FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
親子そろって…
親子といっても興味のあるものはバラバラで…

仕方のないことだけれども、やっぱり、できることならば同じことに興味を持って一緒に楽しめる方が嬉しいのが親の本音。
とんきちの興味のあるもの、それはもちろん、言わずと(記さずと?)知れた電車。こればかりは一緒になって興奮することができない、そんな域に達しつつあってとんきちを喜ばせるために…というのも難しくなってきている私。
もちろん、電車でお出かけは楽しいから機会を見つけて乗ってみたい電車にゴー!なのですが、乗ってみたい電車を追い求めると日本一周しちゃいそうな勢いだからそう簡単にもいかず…(苦笑)。

そんなすれ違い道(笑)まっしぐらの私たちだけれども、これだけは一緒に楽しめてます。
そう、それがジグソーパズル。アウトドアもインドアもどちらもOKな私、一日中家にいてひとりパズルと向き合って…なんていうこともいけちゃいます。別に暗~い感じのひとじゃありませんよ(笑)。
そしてとんきちもなかなかの集中力の持ち主で(はまり込んだら…が絶対条件だけれども~)やりだすと止まらない。なかなかの凝り性みたい。

そんなとんきち、今までは108ピースのパズルで我慢(あっという間にできちゃうくらい、もう楽勝~な様子…笑)していたけれども、ようやく次のステージへ…。
300ピースのパズルに挑戦。本当はみんなで楽しめるようにディズニーやトトロを選びたかったんだけれども、ポケモンかぶれ(笑)のとんきち、『ポケモンじゃなきゃいらない』なんていうもんだから…。
結局ポケモンの300ピースを手に入れたとんきち(ばあばからのプレゼント♪)、『やるぞ!』な意気込みで封を開けて挑戦。ハハ…これが難しい。『おかあさんもやろうよ~。てつだって~(泣)』と泣き言。『ポケモンは知らないからや~らない!』なんて交わしたけれども、本当にお手上げなとんきち、やる気もどんどん薄れていきかねないので仕方なくお手伝い。

どうにかこうにか完成させたとんきち、同封ののりを手に『さ、これしよう~』ですって! もちろん、許しませんよ。そう、ひとりで簡単にできるようになるまではのりの使用絶対禁止なんだから(笑)!
難しくてもどうにかひとりでがんばる、その気持ちが生まれるまでは繰り返しチャレンジしてちょうだいね。
スポンサーサイト







Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.