おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


これも練習…
運動神経があまりよろしくないとんきち、誰に似たかといえば私なわけで…(苦笑)。

『公園に行こう!』と誘われてのんたんと3人で近くの公園へお散歩。今日の遊びグッズは野球セット(バットとボール)。
本当は自転車を乗り回したいとんきちだけれども、近所の公園は乗り回すには狭すぎるので泣く泣く断念し(させられ…)、それならば!と私を相手にバッティングの練習。

ハハ…バッティングなんてそんな大それたことはしてないんです。ただゆる~く投げたボールをとんきちが打つというだけ、たったそれだけの遊びなんだけれども、これがなかなか難しい。何が難しいってそれは投げること…(苦笑)。
キャッチボールは辛うじてどうにかなる…と思っている私ですが、相手がとんきちだからついついいろんなことを考えちゃって(なんて言い訳してみたり…泣)、ストライクといわれる場所に投げることが難しくなるんですよね~。どうにか打てるでしょう!なところに投げられたとしてもうまくとんきちが打ち返してくれないし、高かったり低かったり遠かったり(!)すると『今のは○○!』と厳しいことを言われちゃったりするんです。もういつもの母の強さナシな私…(涙)。

でもね、とんきちも私しか相手にする人はいないと思っているし、自分もそんなに上手じゃないということを十分に分かっているので『やめたい』『もう!!』なんていうマイナスの気持ちは持たないみたい。ハハ…完全に母のことをあきらめている感もあるんだけれどもね(苦笑)。
そんなとんきちに私は声を大にしていってます。『おかあさん、投げるのヘタッピだからこの球が投げられるようになったら絶対に上手になるよ!!』なんてね。そんなのアリ?!なこという母をじっと見るとんきち、今はまだ素直にウンと答えてくれてます(苦笑)。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


バットにボール、そういえば夏ごろにユメくんもよく庭で遊んでました。
うん、そうそう、打てるような位置に投げるのって本当に難しいんですよね。
でも、根気よく続けたとんきちくん、やっぱりすごいな。
うちのユメくんなんて集中力がなくって、すぐ次のことに目がいっちゃうんですよ。
将来は野球選手に・・・なんて叶わぬ大きすぎる夢を抱いているのはパパだけのようです(^^;)
ユカチャン | URL | 2008/10/29/Wed 21:40 [EDIT]
ユカチャンさん
ユカチャンさん、そうそう、お庭があれば簡単なキャッチボールも楽しめちゃいますものね。
まだまだうまく打てない、投げられないときには限られた広さのお庭でも十分楽しめちゃいますものね。なんだかとってもうらやましい♪
とんきちもすぐに根をあげるタイプなんです。でも、バットにボールが当たった時の爽快感(といってもポコンといった感じですが…笑)が気持ちいいのか、珍しく時間をかけてがんばっていました。
ユメくん、例え集中力がなくても感がありそうですもの。ちゃばたけさんがその気になって特訓すれば一気に開花!もあり得ますよ~(笑)。
ママきち | URL | 2008/10/29/Wed 23:49 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。