おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大好き!から一転して… 
眠りに落ちるのんたん。でもスタイをしながらということは…。

眠りに落ちる

そう、とんきち不在のお昼間、あまりにもお天気がいいのでふたりで近所をブラブラお散歩。
予定では近くの公園へ直行!だったんだけれども、のんたんの気の向くままに足をすすめていたらまずはマンション内をグルリと探検から始まっちゃいました。
ウチのマンション、低層で敷地が広いので普段足を踏み入れないところも多くあり、のんたんにとっては『いってみたい~!』な場所もあちこちに…(笑)。

けれども、そんな楽しいお散歩が今日は足がすくむほどの恐怖の時間を招くことと…
怖いモノ知らずできたのんたん、むいむいさんも手の上に乗せて大喜び!だったのに、例の事件でどうやら恐怖心が芽生えちゃったみたい。

大好き!から一転して… てんとう虫やありはまだ大丈夫…なようだけれども、スタート直後にであったのは巨大な毛虫。これは虫に強い私でも『ゲッ!』なんて声を上げたくなっちゃうくらいの姿。
怖がらせないように、でも、絶対に触らせないように危ないものだと伝えないと…なんて思ったけれども、やっぱりどうやってもあれは怖いものですよね~。
姿をキャッチしたのんたんの顔、一瞬凍り付いたかと思った次の瞬間には感電したかのような身体の動き。ビクッと跳ね上がって私の足にしがみつき絶叫(涙)。『イッヤ~!!!!!』とジタバタ大騒ぎして腰が抜けちゃうくらいの怖がりよう。

そのあとからはもう地獄のような道のりだった…そう、のんたんにとっては(苦笑)。
久しぶりに歩くマンション内の未知ゾーン。日陰で草むらが多い場所だったので出るわ出るわ…。そう、湿り気大好きなダンゴムシくんたち。
確か、少し前まではダンゴムシはOKだったはずののんたんも、一歩進めばすぐそこに、二歩進めば左右から…なダンゴムシオンパレードな状態に、感電状態を通り越して足をギュッとそろえて硬直状態。歩かなければいけないという思いはあったみたいでどうにか歩こうとするんだけれども、もう本当に、笑っちゃうくらいのダンゴムシくんたち。もちろん、歩く邪魔になるほどの数ではないんだけれども(苦笑)、のんたんにとっては50センチおきに横断するむいむいさんが地雷のような存在。

あまり怖がっても…と思い、『大丈夫だよ~』なんて満面笑みで声をかけながらUターンして公園へ向かおうとしたんだけれども、そこへまたまた登場毛虫くん(泣)。
もうこれには参った!なのんたん、『だっこ~!』な両手を広げて甘えるポーズを通り越して、私の靴の上に立ち、両手を握りしめて、もう地面に足をつけるのもイヤ!な状態。怖いとかいうんじゃなくって、ちょっと半狂乱になっていたかも…。
どうにかマンションから出てアスファルトの車道を歩き出すと、気分も晴れてきたのか自分で歩き始めたのんたんだったのに、今度はアスファルトのちょっとしたボコボコが虫に見えるらしく、またまた両足そろえて硬直、そして私にしがみつき…。

それでも家に帰るとはいわないのんたんを連れて、坂道を上り、下り、近所のお寺の境内で池を眺めて、公園に到着。ブランコに少し揺られて満足して家までたどり着きました。
1時間強のお散歩、歩いた距離はたいしたことないんだけれども、なんとも疲れました。もちろん、私以上にのんたんも…。
帰るなり『まんま!』と椅子に座るのんたん、慌てて冷凍庫にあった筍ゴハンと雑穀ゴハン、大好きなきゅうりとウィンナーを用意。おにぎりを作る暇もないんだから…。
なんて思っていたら、襲いかかってきた睡魔。でも、しっかりお皿はピカピカにしてから落ちてくれました(笑)。
心配していた夢見の悪さもなかったみたいだけれども、これからますます登場するむいむいさんたちにもう少しフレンドリーになってもらわないと、大好きなお外遊びがどんどんと遠のいてしまう…と母は悩んでおります。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


ありゃりゃ、のんたん、受難ツアー?!(^^;)。
読んでいるだけだと、ちょっぴりユーモラスで、笑ってしまうけれど、のんたんにとったら、そしてママきちさんにとっても大変なマンション見学でしたね。むいむいさん、のんたんをいじめないでね。。。

ウチは相変わらずアリに興味津々。でも触るのは怖いみたいです。砂場で見つけては、シャベルですくわれ、コップに入れられるアリさん…ごめんね(苦笑)。
slo-mo-life | URL | 2008/05/24/Sat 14:40 [EDIT]
やっぱりのんたんは女の子なんですよ、きっと!
どんなに小さな虫さんだって、こないだの経験からとっても過敏に反応しちゃうようになってしまったんでしょうね。
これが男の子だったらまた違っていたかも。
それにしても、これからの季節、ますます大変ですね・・・。
ユカチャン | URL | 2008/05/24/Sat 22:30 [EDIT]
KOKOさん
KOKOさん、こんにちは~*
そう、まさに受難ツアーでした。
でもね、のんたんにとってはとんでもなく辛い時間・道のりだったけれども、私は大いに楽しませてもらいました。…なんていってる私、ひどいってね~(笑)。
同じ敷地に建っているのに陽当たりであんなにもたくさんのダンゴムシくんたちが出没しているとは! さすがに私もビックリだったからのんたんにとっては耐えられない…だったんだと。
でも、いやだ!と思うと相手はやってくるみたいでのんたん、かなり狙われてました(苦笑)。

アリさんたち、今はまだシャベルで大きく捕らえられているけれども、そのうち指でキュッとつままれちゃうんでしょうね。
Minatoくん(あっ、Naoちゃんも…?!)、ますます頼もしい遊びが増えてきそうで楽しみ♪

ママきち | URL | 2008/05/27/Tue 12:53 [EDIT]
ユカチャンさん
ユカチャンさん、こんにちは~*
う~ん、あのことがきっかけになっているのかどうかは分からないんですが、恐怖の種にはなっているみたい(苦笑)。
今回であったむいむいさんたちは確かにハードルが高くって、見るのもいや!な毛虫にダンゴムシくんたちのオンパレード、恐怖で震え上がるのんたんの姿、かわいそうを通り越して笑えました。なんていってる私、ひどい…ですね(笑)。
男の子だったら…ウチの場合、とんきちは飛び上がりこそしないけれども、寄らず触らずタイプです。のんたんがてんとう虫を持っていたらのんたんにも近づきませんもの…(苦笑)。
ママきち | URL | 2008/05/27/Tue 12:56 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。