おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ふくは~うち! おにも~うち!
1歳と5歳、一緒に製作をするとこんなにも成長の違いを感じるものなんだ…。

怖い鬼になるようにクレパスでメイクアップ日曜日は節分。そう、豆まきは子どもたちにとっても楽しみな行事のひとつ。
午前保育だった水曜日、お昼ゴハンを食べたあと『なんか、たいくつ…』なんて子どもらしからぬことをいうとんきちと一緒に鬼のお面作り。もちろん、のんたんも!

画用紙に顔をベタッとくっつけてとんきちの顔の輪郭をグル~リ。輪ゴムをつけるための耳も忘れずにつけたあとはハサミでチョキチョキと。
上手に顔の形になったら、またまた顔に当ててみて、目・鼻・口の場所をチェック! 目と口にハサミを入れてから、怖い鬼になるようにクレパスでメイクアップ(笑)。
始めは控えめだったお顔の落書きもやり始めると面白くって止まらない! 髪の毛に角・ヒゲまでつけて、ちょっと試着してみるとんきち。
『おかあさん、みてみて~!』『ププッ(笑)! おもしろ~い!!』
そんな私の答えを聞いて、『おもしろいじゃだめだ。こわくなんないと…』なんてブツブツいいながらさらにメイクアップ(笑)。
でもね、何度見せられてもその顔は面白いんですよ~。もちろん、ほどほどのところで『うわ~、こわくなってきたわ!!』なんていってとんきちに『してやったり…』な満足感を(笑)。

怖い鬼になるようにクレパスでメイクアップ相方のんたんはというと、とんきち・私が机に向かってチョキチョキ・描き描きしているのを見ると、慌てて椅子によじ上り『わたしも!』な催促。
のんたんの顔に合うように丸く形どった鬼のお面を渡して、好きなクレパスでグリグリとお絵描き。どうやらこちらの鬼さんのメイクはそんなに気合いの入ったものではなさそう…(笑)。
ほどほどにグリグリして満足したのんたんは、自分から終了を告げ、去っていきました。もちろん、手には誕生したばかりの相棒を掴んで…(笑)。

幼稚園に通い始めるまでにも、とんきちとはたくさんの製作をして楽しんできた私。
久しぶりにハサミとクレパスを使っての製作で、とんきちの成長にビックリ!
『つぎは?』『それどうやるの?』『なにしたらいいの?』
そんなことばばかりで、自分で考えて工夫して作ることが大きな壁になっていたのに、今日はひとりで器用にハサミを使い、頭でイメージしてとんきち鬼を作り上げることができました。
1週間に1度は幼稚園から大きなおみやげを持ち帰るとんきち(週イチに減りました…笑)。だてにテープベタベタな箱ものを作ってきてるわけじゃ~ないんだなぁなんて…。
家でおかあさんと向き合って過ごすのも楽しいけれども、同じ年齢のお友だちと一緒に協力して・ケンカして、たくさんの刺激を受ける影響力の強さを改めて実感。

作り上げたお面を使って、日曜日には豆まきをする予定。
本当は鬼は外へ追い出したいけれども、たくさんの福と一緒に鬼たちも家へ入れて、恵方巻きと一緒に丸かじりしちゃおうじゃないですか(爆)!
さあ、のんたんは鬼の恐怖に耐えられるかな~。もしかしたら、立ち向かっていくのかも…。これは楽しみになってきた~(笑)!
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。