おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


夜泣きの友 
いつの間にやら完全に卒乳したのんたんだけれども、まだまだひと晩ぐっすり眠ることは少なく、ほぼ毎晩『イヤ~!』という叫び声をあげてうなされてます。

そっと腕枕で抱え込んで安心したように眠りにつくこともあるけれども、抱っこは絶対にいや!と身をよじって泣き叫ぶことも…。
そんなときののんたん、暗闇で人差し指を立てて扉の向こうを指さします。寝ぼけてるの?なんて気がつかない振りをしようものなら叫び声がさらにパワーアップ(泣)!!

のんたんが指さすその先にあるもの…。それは氷。
もちろん、そこに氷が用意されているわけではなく、冷凍庫の氷を指さしているんです。
きっかけはやっぱり夜泣き。泣いて泣いて喉がヒ~ヒ~いうくらい叫んでいたのんたん、さぞ喉が渇いただろうと思いお茶を飲ませようとしたんだけれども、あまりにも暴れすぎたので落ち着いて水分補給もできない状態。仕方なく小さな氷を探して唇に…。
ビックリしたのんたん、でもその冷たい心地よさを感じてすぐにア~ン(苦笑)。そして何事もなかったかのようにアッという間に眠りに落ちました。

それからというもの、そっと抱っこでは寝付けないとき、自ら氷を催促するようになってしまったのんたん。小さなひとかけらでホッとひと息ついてすぐに落ち着いて寝てくれるのでこれ以上ないくらいの夜泣き対策アイテムとなっているんだけれども、電気をつけて冷凍庫をあさるわけにもいかず(あくまでも覚醒させないことに全神経を注いでマス…苦笑)、暗闇でのんたんの口にあったサイズの小さな氷を探すのはひと苦労、いや、ふた苦労(涙)。
あまりにも待たせると『もうすぐもらえる!』な喜びが消えてしまって泣きが本格化するし…。

そんなのんたん、夕べは氷では納得できなかったようで、ちょっと怒りの口調で『ぎゅうにゅう!!』と催促。
続けて2杯を一気飲みしてました。もっともっと!と泣かれたけれども、それ以上飲ませると今度はおなかがいたい~!と違う泣きが起こりそうだったのでどうにかあきらめさせ…(苦笑)。
あと数日で2歳のお誕生日を迎えるのんたん、その日を境にひと晩ぐっすり!なんていうこと、なってくれないかな~(笑)。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


一晩ぐっすり・・・最高ですよね~。
うちのイオくんも今ではぐっすり眠ってくれますが、夜鳴きの期間が長かったのでママきちさんの大変さがよくわかります。
それにしても、氷の催促だなんて珍しいですよね。
余程最初の氷が美味しかったんでしょうね~。
癖になるほどですもんね。
これからはのんたんのお口サイズの氷を取りやすいようにスタンバイさせておかないといけませんね~。
ユカチャン | URL | 2008/05/02/Fri 23:19 [EDIT]
ユカチャンさん
ユカチャンさん、イオくんも夜が長い赤ちゃんだったんですね(苦笑)。
私、とんきちは3ヶ月の頃からひと晩ぐっすり…だったので、2歳になるまでまだグズグズやっているのんたんが信じられなくって…。
たくさん遊んで疲れさせてぐっすりお休み…と思ったら興奮しすぎて泣いちゃったりすることもあるし、なかなかうまくはいきませんね。
夜泣きの友、本当はお茶くらいがいいんです。枕元に待機させておくと私としてもラクだし…。
さすがに氷をスタンバイさせることはできないので、せめてサイズくらいは…と思ってます(苦笑)。
ママきち | URL | 2008/05/07/Wed 12:41 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。