おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


やまなしもぎ… 


やまなしもぎ
平野 直 再話  太田 大八 画
福音館書店


年長児となったとんきちですが、意外なことに昔話を楽しんだ経験がとっても少ないんです。
昔話といえば、少し言い回しが難しく、幼い子どもには理解しづらい…なんていうこともあって、あえてお話ししてこなかった私。このままじゃあいけない!ということで、最近では昔話を選んでお話しするようにしています。

昔、あるところに体の具合の悪いおかあさんと三人の兄弟が住んでいました。
ある日、おかあさんが『おくやまのやまなしがたべたいな』というのを聞いて、兄弟たちは山梨もぎにいくことにしました。
まず始めに出かけたのが1番目のたろう。ところが、山の麓でひとりのばあさまに出会い、『のどがかわいてたまらない。みずをくんできてくれんかの』と頼まれたたろう、『おいらはいそがしい』と断ってしまいました。
けれども、急いで進もうとするたろうにばあさまはあることを教えてくれます。そう、山梨もぎにいくのにとても大切なことを…。
ところが、たろうはそんなばあさまのことばを忘れてどんどんと進んでいってしまいました。途中、怪しげな音が聞こえてくるのにも気づかずに突き進むたろう。そして、見つけた山梨の木に登り山梨を取ろうとしたのですが、そんなたろうのことを見ていたのが…。
たろうがいつまで経っても帰ってこないので、今度は2番目のじろうが出かけていきました。でも、じろうもたろうと同じように、途中で出会ったばあさまの願いを聞くことなく、たろうと同じ間違いをしてしまいます。そして、じろうも帰ってきませんでした。
そうして、3番目のさぶろうがでかけることになりました。さぶろうも上のふたりと同じようにばあさまと出会ったのですが、頼みを聞いてあげ、ばあさまに大切なことを教えてもらった上、よく切れる刀と赤い欠け椀をもらいました。
おかあさんのために山梨もぎに出かけた三人の兄弟は家に帰り着くことができるのでしょうか。三番目のさぶろうは無事、山梨を取ってくることが…。

描かれているイラストからいってなんともおどろおどろしい雰囲気の漂うお話を聞き入るとんきち、無意識のうちに私の手の上にそっと自分の手を乗せていました。
何ともおかしかったのが、たろうとじろうがばあさまのいっていたことを忘れて、分かれ道で間違ったほうへ進んだ時のとんきちの反応。
それまでじっと黙って聞いていたのに、ふたりが道を誤ってしまうと『えっ…』と絶句してしまったとんきち(笑)。これはまずい、大変なことになってしまうかもしれない…なんて思っていたのかもしれませんね。
このお話、幼稚園でも子どもたちに繰り返し読み聞かせしていたものなのですが、なんてことのないお話のどこに惹かれるのかな~なんて思っていた私、そんな私の思いとは裏腹にとんきちもすっかりお話の虜になったようで、『子どもってやっぱりみんな似ているんだ…』なんてちょっとおかしくなってみたり…(笑)。
昔話にありがちな悪い・意地悪な人というのが登場せず、ただただおかあさんのために頑張る三兄弟のお話。それなのに上のふたりは辛い目にあって…と悲しくなっちゃうのですが、やっぱり何かひとつの教訓があるんですよね、昔話って…。
そう、困った人には親切にしましょう…これ、人として大切なことなんですよね。

スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


昔話って奥深いものがあったりしますよね
私も子ども達にいろいろ読んであげるようにしてあげなくっちゃ(*^_^*)
そういえば、私もいろいろ昔話を聞いていたように思ったけど、意外に話を中途半端に覚えていたり、エンデングを忘れてる事ってあるんですよね…
私も読み返してみようかな…(^^ゞ
oma | URL | 2008/04/18/Fri 00:32 [EDIT]
ママきちさん、こんにちわ^^
昔話、大切ですね。
私は、日本マンガ昔話をTVで見るのが楽しみでした。
今は放映されてないんですね。
しかたなく、DVDをレンタルしました。
ついでに、名作劇場も借りました。
めら | URL | 2008/04/18/Fri 13:15 [EDIT]
昔話って、今の子からしてみたらなんだかとっつきにくいところがあるんでしょうね。
たしかに読みにくいし、私も選ばないかも。
いやいや~、選ばないことにもあんまり気づいていませんでした。
たまにはこういった類の本もしっかり聞いてくれそうでいいですね!
ユカチャン | URL | 2008/04/18/Fri 22:34 [EDIT]
omaさん
omaさん、こんばんは~☆
そうそう、あらすじとして記憶していることの多い昔話ですが、こうしてもう一度文字を追ってお話ししてみると意外と知らなかったこと、忘れていたことが多いんですよね~。
この『やまなしもぎ』はなじみのお話だから内容はバッチリだったんだけれども、誰でもよく知っているお話ほど怪しいものです(苦笑)。
ママきち | URL | 2008/04/19/Sat 00:14 [EDIT]
めらさん
めらさん、私も同じです!
日本むかし話、アレ、良かったですよね~。
一時期再放送として、夜放送されていましたが、期間限定だったようであっという間に終わっちゃいましたものね。
私、放送されていたときに毎週毎週ビデオを録っていました。それなのに、テレビを買い替えと同時にビデオデッキが使えなくなり見られなくなりました(泣)。
ママきち | URL | 2008/04/19/Sat 00:17 [EDIT]
ユカチャンさん
ユカチャンさん、とんきちもまさにそうでしたよ。
もっと小さな頃にむかし話をお話ししたり、テレビアニメを見せたりしたのですが、怖がってしまってダメでした~。
絵本ってイラストの印象が大きくて、どうしても自分の好みのイラストのものを手に取ることが多くなっちゃうんですよね。
私、むかし話を読むぞ!と決めたら、なるべく日本画風(?!)のちょっと怖そうな感じの絵本を選ぶようにしています。
あと、作者もむかしからおなじみの…という方のものを選ぶとハズレなしですよ(笑)。
ママきち | URL | 2008/04/19/Sat 00:32 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。