FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
笠形山散策
色づくもみじ


秋晴れでとってもいい陽気だった日曜日、我が家は北播磨にある笠形山へお出かけ。昨日は遊びすぎたのか、写真を挙げることだけで精一杯だった私。一日遅れで少しお出かけ日記を・・・。

昨日は、我が家とパパきちばあばとの4人でお出かけ。
ばあばのお目当ては笠形山登山。我が家のお目当ては秋の散策と笠形山のふもとでおこなわれている『もみじまつり』。

色づくもみじ

色づくもみじ


『もみじまつり』といっても町おこしのイベントなので地元の子ども会・老人会といったところがおこわなどの食べ物を売る店を出しているだけで、これといって大きなイベントはおこなわれてはいない。
でも、田舎町の風景を楽しんだり、名物の『かしわめし』をほおばったりとのんびり楽しめるので私は好きなのです。

イベント会場(といっても公民館のグランド)から登山口までは緩やかな坂道をすすむこと約1.5km。登山口までお供することにした私たち。
とんきちもとっても調子がよく、枝が折れるほど実をつけた柿の木、道端の草花、庭先の動物(ヤギさんも・・・)を楽しみながら歩き、登山口まで到着。

ばあばに「行ってらっしゃい~」を行って見送るはずが・・・。
一緒に山頂を目指す気でいたとんきちは、おいていかれることにビックリ。そして同時に号泣。大粒の涙を流しながら「一緒にお山行く~」と。あまりにもその姿がかわいそうなので納得するところまで歩いていくことに・・・。でも、前を見るとばあばの姿はどこにもない。「早すぎで行っちゃったよ~」と止まらない涙。

紅葉する木々や小川・木の実を見ながらしばらく歩いていくと、いよいよここから本格的な山道というところに立て看板が・・・。
そこには、『害虫や毒蛇(まむし)が多数生息』と書かれていました。
それをとんきちに読んで聞かせると、突然足の向きを変えて「やっぱりもういいわ。へびこわいもん。」



おにぎりを頬張るとんきち


それからはもう山登りをする~ということもなく、周辺散策。
あまごがいるというくらいきれいな小川で石投げをして遊んだり、落葉したばかりのもみじを集めたり・・・。お弁当もお日さまのあたる芝の上でモグモグ。

下山するばあばを待って、人気の『かしわめし』をおみやげに買って、あまごの塩焼きをほおばって楽しい秋の一日を満喫しました。

スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する


ママきちさん、こんばんは~!
とっても綺麗なモミジですね~。真っ赤っか!それにとっても素朴なお祭りでよいですね。最近は何処へ行っても人が多く、ちょっと疲れますよね。ひっそりと景色を楽しむのは究極の贅沢?!

それにしてもとんきち君、ヘビには勝てなかった~?!読んでいて笑ってしまったよ。ガッツあふれる姿にちっちゃくても男の子~!格好いいです。
slo-mo | URL | 2005/11/15/Tue 17:14 [EDIT]
KOKOさん
KOKOさん、こんばんは~☆
昔は人ごみでもぜんぜん平気であちこち遊び歩いていたのに、最近は人にもまれるとそれだけでぐっと疲れてしまいます。のんびり落ち着いて、時を過ごすというのは本当に贅沢ですよね~。・・・といいましたが、旅行に行くだびにバタバタとしている私たち、やっぱり落ち着きないですね~。

とんきち、何度か山歩きをしているうちに、自分も山頂を目指せるクライマーにでもなったつもりみたいで・・・。今までの登山はほとんどパパきちの背中で、だったのに。
たぶん、あのヘビの看板がなかったら、山の中へどんどん突き進んでいたのだろうな~。
とんきち | URL | 2005/11/15/Tue 22:53 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.