1度目は私たち親の口にはいったのはひとつずつだけ…。あとは全て子どもたちに食べられちゃった。
1時間待って2度目のお餅の出来上がり前にお菓子を出して『お菓子でお腹ふくらませちゃえ!』なんて悪巧みしていたくらい(笑)。ホント、それくらいおいしくってお餅争奪戦!だったんですもの。用意していてくれた生春巻きに持参したちぢみ(私の十八番…笑?!)をつまみながら餅米の香りに包まれて…なんて、幸せな時間だったな~。

子どもたちは子どもたち、親たちは親たちで遊びにおしゃべりに夢中であっという間に時間が過ぎてしまった。そう、たったひとつのアレをのぞいては…。
相変わらず人見知り・場所見知りが激しいのんたんは、慣れたメンバーでも私にしがみついたまま。お友だちのおねえちゃんが『のんた~ん、だっこしてあげよ!』なんていってくれても『メンメ!』『イヤナイ!』なんて必死の抵抗。困ったもんです。こういう姿を見ると保育所に入れちゃおうかな~なんて思う私。もう少し親離れしてほしい…よね(苦笑)。
スポンサーサイト




Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.