FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
読み聞かせ
たまには読んでもらう…それもいいよね

公文を始めて音読という習慣がついたとんきち、ひとりで絵本をパラパラするときにもひとりブツブツ声に出しておはなしを読み進める、なんていう姿が見られるようになりました。
今までにも声に出して読んでごらん~なんていってはきたんだけれども、黙読(ほとんど絵を見ている状態?!)のほうがラクチンだから…なんていう理由で嫌がってきたとんきち。ここにきてようやく抵抗なく音読が楽しめるようになってきたみたい。

そうなるとやっぱりお願いしたい私への絵本の読み聞かせ(笑)。
オヤスミ前に私が読んでいた絵本、最近はとんきちに読んでもらえるようになりました♪ まだまだブツブツ…とうつむいて聞こえにくい声での本読みではあるけれども、それでもかなりの量の文字を目で追い声に出すことができるようになったのは大きな一歩かな。

ただ、ただひとつ問題が…
つづきを表示
スポンサーサイト







Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.