FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
道ばたの楽しみ
『シュワシュワ あった!』

『シュワシュワ あった!』


お散歩の相棒は決まってこの草。名前、なんていうんだろう…。調べてみたんだけれどもヒットするものが見つからず、植物図鑑を求めて図書館へのお出かけ決定です。
この草、形が少し大きめの線香花火に似ていると思いませんか? なんとなく、のんたんに『花火と一緒♪』なんていって手に持たせて、ふたりでシュワシュワ~なんてしてからは毎日毎日エンドレスで『シュワシュワ』やってます(笑)。
とんきちも一緒のときにはしっかりふたり分取ってくれるのんたんだけれども、肝心のとんきちは興味がないみたいで『のんたん、いらないからね~』なんて素っ気ないひと言。少し前まで道を歩けば猫じゃらしにこの花火草(かってに命名…笑)をとって、それはそれは満足げな顔をしていたのに…(笑)。

とんきちの幼稚園までは坂道を上り下りして15分ほど。帰りはバスに乗ってくるので、一日一往復が唯一の運動かも…。
それでも、2歳にしてベビーカーを置いてのお出かけ、かなり勇気がいります。お天気と時間に余裕がないとなかなかできない朝のお散歩。だって、自分の足で歩くと途中の公園に必ず寄っちゃうし、疲れたら『アッコ~!』なんですもの。
そんなときに大活躍してくれる道ばたの仲間たち。しっかり名前を覚えて楽しい散歩道にしなくちゃね♪

『猫じゃらし』と呼んで、コチョコチョくすぐって遊んだり、拳からモゾモゾと出たり入ったり…なんて楽しんでいるこの草、実はエノコログサという名前があったんですね。こうして実は…なんてことを知っちゃうともっともっと知りたくなる、ウズウズと知りたがりの虫が騒ぎます、ワタシ(笑)。
スポンサーサイト







Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.