FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
見てられない…
何度も言うようですが、とんきちは運動神経がちょっと…(泣)。

体操教室の今日、張り切って出かけたとんきちを迎えたのは跳び箱。3週続けてのマット運動・跳び箱に『また…』なんて不満とも不安ともとれる表情をしていたのを見逃さなかった私(笑)。
案の定というか、期待通りというか、本日のとんきち劇場もこれ以上ないくらいに笑わせてくれました。指導してくれる先生も思わずププッと吹き出しちゃうくらいの動き、真剣なのかふざけているのか…。

話を聞いてないんですよね。ここではこうしましょう!なんていわれているのに、いざ自分の番が来たらかなりとぼけたことをやってくれるんですよね。おまけに生まれもっての運動能力が邪魔をしてしまうのか、思うように(思っていたかは?ですが…苦笑)動くことができないということの繰り返し。それでもいたってマイペースで気にすることなくニコニコしている姿。こんなとんきちの姿を見ていると軽い頭痛が…なんていう私(泣)。

できなくてもいいから『がんばるぞ!』の強い気持ちだけは持っていてほしいな~と思うんだけれども…。ま、本音はひととおりのことができるようになってくれれば!なのは言うまでもないですよね(苦笑)。
『あ~、もう見てられない!』そんな思いで過ごす1時間。見てるだけ!な状態がかなりストレスたまる~と私にものんたんと同じく我慢の時間なのでした(笑)。
スポンサーサイト







Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.