おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ベンジーのふねのたび


ベンジーのふねのたび
マーガレット・ブロイ・グレアム 作  渡辺 茂男 訳
福音館書店


船の旅、子どもだけでなく大人もなかなか体験することがないドキドキする素敵な時間。
とんきちも一度だけの大型フェリーでの旅のことをよく覚えていて、今でも『またふねでいきたいな~』なんていうこともたびたび(笑)。
『どろんこハリー』でおなじみの作者、今回もかわいいワンちゃんをドキドキワクワクの大冒険に連れて行っちゃいました。

耳が長くてしっぽの短い茶色い犬、ベンジーは家族と出かける夏の旅行が楽しみ。それなのに、この夏はベンジーを置いて船の旅に出かけるなんていわれてしまいました。
出発の日、留守番するベンジーは預かってもらうメアリおばさんとみんなを見送りにいきました。ニコニコ楽しそうな顔をしている人たちの中、ベンジーと子どもたちは悲しそう。
みんなを見送ったあと、車に乗っておばさんの家に向かったベンジーだけれども、窓から後ろばかり眺めているし、家の中でも晩ごはんも食べずにひと晩中ドアの横に座っていました。
朝になって、おばさんがベンジーを散歩に連れていくと、ベンジーはあっという間に首輪を外して港に向かって一目散。港にやってきたベンジーが見たのは『うみのじょおう』という大きな船。家の人たちが乗っていった船にそっくり!
そしてベンジーはタラップを駆け上がり、船に乗り込んでしまいました。そんなベンジーの姿を見ていたのは『うみのじょおう』を自分のものだと思っている猫のジンジャー。
よそ者が入ってきたので稲妻のようにベンジーを追い回すジンジャー。ベンジーはジンジャーから逃げて倉庫の中に隠れました。ひっそりした倉庫の中、疲れていたベンジーは眠ってしまいました。
ベンジーが乗っていることを知らないまま、出向してしまう『うみのじょおう』。ぐっすり眠っているベンジーも汽笛が鳴ったことに気がつかないまま…。
家族の帰りを待っておばさんと留守番をしているはずのベンジー。『うみのじょおう』に乗ってどこへ行ってしまうのでしょう。そして、大好きな家族とまた会うことができるのでしょうか。

以前にもお話ししたことのあるこのお話、前よりもグッと楽しめるようになったとんきち、展開のあるお話もしっかり理解して自分なりに『~したらよかったのにね。』なんていう思いまでことばにできるようになっていました。
船って楽しいけれども、一度港を離れてしまうとそう簡単には戻れないんですよね。そういえば、以前船に乗った時も内海から外海に出るときになんともいえない寂しさと緊張感があった私。これから楽しい旅行なのになんとも複雑な思いになったことを思い出しました。
どろんこハリーのハリーも、このベンジーも飼い主家族に愛されて、自分を犬ではなく家族のひとりだと思って生活しているところがなんともあったかい気持ちになります。
とんきち、犬を飼いたい…なんていう思いがあるみたいだけれども、マンションで暮らしている限りそれは無理なので、こうしてペットを家族として一緒に暮らしている、そんな素敵なお話を楽しむのことが唯一の方法かな(苦笑)。
楽しいお話をいっぱい耳にし、目にし、少しはぼくも…な気持ちになってくれたらいいんだけれども、と思うのは私の勝手な願いです…ね(苦笑)。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。